内側からできる日焼け対策 

2014年12月28日(日) 9時55分
生理の女性は、日頃より日焼けがしやすいといいます。スキンケアだけでなく、サプリメントや毎日の食材を活用することで、体の中から有効な日焼け対策をしていくといいでしょう。

例えば、ビタミンA、C、Eはいずれも日焼け対策に効果があるという栄養素だと言われています。日焼け対策をすることはお肌にとって非常に重要なことです。

ビタミンCはメラニン色素の排出や、エラスチンの増加による肌の弾力アップ効果があります。シミやそばかすはメラニン色素の増加によってできます。

ビタミンAは生理中に消費されやすいことが、その理由だといいます。体の酸化を留め、老化による体の変化を抑制する作用が、ビタミンEにはあるといいます。

紫外線によって生成された毒素である活性酸素もビタミンCの強い抗酸化力で対抗することができます。ビタミンCは、日焼け対策にいいといわれる化粧品などにも配合されています。

日焼けによって肌のシミやそばかすが濃くなり、お肌にたるみが増すなどの症状が促進されます。日焼け対策は、日焼け止めクリームや、美白化粧品などが使われていますが、食習慣を改善することで日焼けの影響を受けにくい肌をつくる方法もあります。

抗酸化力が強い成分には、ビタミンEがあります。皮膚のコラーゲン増加にも効果が期待できることが、ビタミンAの抗酸化作用の利点です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:けいた
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる