「育毛剤効果」について。キャサリンの育毛法についてのブログ

August 24 [Wed], 2016, 23:30
育毛剤を使おうと思った時、その副作用も気になるところですよね。今回は、気になる副作用が少ないことがメリットでもある、医薬部外品の育毛剤を様々な商品と比べながら見ていきましょう。CHAP UP、BUBKA、IQOSといった商品が医薬部外品の育毛剤の中でも、とりわけ有名です。育毛剤という言葉から、真っ先にリアップを思い浮かべる人がかなりいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、リアップというのは第1類医薬品に分類されている商品です。つまり、薬剤師さんからの指示に従って使用することが不可欠になります。医薬部外品の育毛剤の中から、お勧めの3商品、チャップアップ・イクオス・ブブカについて
ご紹介します。医薬部外品として製品に含まれている有効成分は3商品に共通して使用されていますので、それぞれの成分について詳しい説明をしていきたいと思います。頭皮環境の正常化に貢献する、グリチルリチン酸ジカリウムをまず解説します。この成分は、ニキビケア商品などにも含まれており、炎症を抑える作用があります。次にご紹介する塩酸ジフェンヒドラミンは、抗ヒスタミン剤と呼ばれるもので、皮膚がかゆくなったり、腫れたりするのを防ぎ、血液の流れを良くする効果があるとされています。最後のセンブリはリンドウ科の植物で、その抽出エキスは抗炎症・血行促進作用があると言われています。アマロゲンチン、アマロスウェリンという成分も含まれており、毛乳頭細胞増殖促進作用が期待できます。以上の3つの成分はどの育毛剤にも入っています。しかし、同じ成分が入っていても、育毛剤によっては効果が微妙に違ってきますので、育毛剤を選ぶときには、その他の成分や評判等も参考にしてみてください。育毛剤の中には女性への使用が禁止されているものもありますが、医薬部外品育毛剤は副作用が少なく様々な人が使用できるのが特徴です。薄毛の初期症状がみられる方などでも気軽に試用できます。








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココナ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jt5toemnh2wrhh/index1_0.rdf