shoちゃんのこと 

2013年09月12日(木) 11時48分
誰に読んでいただいているか、わかりませんが、お久しぶりでございます。

息子ももうすぐ7才になります。

Judyが生きていたら、もう11才です。

わたしも、あっというまに35才になりました。

shoちゃんのこと、書いて行こうかなと思いつきまして。

世の中、同じ気持ちの方、悩んでいる方たくさんいるのではと思います。

ひとそれぞれ色んな悩みはあるけれど、こうやって自分の気持ちを吐露するのは悪いことじゃない。

書いてみようと思います。

育児に熱心な方、普通の方、色々いらっしゃると思います。

日常生活で、気が合うとか、同じ感覚で付き合える友人というのも、実はそんなに多くないですよね。

健常児の親御さんも、発達障害児をもつ親御さんも、しかり。

なかなか同じ感覚ってひとはそうそういないもんです。

児童精神科の先生が言ってました。相手はコントロールできない。理解しあうのは無理と。

みんな、折り合いつけてやってるんですよね。

変な話、人は皆孤独というのが真理ですが、うまくやっていくのが普通一般的。

わたしも、この広い世の中で、一人くらいは、同感〜っていう方がいっらっしゃったらな〜と思いながら、書いて行きます





100記事目  

2012年02月29日(水) 18時47分
Judyちゃん、お久しぶり

と言っても、いつも我が家で一緒ですが

今日はパパの会社の宣伝です

なんと、パパの会社が、楽天に出店しました〜。

フェアトレードコーヒーを扱っています。

ソフトウエアのシステム開発会社でしたが、クラウドの出現によってソフト業界が淘汰されるおり、パパの会社も新たな事業部を立ち上げました。

いつかjudyママも、ワゴン販売などで出没するかもしれません

http://www.fac.co.jp/
http://www.rakuten.ne.jp/gold/facoffee/

ワンコつながりで、わんこEXPOなどにもボランティアで出店したりとか、考えています。

コーヒーメーカーなど、器具やフェアトレードコーヒーにご興味がある方、もしよかったらのぞいてみてください



Judy、会いたいなあ〜 

2011年02月23日(水) 0時33分
何かのご縁で、このブログをのぞいてくださる方々、どうもありがとうございます

毎日Judyを想っても、なぜか忘れていくような気がして(死という現実から逃げたい感じ)

なかなかブログを見ることができずにいます。

Judyの死を書いたことは、Judyちゃんに対して最後まで責任だと思っています

だから、現実化されていいんだと思います。そうじゃないと、お別れの記憶があいまいに自分の中で消されてしまって、悲しみが空想化されてしまう気がします。それは私の中で、Judyの存在が空想化してしまうような気がします。

shoちゃんと、Judyのことは毎日話してるよ

神様のもとへ帰った話をするんだけど、なかなか言葉に詰まることをshoちゃんに聞かれるよ

神様がお母さんで、お母さんのところに帰ったんだけど、お母さんのところにJudyは帰れて良かったね、うれしいよねと

そして、「Judyちゃんはさ、神様のところでウンヌン・・・」とshoちゃんが言うので、思わず「もういいの Judyちゃんのことは」とさえぎってしまった。

Judy、Judyとはお前が2歳4ヶ月くらいからのお付き合いだよね。最初ケンカから始まって、ラブラブになったけど、時が経つのは早いなあと思わせられるのは、Judyと過ごした日々です。

また会いたいけれど、やっぱりお前はネンネなんだろうか。そして私はその横でくつろぐ。

そんな普通の日常なんだよねぇ・・・何気なく過ぎていくのは・・・

それでも、そんな何気ない日々が、きっと幸せなんだねえ

逢いたいなあ 夢で逢いましょう

追憶2 

2010年09月15日(水) 2時41分
Judyは診察台で横になっていた。

目を開けたまま、舌をだしたまま、寝ていた。

先生が言う。

「6時間に及ぶ大手術でした。」

(えっ!?そんなの聞いてないよ!)

