川島和彦と少年サッカーブログBBS

August 05 [Tue], 2014, 3:51

相手のフェイントには十中八九引っかかるにも関わらず、自分が仕掛けるときには全く効き目がない状態だったとしても、
一流のサッカー選手が身に着けている感覚が短期間で養われていき、チームのピンチを救う値千金のプレーを連発できるようになる方法がこちら



あなたも、本やネットを見たり強いチームの監督に話を聞いて練習をマネして取り入れるなど、試行錯誤は続けているものの、期待できるような効果は現れることはなく、試合はいつも連戦連敗で悔しい思いばかり味わっていないでしょうか

もしくは、実戦を想定した練習を多く取り入れるようにして、試合の感覚を養えるように工夫してみたりするものの、
試合は負けるのが当たり前になってしまい、子供たちは明らかに勝つことへの情熱が冷めてきてはいないでしょうか

立ち上がりこそ良い流れが生まれることはあっても、試合が終わってみればほとんど良いところがなく相手の良いようにやられてばかりだと、サッカーを続けるモチベーションが下がってしまうのは誰だって同じで、練習の取り組むときの姿勢も消極的なものになってしまいがちです。

まだ発展途上にある子供たちはそもそも、心の底から真剣に練習に取り組む姿勢は薄くなりがちで、時には「友達がいるからとりあえず練習に来ている。」というモチベーションだけでチームに合流している子供もいたりするものですが、そういった寄せ集めチーム的な状態からでもサッカーが強くなる可能性は十分にあります。

集中力の乏しい子供であっても、練習に楽しく取り組めるように導いてあげると、まるでゲームに集中しているような表情を見せるようになるものですし、練習を積み重ねていくうちに自分がうまくなっていく実感が感じられるようになるとますます、練習するのが楽しくなり、サッカー上達の勢いが急激にスピードアップしていくものです。

あなたのチームもまずは、子供たちの先天的な身体能力や運動神経に期待するのではなく、普段の練習によってチーム力を底上げしていくことによって、相手に押し込まれる時間帯が続いてもしのげる「タフさ」も生まれるようになり、試合ではそう簡単に負けることがなくなっていきます。


川島和彦さんのわんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾は、脚が遅く体格の小さな子供でも強いドリブルができるようになるトレーニングマニュアルで、こぼれ球を奪うコツやディフェンス力を高める秘訣なども学んでいけるため、トータル的にサッカーの実力を高めていくことができます。

川島和彦さんとはちなみに、千葉県の少年サッカーチームを指導している人なので、あまり名前が知られているほうではないものの、これまでに教えてきた子供の数は1500人以上、少年サッカー指導歴30年近くにもなる実績のある指導者で、JSC CHIBAではU-12監督を務めていたこともあります。

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾では、川島和彦さんが培ってきた少年サッカーの指導ノウハウの中でも、特にドリブルに特化してテクニックを強化していくトレーニング方法が紹介されていますが、すでに富山、滋賀、新潟などさまざまな地域での実践例があり、いずれも高い効果を上げています。

子供を委縮させるような厳しいトレーニングとは180度違って、子供の自主性を重んじ、やる気を引き出すようなやり方となっていますので、練習に取り組むときの姿勢が見違えるように意欲的になり、今までダラダラと動いていたのがうそみたいに一つ一つの動作がキビキビとうまれかわっていき、短い時間でも効果的に練習を消化していけるようになります。

→→いつもならヘマしそうな場面も無難に切り抜けられるようになる川島和彦さんの5ステップドリブル上達法で、鬼ごっこで駆け引きを学ぶポイントとは??



視力回復アドバンスメソッド
メンズボディデザイン

川島和彦と少年サッカー 練習方法

August 05 [Tue], 2014, 3:45


川島和彦さんのわんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾では、子供が練習を楽しみながら実力アップしていけるように5つのトレーニングで構成されています。

いずれも実戦を想定した練習内容になっていて、1VS1で間合いを確かめるトレーニングから1+1 VS 1+1でカバーリングの具体的なやり方を覚えたり、ドリブル突破するために有利な位置へと相手ディフェンスを動かす体重移動の仕方など、サッカーの上手なことが自然とやっていることを練習を通して学んでいきます。

根本的な身体能力の差を覆すことはできないものの、サッカーに求められるとっさの判断力やバランス感覚などは練習次第で高めることは可能なので、数的に不利な状況でも、相手ディフェンスの裏をうまくついてドリブル突破できるようになりますし、逆に、自分がディフェンスする側に回った時には、相手の嫌がる守り方ができるようになったりします。



あなたも、下のような悩みに思い当たることがいくつかあるんじゃないかと思いますが、

フットワークが悪くて足がまわっていない

ドリブルには良い思い出がない

ボールをドリブルしながらキープできない

やる気はあるのに技術が全く向上しない


どんな練習をするか?によって子供の才能を伸ばして上げることもできるし、その逆に子供の伸びしろを逆に縮めてしまう危険があったりするものです。

少年サッカーには少年サッカーで求められる練習の質・取り組み方というのがあり、そのやり方に沿って練習を組み立てていくことが重要で、あなたも何をやるべきで何をやらないべきなのか?をはっきり区別して普段の練習を実行していけば、下のような結果を手に入れることができますよ。


相手のマークをうまく抜き去ることができる

チームで一番ドリブルがうまくなる

自分より体の大きなDFを次々突破できる

ダイレクトプレーがうまくなる


チーム全体から「あいつはどうせ下手だから。」といった評価を受け、試合でもほとんどボールを触れず、悔しい表情を浮かべる子供の姿を見るのは今日で終わりにして、
子供の実力アップを阻んでいた要因を次々とつぶしていき、面白いくらいドルブルで相手を抜き去っていくたくましい子供の姿を見てみませんか?



川島和彦さんの5ステップドリブル上達法で、上手な子との実力差がさらに開いてしまう前に、ドリブルを武器に相手チームを翻弄できるようになるにはこちら




南asoの天然水
復縁 きっかけ
P R


サプリメントダイエット ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング

ブログランキング

PVランキング