【 更新情報 】

スポンサード リンク

ノンシリコンシャンプーはどれでもいいの?

最近、アトピーの人ばかりでなく髪が痛んできている人にも話題なのが

シリコンを含まないノンシリコンシャンプーです。

と言うより、ノンシリコンシャンプーばかりでなく、皮膚に直せつ付けるものや

口に入れるものなど、安心して使用出来るものに関心が集まっています。

化粧品なども昔は隠すことが中心でしたが近頃は肌に優しく内面から健康と美しさを

作り上げるものに関心が移っています。

シリコンや香料を使ったシャンプーで首のアトピーが悪くなったと言われる人もいますし、

髪の抜け毛が増えてきたと言う人もいます。

勿論、遺伝や加齢の為に薄毛になる人もいますが、

本来、シャンプーは頭皮と髪の汚れを落とすのが役割の筈です。

市販のシャンプーは髪の艶や手触りを良くする為にシリコンを使い、香りを良くする為に

香料を使い、又防腐剤などを使っている訳ですが、女性の化粧品と同じくこれからは

頭皮に優しく刺激が少ない天然のシャンプー・リンスが主流になる筈です。

今まで遺伝や加齢の為とあきらめていた薄毛や禿げも、本物のシャンプーやリンスを使い、

頭皮の血行を良くして、毛根を清潔にすることで貴方の悩みも解決するかも知れません。

では、良いシャンプーやリンスを見つけるためにはどうしたら良いでしょうか。

ノンシリコンは勿論のこと天然成分で作られた低刺激・防腐剤の入っていないシャンプー

だと言うことです。後、大事なのは御自分に合っているかと言うことです。

幸い現代はインターネットで使用している人の感想を見ることができます。

ノンシリコンシャンプーなどはネットショップで数多く売られています。

ネットショップは手にとって見ることが出来ない分、ユーザーレビューや試供品をくれる所もあります。

最低でもユーザーレビューの有るお店から商品の評判を見て購入することをお勧めします。


髪に安全なシャンプーは舐めても大丈夫なんです。

本当に髪の毛に安全なシャンプーは舐めても大丈夫なんです。

これはある発毛・育毛マニアルに書かれていた言葉です。

大概の発毛・育毛マニアルには絶対にやってはいけないことのなかに

必ずと言ってもよいくらいシャンプーとリンスについて書かれています。

ではどのようなシャンプーとリンスが良くて、どんなシャンプーとリンスが悪いのかと言うと、

まず、良いシャンプーは赤ん坊が舐めても大丈夫な物。

では悪いシャンプーとリンスはどんなものかと言うと。

石油系の成分や香料・防腐剤を含んでいるものなどです。

代表的な物はシリコンです。シリコンは髪の毛に吸着して艶を出したり、

手ざわりを良くしたりする効果があるので、市販のシャンプーやリンスには

必ずと言ってよいほど入っています。しかし、その良い効果も毎日使っていると

髪を痛めることが分かっていますが、

貴方が薄毛やアレルギーなど髪や頭皮に問題がなければ、

特に気にしなくても良いと思います。

普通に生活するうえで水や食べ物でも化学物質を含まないを食べたり飲んだりする

ことは大変難しく、と言うより体に悪いものだらけといえます。ようは程度の問題だと思います。

しかし、アレルギーがあったり薄毛で悩んでいたりするのであればノンシリコンシャンプーとか

天然成分シャンプーなどを選んだ方が良いと思います。

髪に優しいシャンプー

本来髪に優ししくないシャンプーなどあってはならないと思うのですが、

市販のシャンプーの中にはと言うよりほとんどのシャンプーは髪は勿論のこと

頭皮にも優しくはないのです。

本来シャンプーは髪や頭皮についた汚れや余分な脂分を洗い流すことが一番で

頭皮や毛根を痛めることなどは有ってはならないことですが、

一般的に市販のシャンプーにはシリコンが含まれています。

シリコンは石油系の物質で髪の一本、一本に吸着してコーティングする働きが有ります。

それで手触りと艶が良くなる訳ですが、髪にシリコンが吸着している状態が、

髪や毛根に良い訳は有りません。

シリコンを含んだ普通のシャンプーを長い間使い続けていると

髪を傷めるばかりなのは御存知のとおりです。

ではノンシリコンシャンプーならどれでも良いかと言うとそんな事はありません。

ノンシリコンと言うばかりではなく化学成分を含まない天然素材で作られている事が大事です。

防腐剤も入っていない方が良いわけですが、本来天然の成分だけでシャンプーを作ると、

常温で保存すると腐ってくるので冷蔵庫で保存する必要があります。

部屋に置きっぱなしで何ヶ月も変化のないシャンプーは天然成分のシャンプーであっても

防腐剤が入っています。

後、天然成分シャンプーで低刺激のものが大事でやたら頭皮を刺激してもよいことは有りません。

ノンシリコンシャンプーとは

リコンの入っていないシャンプーのことに間違いはないのですが、

市販のほとんどのシャンプーにシリコンが入っているようです。

髪の毛をコーティングして艶を出したり滑らかにしてくれるので

シャンプーには欠かせない成分のようです。

いろんなシリコンが入っているわけですが、

それが髪自体に良い効果がある訳ではありません。

もし近くにお使いになっているシャンプーがあるならご覧になって欲しいのですが、

成分にジメチコン、ジメチコンコポリオール、フェニルトリメチコン、シクロメチコン、

コポリマー(アミノエチルアミノプロビルメチコン)シリカ、アモジメチコン シロキなど

書いてあると思います。

人によってはこの市販のシャンプーが合うとか合わないとか言うことがあると思いますが、

本来、髪の毛をコーティングすることが髪に良いかどうかは意見の分かれるところでありますし、

そればかりに頼っていると髪の痛みを進行させてしまうことがあるそうです。

見た目の良さか中身の良さかというところですが、

普段はやはりノンシリコンのシャンプーとコンデショナーを使った方が髪にとっては良いと思います。

シリコンシャンプーについて

シリコンシャンプーが一般に良くないと言われている訳は。

シリコンが髪の表面について流れ落ちる時にキューティクルも一緒に

剥れ落としてしまうと言われているからです。

でも、一概にシリコンが悪い訳でなく目的に合わせて適量の成分であれば髪に艶を出したり

髪をコートしたりする作用も有ります。

シリコンが髪に付きやすいのは水に溶けないシリコンが水分がタップリの中で

行き場をなくし、同じく水と混じりにくい髪にくっいてしまうと考えられているからです。

このことが髪の毛をコーティングすることになる訳です。

シリコン系のシャンプーなどで髪をコーティングすることが良いか悪いかは

考えなければならないところですが、

しかし、今使っているシャンプーが合わず、いろいろ試していると言うのであれば

ノンシリコンシャンプーを使ってみる事は正解だと思います。

ただ、シリコンにもいろいろな物があり変性シリコンのように水溶性のものもあります。

髪の毛が痛むと当然、自身の自然治癒力で直そうとする訳ですがシリコンでコーティングすると

その力を妨げると言う人もいます。

確かに、シリコンは髪についた汚れを洗い落とすという役割は有りませんし

髪の毛の本来持っている力を伸ばすことはないわけです。
P R
カテゴリアーカイブ