エコキャップ運動:途上国にワクチン、刈谷の21小中学校表彰 キャップの回収2000万個/愛知

March 09 [Sat], 2013, 23:41
ペットボトルのキャップを集めて開発途上国の子どもたちにポリオワクチンを送る運動で、刈谷市内全21小中学校の回収キャップ数が1月末で2000万個を突破した。運動本部の「エコキャップ推進協会」(横浜市)から各校に感謝状と記念品が贈られ、8日に市立朝日小で表彰式が行われた。

21校は資源回収社会貢献活動として08年6月から始め、子どもたちが家庭や地域のキャップを毎月1回ずつ集めている。各年度で574万5000〜316万4040個を数え、今年1月末で計2196万8795個に上った。キャップ800個で1人分のワクチンが購入できるため、2万7460人分の計算となる。

表彰式では同校児童会長の伊藤大智さんが代表して感謝状を受け取り、キャップをはめ込んで絵を描くキャップアートパネルとキャップのリサイクル人形を記念品に贈られた。伊藤さんは「貧しい国の子どもたちを助けようと始めたのに、表彰までされて大変うれしい。これからも続けたい」と話した。

出典:毎日新聞
プロフィール
  • ニックネーム:ジャックラッセルテリア
読者になる
P R