日本祭りで・・・・ 

2005年10月30日(日) 7時46分
フィレンツェ市と京都市が姉妹都市ということで、今年は40周年らしく、ここ数日、日本フェスタの催しものが沢山あるみたいです。

今日は、ドゥオーモ前で、京都造形大学の学生さんたちの、和太鼓のパフォーマンス。あー〜、和っていいわあ〜。イタリア人にもかなりうけてた様子。祭囃子みたいなメロディーもあって、日本のイメージを伝えるにはかなり分かり易い選曲だったのかも。今、イタリアのマクドナルドに、「和」のメニュー(実際は、中華とごちゃまぜになってるけど)があって、テレビのCMでちょうど和太鼓のメロディーが使われてるので、こちらの人でも受け入れ易かったのかもね。

ちなみに、曲きいてるとき、一瞬涙ぐみそうになって自分でびっくりした。こちらに住んでると、「海外に住んでる」って感覚がだんだんにぶってきて、とりあえず自分にとって心地よい空間をつくろうと私はしてたんだけど、和太鼓の皆さんをみてるイタリア人をみて、「うわ、ここ外国!?」っていきなりきた。なんでだろ。和太鼓とも、見てるイタリア人とも距離をすごくかんじた。で、太鼓たたいてる人をみて、「日本だなあ」って思わず口にだしたとき、いきなり涙でそうになってびっくりしてしまいました。 なつかしいとかじゃなくて、「いいなあ、日本って素敵だなあ」という感覚かなあ。やっぱりダイレクトにくる音色だ、祭囃子は。

京都の舞妓さんとも写真とってもらった。生「〜どす」でした。

7年ぶり、学生に。 

2005年10月20日(木) 6時50分
昨日、フィレンツェ市とフィレンツェ大学が共同で運営している、Universita d'Eta Libera (年齢制限なし大学??)のコースに登録してきました。一言でいうと、「アダルトエデュケーション」、会社をすでに退職したり、働いてる40代、50代くらいのいい大人を対象とした、自由にコースがとれる組織です。学費もすごくやすい!登録の事務所にいくと、50代、60代くらいの方々がいっぱい・・・・「イタリア人と同じコースとってついていけるかな?」と不安だったのですが、「これならなんかいけるかも?」というくらい自由な雰囲気。外国人は、ほとんどいないのでは・・・・ほとんど地元のおばさん、おじさん、のよう。

このコース、4教科登録したのですが、1ヵ月ごとに一教科というようにくんでみました。来月からです。
実は、先週、まったくの偶然でこの学校を発見しました。夜、重吉を散歩している途中、大きなポスターが壁にはってあり、普段は通り過ぎるのに、たまたま「なんだろ」とおもってみると、「大学」の文字が(実際は、大学、というよりも大学の先生達がおしえる成人向けの教育機関)。イタリアで、現地の生徒と好きな分野のコースをとってたいな、とおもっていたので、「おおお!」とさっそくHPをチェック。すると、大学院時代に専攻していた「マスメディア」の授業発見! 教授(フィレンツェ大学の先生)もしらべると、けっこう本もだしてるし、よさそう。なにより、自分が以前すでに勉強してることばかりなので、イタリア語でもなんとかなるか??という期待をもって、すぐに昨日登録にいってきました。たのしみぃいいい!! 

語学学校ではなく、専門のことをおしえる学校に通うなんて、実に7年ぶり。したいときにしたい勉強ができるって最高の贅沢だ。実際、授業の内容のレベルとか、むずかしくないだろうけど(前知識の無い人たちを対象にしてるから)、けどイタリア語でやれるっていうのがいいわけよ! できれば、好きな分野の、以前やったことのないことをしたいけど、それには本科の大学のコースしかないし・・・それも多分重複してるかなあ。

たのしみだ。

3周年 

2005年10月15日(土) 7時15分
先日、10月10日に、3回目の結婚記念日をむかえました。当日は、私は仕事でいなかったので、昨日、ささやかに2人で久しぶりに飲んでお祝いしてみました。場所は、ミケランジェロ広場近くのホテル内のバー、オニチェ。建物とか雑誌でみるより普通だけど、ここはスタッフがほんとにいいね〜〜。5つ星なのにきさくだし、よくきがつくし。もっとがんばれ、Villa la Vedetta!!  

2人で外で飲むなんてほとんどないので(金銭的にもそんなことをちょくちょく出来る状態ではないので・・)、けっこう新鮮だったなあ。話した内容といえば、今後のイタリア生活、どうするよ・・・・・・という話し合いにちかいものだったけど、まあ、不安なことも沢山あるけど、こういう日はいいじゃないの! イタリアで生活するって(外国で)、大変だよ、ほんとに。

来年はどこにいるのかなあ。イタリアかな?日本かな。とにかく、お互いによい時間がすごせるようにがんばろう。 3年前にフィレンツェで海外挙式したときには、まさか3年後にその町に住むなんて考えもしなかったのに、不思議だ。初めてのイタリアで、何食べても何見ても感動してたんだよなあ。初心にかえろ〜〜〜。とにかく、おめでとう。来年も、健康で元気で(日本でもイタリアでも)、親や兄弟も元気ですごせればいいな。

日本の感覚をもち続けるって・・・ 

2005年10月04日(火) 19時36分
ふぅ。

先週、知人からいただいたお仕事で、日本で、すてきなキャリアウーマンされてるお客様とそのお母様とお会いする機会がありました。

この方、すごく頭の回転が早く、「生きてます!」というオーラがバンバンでていたので、「ただものではない!」とおもっていたところ、やっぱりある会社の代表の方、とのこと。

お話も楽しいし、とにかく話題が豊富、アンテナも広いし、「こういう人じゃないと、会社なんておこせないよねぇ」とおもいながら、イタリアにいながら日本の方を相手にしたお仕事をするってむずかしいなあと実感。イタリアを良く知っていながらも、常識とか考え方とか、やっぱり日本のココロをわすれてしまっちゃできないとおもうし・・・。日本の話題なんかもちゃんとしってないと会話もつまらないし。そのバランスというかなんというか、ちょっと考えてしまう。
結局は本人の人柄、というのも大きいとおもうけど。。。 

秋の味覚など 

2005年10月01日(土) 23時14分
アップロードがおそい! とりあえず、先週の報告。
日曜に、トスカーナの素敵な田舎!にこれまだ素敵なおうちをかまえる
知人の誕生日にいってきました。
コックの誕生日はやっぱり料理の洪水・・・・・すべて美味。
さらに、ファミリーとか知人とかその恋人とかいろいろあつまって、
最後の二時間はアフリカン太鼓の演奏・・・・まわりに全然家がないから、
なにやってもOK!!ってこと?? いいねいいね。

野菜も自分の畑でつくって、肉も自分の庭でかってる
ニワトリやカモなんかを自分でシメテ(ぎゃ!)ほやほやを
つくるわけです。 この自給自足の生活スタイル、すてきだなあ。。。
って自分じゃむりだけど。

前日にシメタという鳥の、香草詰めオーブン焼き、ズッキーネとかトマト(!)の
天ぷら、手作りパスタのミートソース風エスニックなソース入りのオーブン焼き、
とかいろいろでてきて・・・・今お腹すいてるからきびしいわ。

私をつれていってくれたスーパー素敵な友達は、チョコケーキをお祝いに
つくっていったっていうのに、私は途中からワインで気分わるくなって
一人で2時間ダウン・・・・それがなければ、もっともっとたべれたのに。

イタリアの野菜のおいしさ再発見しました。やっぱり、手をかけて、
知り合いがつくった野菜ってうまいね。

新学期がはじまると・・・ 

2005年09月22日(木) 4時28分
現在のアパート、イタリアの学校が夏休みまっさかりの
7月に引越ししてきたんだけれど、その時は「なんて
静かな場所なんだ!」と感動してたのに、先週から新学期が
はじまったらしく、子供らの大声で目がさめた・・・・実は、
小学校が真横にありました(建物の構造上、入り口がはなれていて、
今まできづかなかった。)。
すごいよ、子供の声。目が覚めるくらいでかい・・・・。こういう
オチだったとは・・・・。同じアパートのシニョーラが、「ここから子供がみえるから
みにおいで」というので(初対面)、彼女の部屋におじゃましたら、いるいる、うじゃうじゃいる! はやく週末こい・・・。

友人暴行事件 

2005年09月20日(火) 18時53分
事件発生。

ついおととい、男の子の友達と一緒に我が家で飲んでいて、
彼は午前3時半ごろ自転車で帰っていきました。
彼の家はうちから自転車で10分くらいの、サンロレンツォ地区にあるんだけど、
なんと、帰宅途中で、外国人4人組にはしってる自転車を倒され、
顔やお腹を殴られ、首もしめられて、盗難にあったらしい!!
携帯電話、電子辞書をとられて、次の日我が家に目をはらして
きたときにはびっくり!! ひどい・・・・っつーか、それよりもひどい事態に
ならなくてよかったんだろうな。けど、くやしいわ!!

事件の場所は、カライア橋をチェントロ側にわたったところに
ある、リプレイのお店の横の路地。時間が時間だから、人も全然
いなかったらしいから、もうすこし中心の道を選んだほうがよかったのは
よくわかるけど、でも、住んでると気がゆるむんだよね・・・。

相手は黒人一人と外国人3人だったとか。私だったら、パニックだよ。
その子は彼女がいるんだけど、もしもそのときに一緒だったらとおもうと
・・・・ブルブル。

あくまでここでは外国人、ってことを思い出したわ。きをつけよう。

1人ですごす夜の様子 

2005年09月20日(火) 7時25分
・・・・・ちょうど先日旦那が1泊フィレンツェを離れてたので、ひさびさで1人で夜をすごしてみました。ちなみに、私は1人過ごしが大好きであります。毎日はちょっとさびしいけど、けっこうアレコレ1人遊びできるので。なにをするって相当くららないのですが、映画とお酒ははずせない! この日は、3日前にみたばっかりの「ルパン三世 カリオストロの城」を再度鑑賞(傑作!)、ワインがないのでお菓子なんかにつかう「マルサラ酒」で1人で乾杯。その後、ジャックニコルソンの「カッコーの巣の上で」をみて感動。夜はイタリアのふるーい映画なんかをだらだらみながら、1年前の日本の雑誌なんかもよんで、寝る前はクラクラしながら宮本輝のエッセー・・・・間違いなく次の日は頭痛ですが・・・・。

映画といえば、小学校の頃からちょっと渋いの好きだったのよね。小学校低学年のとき、まわりが「ドラえもん」映画大好きなころに(それも好きだけど)、私の一番のおきにいりは、1930年代公開のエリザベステーラーの映画っつーんだからしぶすぎる。ほんとに好きだったの、「緑園の天使」。

プチゆっくり 

2005年09月16日(金) 7時01分
日本でOLやってたときなんて、週5日働いても元気だったのに、
イタリアにきてからは3日フルで働いたら眠くて眠くてもうどうしょもありませ〜〜〜ん。
あ〜〜〜、どうしたんだろ。あんなに夜もおそくまではたらいても平気だったというのに。

昨日までフル回転してたので、今日はもう引きこもり状態。・・・でも、
ちゃんと散歩はいきました。サントスピリト広場近くの靴のお店の職人さんに
会いに旦那といってきました・・・・・工房って自分が入り込めない空間という
かんじに満ち溢れてあこがれてしまう!

今日はもうねます。といって飲んでますが。こればっかり!

ひさびさの外食! 

2005年09月15日(木) 8時20分
昨日まで日本からお客様がみえてたので、ご一緒してました。今日は、新しいお客様がみえて、ひさびさの外食!! 「パンデモニオ」=カルミネ教会方面のトラットリア。知り合いが働いてるので、オープンエアの、大きな木の横の一番いいテーブルを用意してもらって、とりたてポルチーニ茸のソテーとかいろいろとサービスしてもらいました。感想:もつべきものは、知り合い。 すばらしい! それにしても、ポルチーニ茸はおいしかった・・・・・巨大だった・・・・・スタッフのサービスもいいし、いろいろときづかってもらって、楽しい夜でした。雰囲気もいいので、おすすめ! 地元イタリア人も沢山います。
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jukichi_bello
読者になる
Yapme!一覧
読者になる