IDCジャパンの第1四半期の出

February 09 [Thu], 2012, 16:00
IDCジャパンの第1四半期の出荷に2011年に調査が発表されている、それは掘る3位の国内市場シェアでは、サプライヤがアップルです。 iPhoneなどの急速な成長の範囲などのオペレーティング·システムの出荷台数は、端末アンドレOIDの約3倍ということです。前四半期にプラス成長が続く866万ユニットの国内携帯電話出荷台数は、6四半期連続で、前年同期比1.6%増加しました。スマートフォン388万台を販売しており、ボリュームのうち、すべての携帯電話向けの44.9パーセントの割合など、有益である。昨年秋以降、アンドレOIDの携帯電話、ラインナップが急速に拡大して、iPhoneの約3倍の出荷台数に相当290万台を記録した。メーカーの市場シェアは、位置の先頭に2四半期連続の20シャープに維持され、23.0パーセントを獲得しました。東芝REGZAブランド富士通アライアンス(東芝モバイルコミュニケーション社の21.5パーセントの市場シェア、富士通/富士通)の2つの端子は強いランキングされています。私は3位にアップルを掘る、市場シェアの11.4パーセントを獲得しました。 IDCジャパンによると、上位3メーカーは単一のモデル(ソフトバンクモバイル)のキャリアだけでは端末(iPhoneシリーズ)に展開するために、彼は言った:最初のケースを、同社が調査を開始したため。ところで、IDCのシニアアナリストは、日本の木村徹の人々は、マイナス成長の見通し、今後の出荷になるかもしれない第二四半期に調達の地震地域によって引き起こされる問題を指摘した。しかし、予測、それはスマートフォンの需要であるため、第三四半期にプラス成長に戻って、引き続き堅調。 (Puromoba)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jthgfbvgnh
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jthgfbvgnh/index1_0.rdf