馬インフルエンザ 

August 30 [Thu], 2007, 21:26
馬インフルエンザとは、発熱と呼吸器障害を起こす急性の感染症。

ウイルスが原因で感染後2〜3日で発熱し、鼻水やせきなどの症状が出る。

馬インフルエンザは、くしゃみなどで空気感染し、伝染力は極めて強い。
感染して発病すると、体温が40〜41度に上昇(馬の平熱は38度)するほか、
激しいせき、水様性の鼻汁、食欲不振などの症状が出る。

狙い馬券はこれだ!!

大部分の馬は10〜15日で病状が回復、重症でも3週間で回復する。

3連単コンピ攻略法

せきなどにより馬から馬へと空気感染するが、人や他の動物へは感染例はない。
感染力が強いため、競走馬のように集団でいると、数日間で爆発的に広がることもある。

馬インフルエンザウイルスは高病原性鳥インフルエンザウイルスの様な死に直結する程の
強い毒性を持たない。
また、治療やワクチンによる感染予防が不可能という性質のものでもない為、
これら家畜伝染病の様な患畜の強制的な殺処分などの規定はありません。

1971年末から翌年にかけて初めて流行した時は約2カ月間、中山、東京競馬が中止となった。
現在はすべての競走馬に年2回、ワクチン接種が義務づけられている。

今回の流行について、専門家は「ウイルスの抗原が変異し、ワクチンが効きにくくなっている
可能性がある」という。

資金が285倍になったら競馬をやめられますか?

8月16日、日本中央競馬会(JRA)所属の競走馬が馬インフルエンザに感染。
この日以来各地で被害が発生。
18、19日の中央競馬開催(新潟・小倉・札幌)を中止。
馬インフルエンザにより、GI3勝馬メイショウサムソン(栗東・高橋成忠厩舎、牡4)が、
フランスGI凱旋門賞(10月7日)への出走を断念。

園田競馬、第9回競馬の最終日である30日と、第10回競馬(9月4〜6日、11〜13日)が
中止されることになった。

従来のトレードシステムの弱点を克服した驚異のスーパートレードシステム
P R