田口教継と柔道着 洗濯 洗濯機まわらない

May 01 [Thu], 2014, 4:44

みんなと同じ練習メニューをやっているのに、動きにキレがなく、試合でもなかなか勝つ喜びを味わうことができずにいたとしても、
柔道が上手くなるために重要なコツを手際よく身に着けていき、対戦相手に何もさせないまま、華麗に一本勝ちできるようになってしまう方法がこちら




子供の柔道の才能なんて、何をきっかけで伸びるかはわからないものの、最低限、その子のレベルに適した練習をすることによって、センスのあるなしに関係なく柔道に必要な基本的なテクニックをテキパキを身に着けていくことはできます。


柔道指導者の中には、大人を教えるような感覚で子供にも練習をさせる人がたくさんいますが、実際には子供の目線に立ち、子供の理解力・体格に合った指導をしたほうがずっとスムーズに柔道のスキルを伸ばしてあげることは可能になります。


あなたのお子さんも、柔道の上手い子や体格に恵まれている子からしてみれば、まるで壊れたロボットのように振り回されているかもしれませんが、柔道上級者が自然に身に着けている「体の使い方やバランス」といったものを身に着けていくと、力任せに体を揺さぶられても、安定感を失うようなことが減り、そのうちに↓のようになってしまうものですよ。



性格が前向き・積極的になる

何をすればうまくいくのか、道筋が見えるようになる

■子どもが練習の集中力を保てる

自分より大きい相手を投げ飛ばせる



柔道を習い始めると、背負い投げや一本背負いといった派手な技、大外刈りといった一本を取りやすい技をとにかく早く身につけたくなるものですが、
実際にはこうした技を学ぶ前に、しっかりとした基本を学ぶことが重要で、適切な順番で必要なスキルを習得していけば、子供の実力アップを阻んでいた壁なんて、あっさりと突破できてしまうものです。


田口教継さんの柔道上達革命は、手の握り方や動し方といったレベルから柔道のコツを細かく説明してくれるトレーニングDVDで、どのように説明すると子供にとって理解しやすいのか?というのが徹底的に考えつくされているのが特徴です。


田口教継さんとはちなみに、新日本製鉄の柔道部で全日本実業柔道個人選手権で第3位入賞などを果たしてきた実力者で、大宮工業高校時代には、埼玉県の大会で個人・団体でともに優勝した経験もある人です。


選手としての活動を引退した後は、少年柔道に特化した指導を行っており、小学生くらいから高校生くらいまでの子供、そしてその保護者や指導者向けに、どのように指導をすると、子供がグングン柔道がうまくなっていき、楽しく稽古に取り組むことができるのか?という支援活動を行っています。



柔道上達革命では田口教継さんのこれまでの指導経験によって産み出された数々のノウハウが収録されており、指導する側が一方的に、「ああしなさい、こうしなさい。」「こういう場面ではこんな風に動きなさい。」と頭ごなしにテクニックを教えていくのではなくて、
自分で考えるチカラも伸ばしていきますので、試合中に今まで遭遇したことのない場面が訪れたとしても、慌てることなく無難に切り抜け、自分のペースへと持ち込めるようになります。


柔道は、相手との体格差で勝敗が大きく左右されるのは間違いありませんが、「柔よく剛を制す」の言葉通り、どれだけ身体能力の差があったとしても、その差を逆に利用することで、相手を少ない力ですっと投げ飛ばすことができてしまいます。


田口教継さんの柔道上達革命でも実際に、力のある対戦相手に引き込まれることなく、相手の動きに対して素早く回り込み、自分のタイミングを持ちこむコツも身に着けていくことができますので、バランスを崩すことなく安定した試合運びができるようになりますよ。


→→→自分のレベルに合わせた最適な練習に集中して取り組めるようになる田口教継さんの柔道上達革命の「正しい受け身練習」とは??




看護師 人気
金本博明

田口教継と柔道 練習 メニュー 自由技は?

May 01 [Thu], 2014, 4:38


柔道が上手くなりたい!と思ったら、練習は絶対に欠かすことはできませんが、どんな練習をするかによって上達は大きく左右されるのは間違いありません。


どんなものを食べてきたかによって体作りが大きく変わるように、柔道の実力が練習内容によってずいぶんと異なってくるのは当然の話で、悪く考えると、自分のレベルとはずれた難易度の練習をすることによって、パフォーマンスが不安定になって好調・不調の波が激しくなる原因ともなりますし、
さらに、悪い癖が身につく危険のある悪い練習をしてしまうことによって、自分では頑張っているつもりでも、思うように試合に勝つための実力が身につかなくなってしまいます。


それだけではなく、悪い癖のせいで上達を阻まれることだってありますから、今度はそういった癖を治すために余計な時間を奪われることになってしまい、ライバルたちとの実力差がますます広がってしまう可能性が出てきます。



田口教継さんの柔道上達革命ではその点、少年柔道の段階でやっておいた方がよい練習を適切な順番で進めていけるようになっていますので、必要なスキルを身に着ける前に、応用技へと進むようなことがなくなり、より安定した実力アップをしていけるようになっています。


どんなに高度な技や連続技であっても、結局は簡単なスキルの積み重ねの上で成り立っているわけですから、基本スキルを充実させることによって、実力がしっかり固まっていき、負けてばかりいた相手にも勝てる頻度がどんどん増えていき、柔道の面白さがさらに増していきますよ。


柔道は体作りが非常に大事なのは間違いありませんが、だからと言って、下半身づくりのためのトレーニングにせっせと時間を割いていたって、思うように実力が伸びていくわけじゃないですし、なによりも練習が単調でつまらなくなってしまうので、子供のやる気が明らかに下がってしまうものです。


つまり、練習の順番・練習メニューを子供目線に立ってしっかりと組み立てていき、必要な練習を最適なタイミングでできるようにしていけば、下のような悩みも、あなたの思っている以上に簡単になくしていくことができますよ。



小柄だから大きい相手に勝てない

■子どもが涙を流す姿を見るのがつらい

つねに逃げの姿勢で身構えてしまう

うまくいくイメージを持てない



実戦ではあまり役に立たないスキルばかりを身に着けていき、勝ちたかった試合で勝つことができずに悔し涙を流すのは今日で終わりにして、
子供が陥りがちな上達の落とし穴を的確に避けていき、ライバルを自分のペースで打ち負かし、逆に悔しい思いをさせられるようになりませんか??




田口教継さんの柔道上達革命で、みんなのお荷物扱いされるのは今日で終わりにして、団体戦の試合では1勝するのを期待される選手になるにはこちら





Score Up 1-2-3 for the TOEIC 和氣布由巳 2ch評判
大人のアトピーを腸内環境で治す7つのステップ 三上系之 評判評価
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:田口教継
読者になる
2014年05月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる