量販店の店頭などで発売中。多くのAndroid機器とは違い、

March 10 [Tue], 2015, 19:13

ふんわり柔らか☆手帳型レザーiphoneケース♪ 手帳型ケースだから、カード類だって入りマス 定期などを入れておけば通勤もスムーズ 手帳型ならでは!の特徴である、プ

ッシュ通知を他人に見られないというのもイイですネ♪ ストラップホールもついているので、タッチペンや可愛いストラップで自分流に使いこなしてネ☆ 商品名:★2015高

品質★シャネルiphone6 plus iphone6ケース 手帳型 タイプ:手帳型 対応機種:iphone6 (4.7インチ)、iphone6 plus(5.5インチ) 付属品:ストラップ付き 素 材:レザー

カラー:9色 備 考: ※ご注文の際には、必ずご希望のカラー及び携帯の機種名をご明記ください。 ※海外から輸入している為、輸送上の都合により外箱のつぶれ、商品に

汚れやキズがある場合がございます ※携帯本体は付属いたしません。 ※只今は送料無料 p>シャネルiphone6カバー
/>


 


シャネルiphone6カバー


“Apple Pay”が登場したことのひとつの功績は、それまで一般的とは言い難かった“携帯電話で店頭での支払いを行う”行為をメジャーな領域まで押し上げたことだ。日本で

は“おサイフケータイ”の名前で知られる非接触通信(NFC)を使った“モバイルウォレット”という仕組みだが、実のところ日本国外ではほとんど馴染みのないもので、ここ

2〜3年でようやく一部地域で立ち上がり始めた状況だ。これまで筆者は世界各国の事例を見てきたが、NFCによる決済の利用率が比較的高い地域であっても、携帯電話を使う仕

組みはそれほど利用されていない。

シャネルiphone6ケース

写真を拡大 写真を拡大
Apple Payだけじゃない、海外で広がるモバイルウォレットの新しい潮流
写真:週アスPLUS
 その意味で、Apple Payの世界展開がスタートするとみられる2015年は、モバイル決済の業界において大きな転換点になると考えられる。Apple Payの現状と実際に現地での

フィールドテストの様子は、本記事末尾の関連記事などを参照してほしい。
 
 “携帯電話に決済情報を持たせ、店頭やオンラインでの支払いに利用する”という仕組みが広がりつつある一方で、モバイルウォレットの世界では新しい潮流が出現しつつ

ある。
 
 現時点で一般的な名称はないものの、『インタラクティブ?ウォレット』、『スマート?ウォレット』などの名称で呼ばれることの多いそれは、クレジットカードと同じサイ

ズを持つカード型のデバイスに複数のカード情報を載せ、適時切り替えて使うことが可能だ。1枚のカードを持ち歩くだけで済むうえ、持ち歩くカード情報には暗号化や認証の

仕組みが施されており、仮に紛失や盗難に遭ってもカード情報の安全性は保たれるため、通常のカードを持ち歩くより利便性の面でも安全性の面でもメリットがあるというわ

けだ。
 新品ルイヴィトンiphone6 ケース
 こうしたソリューションを提供するスタートアップが過去1〜2年ほどで次々と出現しており、そのうちのいくつかが今年の2015 International CESに出展するなど、大きな

話題を呼んでいた。今回、CESに出展していた話題のサービスについて紹介していく。
 
■スマホで磁気ストライプ方式のカード払いを可能にする『LoopPay』
 
 2013年末頃に一部メディアで報道されて話題になったものの、その後長らく大きな話題のなかった『LoopPay』。筆者も何度か取材を申し込んでみたものの返事はなく、結局

CESで直接関係者と話すまで詳細が不明だった。
 
 当時公開されていたビデオでは、LoopPayのジャケットを装着したスマホを磁気カードの読み取り機に近付けると、ジャケットから無線による電波が出て“磁気方式のクレジ

ットカードを読み取らせた”のと同じ効果が得られる仕組みが紹介されており(こうした取り引きは『MST』と呼ばれているようだ)、“NFCを用いずにスマホだけで従来のPOS

やカード読み取り機で利用可能なサービス”という認識だった。
 
 だが、今回CESで話を聞いたところ、LoopPayはさらに大きいビジョンを持っているようだ。専用のウォレットアプリが用意され、これを使って複数のカードをスマートフォ

ンにまとめることが可能になっている。クレジットカードやデビットカードだけでなく、店舗の会員カードやプリペイドカードも含まれ、すべてをアプリ上から一元管理でき

る。カードの実体はジャケットに搭載された専用チップ(セキュアエレメント)の中にあり、アプリはそれを管理する窓口となっている。また専用チップの入った部品はジャ

ケットから取り外しが可能になっており、この部分だけを磁気カード読み取り機に近付けて決済を行なうこともできる。
シリコンiPhoneケース 
 そのほか技術的特徴としては、クレジットカードの利用にあたって“トークン化(Tokenization)”に対応しており、本来のカード番号が隠蔽される。これは磁気カード読

み取り機にも利用可能とみられ、スキミング等の効果を弱めることができる。現在、EMVのチップ付きカードやNFCによる非接触通信の支払いには対応していないようだが、説

明によれば今後順次対応方法の検討を進めていくという。また、デモで紹介されていたのはiPhoneとサムスンのGALAXYだが、Android端末については個々に形状やサイズが異な

るため、多くの製品ではジャケット装着が難しい。前述のように基幹となるセキュアエレメントとRF通信部はジャケットからは独立動作が可能なため、一部メジャーな製品を

除いては、このような形で独立動作させるようになるだろう。
 
 現在は米国でiPhone5/5s用のケースが59.95ドル(約7200円)で提供されており、2月9日以降にiPhone6/6Plus向けのものが用意されるという。仕組みそのものは磁気カード

を保存しているだけなので、ほぼすべての既存のカードに対応。磁気カードリーダーも、基本的に市場に出回っているPOSや読み取り機では問題なく動作すると説明している。

日本を含む海外でのサービス展開も検討しており、すでに日本国内でも複数のイシュアとの交渉を進めており、2015年中のサービスインを目標としているとのことだ。
 
■クレジットカードそのものをインテリジェント化する『Dynamics』
 6Plusケースシャネル
 スマホ連携を主眼にしたLoopPayに対し、Dynamicsのソリューションはカードそのものをインテリジェント化してしまうというユニークな仕組みだ。CES併設のDigital

Experienceに出展していた同社ブースで見せてもらったデモでは、クレジットカードに5つのボタンがついており、そのロックを解除することでカードが使用可能になるという

ものだった。ロックを解除しない限りカード番号やセキュリティコードはすべて表示されず、磁気ストライプ部分も有効にならないためカードが使えない。EMVのチップ部分は

もともとPINコードでロックされているため、盗難に強いというメリットがある。
 
 Dynamicsのカードはこのほかにもバリエーションがあり、複数のカード情報をボタンで切り替えて利用できるもの、支払い通貨を変更できるもの、NFCが利用可能なものなど

があり、同社のホームページで参照できる。使い方しだいで便利な多機能カードといった具合だ。
 
■1万枚のカード情報を専用デバイスに保存する『Wocket Smart Card』
 
 LoopPayとDynamicsの中間的ソリューションといえるのが、NXT-IDの『Wocket Smart Card』だ。
 
 液晶タッチパネルのついた、ちょっと厚手の財布といった体裁の専用デバイスと、これとペアで利用するクレジットカードサイズ大のデバイスの2つ1組で使用する。専用デ

バイスにはクレジットカードやロイヤリティカードなど最大で1万枚のカード情報が登録可能で、この中で使用したいカードがあった場合、ペアとなるカード型デバイスを本体

に挿入した状態で液晶タッチパネルからカードを指定すれば、カード型デバイスが“指定したカード”となって利用できる。これを磁気カード読み取り機にかざせば、指定し

たカードでの支払いが可能というわけだ。
 
 また、カードによっては磁気情報ではなく、バーコードで情報を保持しているケースがある(有名なのは米スターバックスのカードなど)。その場合、液晶画面にバーコー

ドを表示できるため、カード型デバイスではなく、専用デバイスの液晶画面に表示されたバーコードを赤外線の読み取り装置にかざせばいい。
 
 磁気カードを新規に追加して保存する場合には、カードを読み取るためのドングル装置を使えばいい。これはLoopPayのサービスでも用意されているが、この装置を使って次

々と手持ちのカードを登録していけば、デバイスを1つ持ち歩くだけで何枚も財布にカードを忍ばせておく必要はなく、さらに盗難に遭ってもカード情報はデバイスにロックが

かかっており、直接参照できないため、セキュリティ上も安全というメリットがある。
 アイフォン6シャネル
■支払いの利便性と安全性確保に指紋認証を採用した『HYPR-3』
 
 アプローチはLoopPayのそれに近く、指紋認証を追加することで安全性と利便性を両立したのがHyperKeyの『HYPR-3』だ。カード情報を記憶しておくための専用チップと指紋

読み取り装置を組み合わせたスティック状のデバイスで、利用にあたってはスマホ背面に貼付しておく。専用アプリを使って支払いカードの選択や登録を行うのはLoopPayと同

