夢叶えてしまった 

September 14 [Tue], 2010, 0:21
夢/syrup16g

本当の事を言えば
俺はもう何も求めてないから

この歌声が
君に触れなくても仕方ないと思う

夢は何となく
叶わないもんだと思ってきたけど

何てことはない
俺は夢を全て叶えてしまった

どうしてみんな

そんなに そうやって
自由なんか欲しがる
悲しいくらいに
満たされたこの世界で

本能を無視すれば
明日死んじまっても
別に構わない

本気でいらないんだ
幸せはヤバいんだ

煮詰まって 妥協して
生み落とす 燃えないゴミ
半透明の袋で 燃やせないゴミ

有名になりたいな
この空しい日々を塗りつぶせるなら

そんなしょうもない幻想を
俺はいつまで大事にしてんだ

どうしてみんな

疑わないぜどうせ
破滅なんて思考外
悲しいくらいに
満たされたこの世界は
終っていくのに

そんなに そうやって
自由なんて欲しがって
悲しいくらいに
満たされたこの世界で

煮詰まって 妥協して
生み落とす 燃えないゴミ
半透明の袋で 燃やせないゴミすら

夢 夢叶えてしまった


―――――――――――――――
私が大大大大大大好きなsyrup16gです。
廃盤6作品が復刻すると聞いて久しぶりに聴いたら泣いてしまいました。

なかなか夢って叶わないものなのに叶えてしまったというところが好きです。
しかも後悔の意を含めての言い回しをする辺りが特に。


本当大好きだ。

オレンジの空、きれー 

July 17 [Sat], 2010, 2:14
青春☆金属バット

監督:熊切和嘉
出演:竹原ピストル(野狐禅)
   安藤政信 他

青春というにはあまりに荒々しいものでした。青春を引きずってるというか。
いろんな人の青春。

あ、あと独特の空気感や間のあけ方が印象的。
こういうの日本映画は多いよな。特に独特な間のあけ方がある映画。
そういう映画が好きなんだがな。
時々面白かった。

つか栄子さん最強すぎるだろ、これ。


最後は良かった。

惚れるも地獄。惚れられるも地獄。 

July 16 [Fri], 2010, 23:38
さくらん

原作:安野モヨコ
監督:蜷川実花
出演:土屋アンナ
   椎名桔平 他

ずっと気になってたのをやっと観れました。
なんたってになみかが監督とか心ときめくしかないわー。
題材も遊女ということで興味あったしね。

映像が鮮やかで正に蜷川ワールドでした。特に朱が映える映える。他の色合いも原色バリバリで私好みすぎました。着物も屏風も襖もきらびやかだなぁ。好きです。

残念なのは土屋アンナがあまり演技が上手くないということである。少なくとも私好みではないことはたしかである。
嫌いな顔じゃないんだがな。
そして成宮が優男すぎてふいた。
安藤政信はかっこよすぎる。
高下駄で八文字歩きする菅野美穂は美しかった。花魁道中似合うなぁ。
つかキャストすげぇ。

禿はみんな可愛い

女だらけの世界って怖いよね。

誠人と同じ世界にいたかっただけだよ 

July 15 [Thu], 2010, 23:01
恋愛寫眞 Collage of our Life

監督:堤幸彦
出演:松田龍平
   広末涼子 他

松田龍平の出てる作品を見よう第4弾←
青い春、46億年の恋、剱岳に引き続いての松田龍平です。
あ、青い春はまだ記事書いてないね。

監督が堤幸彦だったので結構期待しましたが期待よりは良くなかったかなぁ。
堤幸彦監督の映画観たことないけどね。有名だから。
現在誠人が動いてるシーンと過去に静流が動いてたシーンがリンクしてるのが面白かった。
あ、小池栄子には「えええええぇぇぇぇ!!!!」って感じにはなりました。つか怖いよ、あれ。
プロになってからも記念写真を残す用として静流のカメラ使うのいいなぁ・・・
静流の自由さに憧れる。あんな女性になりたいね!!

一番の見所は写真ですかね。
私自身が写真撮るからかも知れないんですが、出てくる写真写真に「これはどう撮ったんだろう」とそればっか考えてました。
まぁぶっちゃけて言えば、衣装作りながら見てたのでなんとも言えない^p^徹夜なんてするもんじゃないね!!
カシアスの役はひたすらいい役でしたね。最後悪者になると思ってたのにry

松田龍平が喋ってる映画をあまり見たことなかったので新鮮でした^^
「いってぇぇ!!!」とか言うんだって思っちゃった。

今、絶賛安藤政信と松田龍平ブームなのでそれ関連の映画ばっか観ていくと思います←

隣の隣はブータン人だ 

July 15 [Thu], 2010, 21:46
アヒルと鴨のコインロッカー
伊坂幸太郎 著

伊坂さんの本は「陽気なギャング〜」を中途半端に読んで以来読んでいなかったのですが、すんごい面白かったです。
結構な文章量だと思うんですがすぐ読んでしまえる魅力がありました。
最後の最後に明かされる真実で今まで読んできたものが全て覆されるのがすごく面白かった。
あと出てくる役者たちの個性の強さ。
椎名の人間臭さはすごく共感できるし、河崎のかっこよさには惹かれる。琴美の強さは惹きつけられるほど強く感じるし、ドルジの人の良さはこっちまで伝わってくる。麗子さんの人間離れした雰囲気とかもすごく伝わってくる。
”神様を閉じ込める”という発想や、自分(日本人)と外国人をアヒルと鴨で例えるのも面白かったです。
なんか自分が全く知らない部分の知識がいろいろ書いてあって楽しい^^

また記事を書くと思いますが、重力ピエロで私は完璧に伊坂ワールドにはまりました。
なんで今までスルーできてたんだろう。もったいない。

狂わせたら悪いと思っちまうの 

July 11 [Sun], 2010, 6:27
46億年の恋

監督:三池崇史
出演:松田龍平
   安藤政信 他

強烈な映画でした。いや、なんかもう全てが。
松田龍平演じる有吉と安藤政信演じる香月の存在感と美しさに圧倒されました。特に安藤政信が寝てるときの色気は凄まじかった。
不自然に赤くなる壁。それに同化するように消える人。刑務所内の喧騒と有吉、香月2人だけの静かな空間のギャップがすごく印象的でした。
署長が不気味すぎた←

つか全体的に赤い。そのせいで見にくい。でもそのおかげで雰囲気が出ている。うーん。
個人的にはすごく好きな感じの映画です。
まあ、安藤と松田が出てるから好きなだけかもしれんな!←

日本地図のために命をかけた男たち 

July 11 [Sun], 2010, 6:06
劔岳 点の記

原作:新田次郎
監督:木村大作
出演:浅野忠信
   香川照之
   松田龍平 他


こういう邦画を久しぶりに観たので新鮮でした。(いってもB級ばっか観てるから)
日本地図を作るために命をかける男たちにどきどき。雪崩のシーンは本当に焦った←
この映画がなければ劔岳って山があることすら知らなかっただろうなぁ。
かっこよかったです。


軍にイライラしてしまうのは、どの映画でも共通ですね。軍が世の一番だと考えるのは本当気持ち悪い。

私の観る映画によく出てくる新井浩文ですが、今回も出てきました。
またこれがいい役するんだ、この人。
新聞記者の役なんですが、なんだろ。なんか印象に残るんだよね。好きだからいいんだけど!
…でも多分新井くんが主役の映画は観ないだろうな←

あと、柴崎芳太郎を演じる浅野忠信、その妻、葉津よを演じる宮崎あおいの会話がすごく好きです。
本当に自然な夫婦の会話で、夫婦仲の良さが滲み出ていて好き。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:U1
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月24日
読者になる
好きな音楽や映画、本などのことをつらつら綴っていこうと思います。たまに写真も載せていきます。
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる