円下落、118円台=7年3カ月ぶり円安水準?「年内に120

November 20 [Thu], 2014, 12:37





 20日午前の東京外国為替市場の円相場は、日米の金利差が拡大するとの観測を背景に、1ドル=118円台前半に下落した,プラダバッグスーパーコピー。東京市場では2007年8月14日以来、約7年3カ月ぶり,プラダバッグスーパーコピー。午前11時現在は118円15?16銭と前日比79銭の円安・ドル高。

 前日公表の10月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨については、「米国の利上げの方向性が確認できた」(外為仲介業者)と受け止められた,プラダバッグスーパーコピー。一方で、黒田東彦日銀総裁の前日の記者会見をめぐっては、追加金融緩和があり得るとの思惑が一部で浮上。今後、日米の金利差が一層開いていくとの市場心理が支配的となり、円売り・ドル買いが強まった。

 世界経済や、日本の景気に強気論が台頭すると、安全資産とされる円が売られてリスク資産に資金がシフトしやすい。安倍晋三首相が消費税再増税の延期を決め、日経平均株価も堅調に推移するなど「円売り材料ばかりが目立つ」(国内証券)状況だという。市場では、年内に120円台まで下落するとの見方が強まってきた。

 ただ、この3カ月で約15円と急速に円安が進んだため、「短期的には持ち高調整(の円買い・ドル売り)が入りやすい」(大手銀行)との指摘もある。