「胆嚢がこんなにいっぱいでした。」

真っ黒い塊がいっぱい入っている、小さな袋があった。(これかー、レントゲンで影になっていたのは こんなの入ってたら、具合悪いよね><)

「胆嚢摘出は問題ありませんでした。」

ではなぜ?

「胆管がもろく、目を覚まして、寝返りを打った瞬間に、血流で破裂して、即死でした。」

院長先生はとてもよくしてくださり、出来る限りのことはしていただいたのも分かっています。そして、もっと前日に無理やりにでも私たちを呼べばよかったと、なんども嘆いていらっしゃいました。

先生たちを責めるのはおかど違いと分かっていますが、私は

(なぜもっと深刻に、たとえ行き過ぎであっても、死ぬかもしれないということで教えてくださらなかったのだろうか)と思ったのが正直な気持ちです。

先生はきっと、私が責めているのが分かったと思います。抑えて聞いたつもりですが、

手術をしなければどうなっていたか、こういう自体は予測できたのか、なぜもっと術前の段階で説明がなかったのか、開腹してみて、手術続行を決めたのはなぜか、手術後の連絡内容の相違などを聞いたような気がします。

結局、開腹してみなければ分からず、開腹したら、摘出しなければいつ自然に胆嚢が破裂するか分からない、それこそ今日、明日だったかもしれない、という状況であったこと。もちろん1年後かもしれないけど、いずれ胆汁が溜まり破裂するであろう、ということ。

その場合、家族が留守中にJudyは倒れて苦しんで死に至る可能性があったということ。

私はそれも寿命だと思っていた。自然に時がきて、たとえ死に目に会えなくとも、それでもよかったんじゃないかって

だけど、病院で見守られながらなくなったこともよかったか・・・どのみち、最後の一目にうつることが出来なくて、そばにいてやれなくて、手術終わった時に迎えにきてやれなくて、ごめんJudy。

Judyの最期の日を、寿命を、決めてしまったような気がして、ママはとても悲しく苦しんだよ

Judyがシニア(7歳)になる日を、心待ちにしていて、サイエンスダイエットのシニアをすでに買っておいてたんだ。失礼でしょ?誕生日までまだ3ヶ月もあったっていうのに お供えしたからきっと食べたよね

Judyを連れて帰った帰り道は、悲しくて悲しくて、こんなにつらいことはなかったなぁ。

まるでウエディングみたいに綺麗にしてもらって、帰ってきたんだよね

先生に、今夜は一緒のお布団で寝てあげてください、って言われて、パパとママとJudyだけで3人で寝たよね、初めて  ママとJudyは一緒に寝たことあるけどさ、3人で寝たのはないなあ。ベッド狭かったね

Judyはお目目を開けていてくれたおかげで、パパもママも、かわいいJudyのお顔にまた会えて、本当に幸せだったよ

ママはJudyは本当に親孝行な娘です、と先生や友達に言ったよ。

これからshoちゃんにたくさん出費がかかるだろうを、Judyは予測して助けてくれたんだよね。Judyチャンはセレブ犬だったもんね

ママより高い美容代。ママより高い宿泊代。ママよりいい食事(プレミアム)。そしてママより高い医療費。人間ドックならぬ、犬ドックもよくやってたわね〜。ママなんて一度もないよ、人間ドック。受けたい・・・

お墓はお寺に一年奉って、今年3月にお骨を土に共同埋葬して、位牌を持って帰ってきたよ。

今も元気に我が家の番犬だよね。

時系列で書いてみたよ。

ShoちゃんもいつもJudyを想っているよ。また会いたいよね〜

最後に

Judyごめんよ 戻れるなら、手術をさせなかった。具合は悪くなるの知っていたけど、それでも生きていて欲しかったな・・・

そして、Judyのためを思って、ストイックな食生活でごめん ほとんどおやつなしでしたな・・・。

ブドウたべさせて入院したこともあったし・・・ごめん

なくなってからも、お供えにおやつはチーズだけでごめん やっぱり天国でも健康でいて欲しいから、どうしてもあげられなくて・・・ 


追記

胆嚢が詰まると、Judyの場合の症状は、

月に一回くらい、食欲がなくなり、吐き下そうとするのか、ゴミやほこりを食べるようになる。(草のかわりか?)
朝から食べないので心配になり、ウエットフードにドライを砕いたりしてごまかして食べさせる。

しかし翌日にはいつもの勢いで食べるので、

「な〜んだよ ストレスか?!(私のせいでしょ、どーせ)」と思ったり。病院でも、ストレスというのも考えられると言われていたし・・・。

Judyは産まれてすぐに避妊手術をしているので(体が小さいので、出産は無理とのこと)、生理はないけど、そういうのもあるのか?月1で、食べないとか、、なども思った。

健康診断で血液検査などでも数値でひっかかってきてたし、レントゲンでも影が映っていました。

小さいわんちゃん、なりやすい病気も、犬の体質によるみたいなので、お気をつけくださいね







追憶 

2010年09月15日(水) 1時22分
ぴあの&みるくさんからコメントをいただき、またぴあの&みるくさんのブログを見て、Judyを想い、Judyにごめんねと思っている気持ちを書きます。

妊娠してから、出産後も、Judyにお姉ちゃんの思いをさせてごめん

あんまりかまってやらなくなったけど、Judyも病が知らぬ間に症状でていたんだろうね、ネンネしてることが多くなって、私は

「Judyおトシでしょ?」なんて言っていた。

Judyを抱っこしていたのが、Shoちゃんを抱っこするようになって。。

それでもShoちゃんがJudyと触れ合えた時期はとても貴重な時間でした。噛まれたこともあったけど

Shoちゃんが2歳4ヶ月になって、学校へ行き始めた。そして2歳6ヶ月の3月20日。

学校の卒業コンサートがあって。

Judyの体調は、もう5歳あたりから、胆のうに影があって、胆汁が溜まってるようなので、薬でちらすか、手術でとるか、様子見を言われていて、最初は様子見だったけど、薬で治してみようということになって。

でも、薬を何ヶ月か投与しても改善されず、じゃあ手術でとっちゃえば簡単じゃない♪と手術を選んだ。

体はとても小さいが、先生たちの見解では、普通はさほど難しい手術ではないので・・・ということだった。

もちろん、開けてみなければわからないものだったけど・・・。

ちょっと記憶があいまいだけど、
時は2009年3月19日。ちょうど明日から3連休はじめ。 

「Shoちゃんの卒業コンサートもあるし、簡単な手術で1時間くらいで終わるだろうし、よーし!Judy,病気なおっちゃいな

と、「トリミングもして、キレイキレイしておいでね 迎えに行くから

と言って、18日に前日入院&19日手術、だった。

私たちは、なーーんにも悪いことは考えてなくて、なんておき楽な楽観をしていたんだろう。

でも、それが普通だよね。

そして、パパが病院へ送っていき、私はいつもどおりの別れだった。

「バイバーイJudy いってらっしゃーい

虫の知らせもなかったし、別にラブラブちゅっちゅな別れでもなかった。

いつもライバルな私たちは、(ジョークで)「あーーせいせいするぜ」なんて感じで。

でも、帰ってきたらお祝いだね!!と思っていた。

19日夜、「手術は成功しました」という連絡が入る。
「でも、まだ薬で目覚めない。状態は安定しています。」
というものだったと思う。

でも、わずか1時間で済む手術の連絡が、夜で、なぜ?と思った。

そして、「手術は長引いて、Judyの体に負担がかかっている。」

というような連絡が入る。

私の記憶が鮮明ではなく、パパにも確認していないので、間違っていたらごめんだけど、何度か病院から連絡が入った。

「手術は成功して、今眠っているから問題ない。」という答えが何度かあったような気がする。

だけど、そのうち、「できれば今から病院にきてほしい。」と言われたのが、夜11時ころだったような・・・。

まずJudyに謝らなければならないことは、この時点でパパとママがすぐ駆けつけてあげなかったことだ

私は、「なんで、手術成功したのに。今眠ってるんでしょ?今何時だと思ってるの。明日お昼に迎えに行くんだし、子供もいて、明日はコンサートだし、ちょっと無理じゃない?」

パパはJudyを心配して、病院が今からきて欲しいと言った時、悩んでいたに違いない。でも、「手術は成功して、今眠っているけど、不測の事態に備えて、病院にきて欲しい。」と言われたことに、時間や子供の状況を思って、病院には行かない判断をしたんだと思う。

そして、私たちは20日を迎え、コンサートが始まる。

10時ころからコンサートが始まり、しばらくすると、パパの携帯に病院から電話が入る。しかし電話に気づかなかった。

何回目だったかな。2、3回かな・・・。もっとかな・・。
「病院から電話が入ってる」といって会場を出た。

私はShoちゃんのお遊戯などに夢中になり、病院の電話には、

(なんでそんなにかけてくるの?Judy起きたの?)と思っていた。

パパが戻ってきて、

「できればいますぐ来て欲しいって。Judy危ないかもしんない。」と言ったと思う。

それでも私は、(また〜。病院は手厚いんだから〜。)と半分大丈夫って気持ちと、半分信じたくないって気持ちがあったんだと思う。

結局半信半疑で、コンサートが終わって急いで車で家に帰った。

直接病院に行かなかったのは、パパの動揺で、運転が危なく、家に帰るまでも、不安定な運転だった。

家に帰って、私はShoちゃんと先に家に入り、パパは車庫に入れてから来た。

家では私の妹が待機してくれて、Shoちゃんを見てくれることになっていた。

そして、パパがなかなか玄関に入ってこない。外で電話しているようだ。

入ってくるなり、「Judyが死んだ。」と言って泣いていた。

私は、一瞬時が止まって、

「どうーーーしてよーーー!!!!どーーして!!!!!」と誰を責めるわけでもなく泣いて責めた。

きっと病院を責めた。迎えに行かなかった自分達を責めた。そしてやはり病院を責めていたのだ。

病院は、決定的な言葉は使わないのかもしれない。

「とにかくいらしてください。」それだけで、普通の人はわかるだろうか。私はなんて愚かなんだろう。

「死ぬかもしれない。」と言われないとわからないのね。

病院は経過も事情も、詳しくは会うまでは話さなかった。 

そして、私とパパは電車で病院へ向かった。

まだ信じられない部分もあった。寝てるだけじゃないの?と思うところもあった。

そして病院につき、Judyと対面した。

追憶2へ続く。





さようなら、アゲハちゃん 

2010年09月14日(火) 0時28分
今日は、また悲しいアップとなってしまった。

世間を騒がせている、押尾事件。

なくなった女性が「アゲハ」という源氏名で、ニュースで見た写真は、とても綺麗な人だと思った。

ずうっと、別にピンとこなかったけど、「アゲハ」っていうのが気になって、しかもブログのアゲハちゃんは、AYUに似てるなあ、とずうっと私は思っていたので、ニュースの写真を見ても、うーん、お水関係の人は、みんなこんな感じ?(AYUみたい、ギャル系)と思っていた。

でも、何か私に気になる部分があったので、今アゲハちゃんのブログを覗いたら、コメントがやっぱり事件のことが書いてあって、なんだかとても悲しくなりました。

アゲハちゃんは、Judyをブログで見つけてくれて、コメントくれて、そこから犬仲間でブログお付き合いが少しあった。

彼女は、東京でてきて、一旗上げる、って、東京でてきたらPC壊れちゃったのか、私も出産などあったし、ブログと疎遠になってしまって、アゲハちゃんのブログも止まってしまった。

彼女のブログのお気に入りに、私のブログが一番上にあるのは、最初に彼女がJudyを見て、ヨーキー仲間になってくれたからだ。

ブログでしか知らないけど、印象はよかった。なんだろう、犬つながり。

お互い素性はどうであっても、ヨーキーに対する親どうし(飼い主)だと、純粋に犬のことでメロメロになってて、ギズモとティンクがとてもかわいくて、ワンコ達を愛するアゲハちゃんも、とてもかわいいと思った。(外見とかじゃなくて、親ぶりが)

東京で、いろいろあったに違いないけど、ギズモとティンクのために、幸せであって欲しかったな・・・

今ギズモとティンクは元気なのだろうか・・・

アゲハちゃん、Judyに会いましたか・・・

さようなら、アゲハちゃん。



さよなららむこ 

2010年02月01日(月) 22時15分
また悲しい更新になってしまった

でも、これはJudyのブログだから、親友のらむこのことは書いてあげたい。

あだすさんのワンコ、らむ。らむは7歳4ヶ月で天国へ行ったよ・・・泣

Judy、らむこにあ会えたかい?らむ、Judy子に会えたかい?

二人ともちびヨーキーだからね、長生きは難しいと言われていたよね・・・でも、二人とも相次いで逝くなんて、

Judyは3月20日が命日。らむは今日、2月1日だね。

らむ、妊娠中はあだすママと遊びに来てくれて本当にどうもありがとう

あだすママが妊娠の時には、遊びに行かなくてごめんよ 

本当に、一期一会だね

らむがなくなったこと、Judyに報告に行くよ きっと、もう逢ってるよね。

らむ、今までたくさんの愛をどうもありがとうね。Judyママも、Judyも、あだすママとらむ子に出会えて、とても良かったです

らむちゃんのご冥福をお祈りしますとともに、これからもJudyを宜しくね^^

Judy、らむ、また逢おう

さようならJudy・・・また逢う日まで 

2009年03月21日(土) 17時38分
長い更新休止のあと、最後の更新になってしまいました。

Judyが昨日、3月20日卒業式の日に、天国へ旅立っていきました。

6歳9ヶ月で、7歳までは生かしてやりたかったけれど、それができなかった。ごめんよ・・・。

Judyは胆のうに、胆泥症という病気になり、手術をしました。
胆のうは無事摘出されましたが、胆汁を運ぶ管が、もう脆くなっていて、破裂してしまったようです。

犬の胆汁を運ぶ管は、人口では作ることができないらしく、しかもJudyの場合は血管よりも細く、0.5ミリほどのものでした。

全ての犬が、その管が損傷すると即死もしくは致命傷になるようです。

ヨーキーの体質もあり、しかもJudyは超小型だったので、長生きはできないと言われていました。

5歳を迎えたときも、「よくここまで生きましたね!!」と院長先生に言われて、正直私は、

(何いってんだろうえ。大袈裟だなあ・・・。10才くらいまでは生きそうだけど、Judyは・・・)

と思いました。

とてもやんちゃな子、というか女で、私のライバルで。

小柄で美人で、それだけで皆に愛されて、羨ましい奴。Judyは犬にあらず、ましてペットにあらず、なんなんだろう、子供でもなく、姉妹でもなく、パパの恋犬で・・・。

番犬の時だけは犬力発揮でね、番犬の時だけ犬だったなあ・・・。

ママがドジだから、鍵を掛け忘れて外出したことがなんどかあったけれど、Judyのおかげで、泥棒に入られたことは一度も無かったね。これからも、ずっとお家を守ってね!!Judyの仕事だもんね

本当にどうもありがとうね。パパも、ママも、Shoちゃんも、心から感謝しています&大好きです。

今日はJudyを火葬して納骨してきました。お骨はお寺にあるけれど、今まで通り、ずっと一緒だよ

Judy,本当に今までどうもありがとうね!! そしてこれからもずっと宜しくね!!

いつかママが天国へいけたら、またJudyに逢って、またお前とやりあうのかよと思うと、ヘキエキするけれど、
この、馬鹿犬ーーーー!!!!」「馬鹿親ーーーー!!!!」とお前とやり合えるのは、ママしかいないぜ。

Judy,愛してるぜ。

照れくさいからあまり言えなかったけれど・・・

Thank you for being my baby.love you forever,you know...
See you again someday and please wait for us... Be a good girl...take care...good girl...

P.S 今日動物病院の先生、看護婦さん、トリマーさん達から、お花が届いたよ
   とてもキレイなお花です。先生達も、「また逢おうね」と言っていたよね
   先生達も、突然のお別れで、とても悔やんでいらっしゃいました。
   さっきも、お電話をくれたよ

Judy,ママとの対戦は一時中断ね 

また逢おうね、Judy

生まれました! 

2006年09月29日(金) 13時44分
無事に出産しました

さて、Judyちゃんもお姉さんになったのですが、相変わらずベイビちゃんのようです。。

我が家では、赤ちゃん&Judyの共鳴?でにぎやかです。。でも二人とも静かなときは静かなの。。

女の子・・と言われていたのですが、生まれてみると、男の子でした

でも、私のお腹を見た人は、みんな「男の子?」と聞いてきたもんです。。

「先生は、多分・・・女の子」って言うんだけどね・・・と答えていたけど、自分達も男の子のような感じは前から持っていたのでした

ずっと隠してたのね

主人そっくりの男の子で、とっても愛しいです

不妊症のため、先生たちから、「3ヶ月後から避妊しないように!年子でもいいでしょう
といわれているのですが・・・・・・・・

今は生まれたベイビちゃんとのいろいろな楽しいことしか思い浮かべていません。。。

だって!決して妊娠も出産もラクではなかったから・・・

でも、先生たちには、「安産も安産!軽いお産です!」と言われました・・・それでも痛みに弱いんです

確かに、退院当日、(実は昨日)から美容室にでかけたり動き回ってましたけど〜

追記にあだすさんからのメッセージを載せました

ごはんまだ? 

2006年09月19日(火) 15時29分


              まだなんです。。
              あと30分マッテクダサイ

            ・・・待ちますよっ


Judyのごはんは1日2回
朝は6時〜7時くらい。夜は4時〜です。

ママがお出かけしてるときなどは、帰宅後にゴハンです

でも、お腹がすくと、午後からおねだりが始まります

朝も、お腹空きorお散歩おねだりで起こされます。。

ごはん食べたらさ、寝てるクセに・・

Judyのシツコイおねだり攻撃をずうーっとかわしながら時間になるまで何とかもたせるのですが、ペロペロされたりカシカシ引掻かれたり、クウンクウン鳴かれたり、ワウワウ吠えられたり・・・

ママは、「ウルサイッ」と怒ったり「ハイハイ」とか無視・・したり、ナデナデして気を紛らわせたり・・・

結局、Judyはママに負けて大人しくネンネして待つのです
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像judyママ
» 追憶2 (2010年09月17日)
アイコン画像あだす
» 追憶2 (2010年09月15日)
アイコン画像Judyママ
» 追憶2 (2010年09月15日)
アイコン画像ぴあの&みるく
» 追憶2 (2010年09月15日)
アイコン画像ぴあの&みるく
» さようなら、アゲハちゃん (2010年09月14日)
アイコン画像Ageha嬢。
» 生まれました! (2006年10月16日)
アイコン画像ぴあの&みるく
» 生まれました! (2006年09月29日)
アイコン画像ぴあの&みるく
» ごはんまだ? (2006年09月20日)
アイコン画像Judyママ
» お散歩1時間 (2006年09月18日)
アイコン画像ぴあの&みるく
» お散歩1時間 (2006年09月17日)
アイコン画像Judyママ
» サンタさん遊び (2006年09月16日)
アイコン画像ぴあの&みるく
» サンタさん遊び (2006年09月16日)
アイコン画像Judyママ
» みなさんお久しぶりです (2006年09月14日)
アイコン画像Ageha嬢。
» みなさんお久しぶりです (2006年09月13日)
アイコン画像Ageha嬢。
» みなさんお久しぶりです (2006年09月13日)
プロフィール
Judyママ 
Judy ♀2002.6.14 1.2kg
ヨークシャーテリア
日本ペットモデル協会所属
■趣味■
・Judyとの日々
・乗馬
・スキューバダイビング
・マリンスポーツ
・ゴルフ
・ソフトテニス
・観劇
犬のポータルサイトdog1
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:judymama
読者になる
Yapme!一覧
読者になる