様だが、支払いの際に指紋認証を行う点が特徴で、これが安全性の確保とPINコード入力のような手間の軽減につながっている。
 
 ただし、LoopPayのようなRF転送による磁気カード情報送信には対応しておらず、代わりにNFCとバーコード(QRコード)を支払いに利用する。そのため利用可能範囲は、既

存システムでそのまま利用できるLoopPayに比べると狭いと考えられる。先日サンディスクの発表したLightning端子搭載USBメモリー『iXpandフラッシュドライブ』。すでに各

量販店の店頭などで発売中。多くのAndroid機器とは違い、マイクロSDカードなどでストレージ容量を増やせないiPhone/iPadの不満を解消する製品として人気です。

グッチ iphone6 ケース

写真を拡大 写真を拡大
iPhoneユーザー必見 高速転送可能なLightning搭載USBメモリー3種を比較
写真:週アスPLUS
 iXpandは単なるLightning端子搭載のUSBメモリーではなく、内蔵バッテリーにより(バッテリーを搭載していない製品より)iPhoneやiPadなどと高速にデータをやりとりで

きるのが特徴です。
 
 同じような仕組みを採用している製品はいくつかありますが、今回はiXpandのほかに、アイ?オー?データ機器が販売するCviLux製『iSafeFile FSA005-032』とimetion製

『LINK Power Drive』を用意して、実際の転送速度や使い勝手をチェックしてみました。
 
●Macと接続しUSBメモリーとして実力をチェック
 
 どの製品もUSB端子側はUSB2.0仕様です。まずはiMac 24inch Early2009(CPUは2.93GHzのCore2Duo、ストレージは128GBのSSD)に接続し、フリーソフトの『Blackmagic Disk

Speed Test』を使って読み取り/書き込み速度を測ってみました。
 
?ベンチマーク結果(3回計測の平均値)
iXpand 読み取り 毎秒14.2MB 書き込み 毎秒14.8MB
iSafeFile 読み取り 毎秒11.7MB 書き込み 毎秒14.6MB
LINK Power Drive 読み取り 毎秒3.4MB 書き込み 毎秒14.0MB
 
 iXpandは読み取り/書き込みともに安定したスピードが出るのに対し、LINK Power Driveは読み取り速度がかなり遅めです。どの製品も書き込み速度は毎秒14MBほどなので、

音楽ファイルなどの持ち出し時の速度はあまり変わりません。一方で、読み取り速度が遅いとiPhoneからバックアップした写真ファイルなどをPC/Macに読み込む際に時間がか

かります。
 
●合計2GBの画像と動画を実際にiPhone6 Plusとやりとりしてみた
 
 つづいては合計約2GB、318個の画像と動画ファイルを用意し、USBメモリーからiPhone6 Plusへコピー(読み取り)、iPhone6 PlusからUSBメモリーへコピー(書き込み)し

てみました。
 
グッチiPhone 6 ケース
iXpand 読み取り 毎秒6.9MB 書き込み 毎秒1.9MB
iSafeFile 読み取り 毎秒6.0MB 書き込み 毎秒6.5MB
LINK Power Drive 読み取り 毎秒6.6MB 書き込み 毎秒6.7MB
※それぞれストップウォッチで転送開始から終了までを計測。
※速度は“2048MB(2GB)÷平均転送時間(秒)”から算出。
 
 USB2.0接続時とは逆に、どの製品もLightning接続時は読み取り速度が毎秒6MB前後に安定しています。逆にiXpandは書き込み時にグッと速度が抑えめになったのが残念なと

ころ。どの製品もUSBメモリー内に保存されたファイルの読み取りにはだいたい5分程度、書き込みにも同様(iXpandだけ18分前後かかっています)。iPhone/iPadのストレージ

を圧迫する画像や動画データの移動、バックアップでの利用を想定すると書き込み速度は速いほうが快適です。
 
●“USBメモリーあるある”はLightning端子付きにも健在
 
 実際に試してみて気づいたことではありますが、Lightinng端子に挿したときの様子は三者三様。iPhoneには当然カバーをつけて使っている人は多いと思いますが、人によっ

ては外して使う必要がありそうです。
 
 iXpandはLightningコネクター部がある程度曲がるようになっており、厚めのカバーをつけていても利用可能。
 超人気iphoneケース
 iSafeFileはまさにUSBメモリーといった感じの挿し方で、iPhone6 Plus純正カバーのようにLightning端子ソケット側のまわりが空いているカバーでないと利用は難しいです


 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seysb
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jseev/index1_0.rdf