1966.11.24
広島県福山市出身
1997.10
高田信彦VSヒクソン・グレイシーの世紀の一戦を裁く。
1999.04
PRIDEルールディレクター及びチーフレフェリー就任
2002.04
K-1ルールディレクターに就任
2002.05
フィットネスジム『BCG』BODY CHECK GYM設立

BCG及びRebornオーナー。
1992年レフェリーデビュー。
格闘技PRIDEを始め、K-1、リングス、一撃など数々の歴史的試合を裁く。
2005年にPRIDEエグゼクティブルールディレクターに就任。現在、ハッスルチーフプロデューサーを務める。

PRIDE Hoihoi market 格闘サムライ道場

国家権力

普通に線路前で一旦停止して、こそこそ隠れてる白バイを見つけ、その先の横断歩道で一旦停まり、右側にいた老夫婦に目配せして、どうぞの合図だったので、車を走らせたら、こそこそ隠れていた白バイに止められ免許見せろと言われ、横断歩道にいた歩行者を威嚇したとのわけのわからない事でキップ切られるも、もちろんそんな事実も無いのでサインも拒否しました。
もし、その老夫婦が俺の運転で威嚇されたと訴えたのならば止められるのもわかるが、笑顔でお互い会釈しあい譲り合っているのに、その現場の様子や証拠もないまま
キップきる、ホント白バイどうかしてるぜ!
白バイの台詞「さっきこっちみただろう」
なるほど、暑い中こそこそこっちはノルマ達成のため頑張ってるのに、こちらをバカにしながら見てるぜ、よしキップきるか!
的な事で冤罪してくるのだと思われる。
確かに、そんなとこで隠れてるんだったらもっと表に出て歩行者の安全を確保しろよ
的にみてたと思う!
そこで一句
「暑い夏、苛立つ白バイ 要注意」
彼らは事故を未然に防ぐつもりは毛頭無いですから(笑)
違反金ノルマ達成の為には、目が合えば捕まえちゃいます??

大食い

年甲斐もなく月に一度大食いする日がある(笑)
ひたすら火鍋をたらふく食べるのだ!
食べることに夢中になりすぎて、更にはメンバーがより食べるので負けれなくなくなる。
誰が一番食べるのか?
Eatest?
の称号は誰の手に??
と言いながら、いつも負けてますが(笑)

one新計量システムのおさらい

マットヒュームが考案した計量システムを詳しく解説すると
A選手とB選手はともにライト級の選手。
世界的に70.3キロである。
今まではどの大会でも前日に最終計量があり、その時間に計量会場に行ってリミットに仕上げる。
もしダメなら再計量などがあり、試合ができるかどうかヒヤヒヤしながら待ちわびるしかない。
その昔僕も計量にパスしない選手がいてサウナに付き合ったりして大変だった(>_<)


ONE では
計量時の体重がもうひとつ上の階級体重までにし(上記選手なら77.6キロ未満)、尚且つ尿酸値が正常であればOKである。3日前からホテルに入り大会当日までチェックを繰り返す。
これにより、もちろん当日も計るのでお互いの体重にあまり差がない。
今までは10キロ落として10キロ戻す的な選手だらけで、当日体格差が違うなんてしょっちゅうだ(今もだけど)
ので、上記の選手は77.6キロ以下までに普段からしておけば、何も心配なく食事や練習もできるのだ。
という事は試合終わって馬鹿騒ぎして体重増やしまくるのではなく、現役時代はしっかりと食事や練習も節制しておこなうようになり、更にトレーナーもその選手が毎日どんな状態かも把握していかなければ向上しない、これは他のスポーツでは当たり前の事である。
確かに野球などもオフシーズンがあるかもしれないが、アホみたいに不節制にしている一流選手はいないだろう!
そう、現役時代を一流にしたいのなら自分と見つめ合い自制していくものだけが生き残れるのがスポーツの世界である。
試合決まったら減量すればみたいな事していたら、いつまでも一流選手にはなれない!
こんな事繰り返して身体にいいわけがないからね(>_<)
でもアメリカのコミッションはボクシングから来てるので、このシステムにしていくのは厳しいだろうなぁ!
減量というストレスが無くなれば、練習にも没頭でき、しっかり栄養となるものを食べてさえすればいいんだから(^O^)
早くこのマットヒュームシステムを採用するMMAプロモーションが増えて欲しいと思う。
選手の身体の為にも、そしてコーチ、トレーナーの質向上の為にも??







減量システム

最近UFCでも減量の失敗でメインカードが飛んだりしている。
無理な減量で最終的にパスできないとお客や対戦相手にも迷惑がかかり、いろんなことで大損害である。
ので、昨今ONE championship では独自の計量システムを採用している。
普段の体重をキープして、尿酸値を正常にしていくのである。
選手は食事のバランスを効率よく考え水分も取れるので、選手間では好評である。
さすが名伯楽マットヒュームである。
彼とはPRIDEからの付き合いでもうすぐ20年近くの付き合い。
彼とはいい関係が作れているので、彼に誘われるままONE に来てはや5年!
これからもお互いを認め合う関係は続くと思う。
ケージの中は僕が仕切り、ケージの外の事は彼が仕切る。
本当に信頼し合える仲間がいると安心して仕事に集中できます。
これからもマットとは切磋琢磨して行きますよ(^O^)

幸せは歩いてこない

二月も終わります。
今年はとにかく早い(>_<)
まだまだ今年やる仕事の仕込み中ですが、
全然すすんでないきがして??
後1カ月くらいの間でフルスピードでやらないとと思うとぞっとします。
でも何でもそうだけど、もがき苦しんで掴み取らないと、
だからこのフレーズはある意味真理だよね「幸せは歩いてこないだから歩いて行くんだよ」
嫌でもめんどくさくても歩かないことには幸せ掴めないからね??
3月からと言わず今日から歩きますか?
いや競歩かな(笑)
皆さんも水前寺清子聞いてくださいね(^O^)
365歩のマーチ
https://www.youtube.com/watch?v=pEQEiCEZ0Fc&feature=share

だましだまし

まあ、結構いい歳になってきたので、いろんなとこのガタがきている。
もうちょっと頑張る為には、それ相当の生活スタイルに変化させていかなきゃなんだろうね。
食事も朝はシリアルなんぞ食べたり、トレーニングも体幹トレとかにして早寝早起きしたりね!
車みたいに部品を総取っ替えができないから、人間は細かく細かくメンテナンスですね??
でも自然と嫌じゃなくて、新たな挑戦と思えば楽しみも増えたりするしね!
まあだましだましメンテナンスしていきますか(笑)
あ、でも昨日カルビ大量に食べてしまった!

温故知新

ONEchampionship マレーシア大会も無事に終わりました。
いつも思う事はONEのオフィシャルチームはいつも向上心を持って動いている。
マットヒューム&リッチフランクリンのMMAレジェンドが、競技管理をしっかりしていて、若いスタッフのリックやレフリーのオリビエ達が最新MMAの情報を提供していて、毎回競技ミーティングをやっている。
僕はもちろんレジェンドチームかな(笑)
でもみんなでONE というイベントで働く誇りを持っているので議論は尽きる事は無い??
いろんな世代が入り混じってイベントを良くしようとしてるんだから、ONE は熱いイベントになってるんだろう??
チームONEで働けるのは本当に居心地いいし、楽しい!
動けなくなるまで、レジェンドの意地を見せてこれからもレフリーしまっせ(^O^)