【 更新情報 】

スポンサードリンク

モバイルスイカを使うメリットはポイント

モバイルスイカを使うメリットは幾つかありますが、まず何と言っても購入場所を探す、またはわざわざ買いに行かなくても良いという事でしょう。
スイカですと、JR東日本の駅の「みどりの窓口」や発券機へ行って購入しなければなりませんが、モバイルスイカでしたら、ご自宅でも会社でも、携帯電話の通信電波が良好な場所であれば、いつでも何処でも入金できます。

それから、駅のKIOSKや、NEWDAYなどで買い物をする事が多い方はモバイルスイカで買い物するとポイントがつきます。
そのポイントを貯めると、電子マネーとして使えるので一石二鳥ですね。

また出張や、旅行の多い方は、モバイルスイカでしたら携帯でいつでも使った履歴を確認できるので、いつ何処に行ったかなどが分かりやすくていいんじゃないでしょうか。
落としても再発行が出来るので安心です。

入金もスイカは1000円、3000円、5000円、10000円と4種類しかないのに対し、モバイルスイカは1000円単位なら1000円から10000円まで入金できるというのも魅力的です。

モバイルスイカとスイカの違い

モバイルスイカとスイカの違いはいろいろありますが、基本的に鉄道や買い物に使えるという事は一緒ですね。

モバイルスイカは、スイカと携帯電話が一つになったサービスです。
スイカはJR東日本が発券しているICカードで、鉄道、バス、買い物が出来ますが、スイカカードをJR東日本の駅の「みどりの窓口」または発券機で購入しなければなりませんし、初期に預かり金500円が必要となります。(あくまでも預かり金なので、あとで返金されますが)

モバイルスイカはいつでもどこでも、携帯電波の通信良好な場所であればチャージする事が出来るのでいちいち購入場所を探す手間は省けます。
電子マネーの機能があるおさいふケータイでないと使えないので、モバイルスイカを使ってみたい方はご自分の携帯電話が対応機種であるかどうかの確認が事前に必要です。

スイカは初期の預かり金500円があれば誰でもICカードを購入することが出来ますが、モバイルスイカは携帯を用意し、JR東日本発行のクレジットカードに加入し、モバイルスイカ会員メニューへアクセスしアプリケーションをダウンロードして会員登録しなければなりません。

またスイカの購入は千円、三千円、五千円、一万円と4種類で上限二万円までですが、モバイルスイカですと千円〜一万円までなら千円単位で購入することが出来ます。
こちらも上限は二万円までとなっています。

モバイルスイカのチャージ方法

モバイルスイカを利用するには、まずJR東日本が発行するクレジットカード「ビューカード」が必要なので会員登録する必要があります。

そしてモバイルスイカ対応の携帯電話を用意し、モバイルスイカ会員メニューにアクセスして、アプリケーションをダウンロードして会員登録します。
携帯から電子マネーを選択してログインし、チャージします。モバイルスイカのチャージ方法は、携帯からクレジットカード支払で簡単に出来ますが、その他にも銀行チャージが出来ます。

銀行チャージは、銀行のモバイルバンキングを利用します。みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行のいずれかに口座がないと利用できないうえそれぞれ手数料がかかるので注意が必要です。

もう一つオートチャージ方法があります。例えば、モバイルスイカの残高を3千円に設定しておいた場合、3千円以下になると自動改札機にタッチするだけであらかじめ設定しておいた金額(例えば1万円)が自動でチャージされる仕組みになっています。
ただし、読み取り部が青い色をした自動改札機に限られますので確かめてからタッチしてみて下さい。こちらも限度額は2万円です。
オートチャージを使うとポイントがアップしたりしてラッキーです。

自動でチャージ出来るので手間が省けて楽ちんですが、使い過ぎてしまう可能性もあり、お金の管理がしたい方は自分でチャージした方がいいかもしれません。

モバイルスイカの使い方

モバイルスイカの使い方はSuicaと全く同じで、改札でピッと使える「タッチ&ゴー」ですが、スイカよりお得がいっぱいというか、使いやすくなっていますね。

モバイルスイカは定期券の購入やグリーン券の購入以外にも駅のKIOSKやNEWDAYなどでお買い物してもポイントがたまります。
ポイントはマイレージサービスやスイカと交換できますし、電子マネーとして使えるので非常にお得です。
さらに、JALカードとスイカ機能とビューカードを一体型にしたJALスイカカードですと、ポイントが三倍になるようです。

モバイルスイカは2007年3月にPASMO(パスモ)とも提携が始まり、私鉄や地下鉄、バスにも乗れるようになりさらに便利になってきています。
モバイルスイカは履歴も残りますから、記憶力に自信がない(笑)とか、履歴をみながら気を引き締めて、ちょっとした節約にもお役に立つかもしれません。

モバイルスイカのチャージは、通信電波の状態の良好なところでしたら、いつでも出来るのでとても便利です。最近はチャージする端末を置くコンビニも増えてきたのでより一層使いやすくなりますね。

モバイルスイカってどんなもの

 モバイルスイカってどんなものかと言いますと、JR東日本の会員制サービスです。
最初に出たsuicaと携帯が一緒になったもので、携帯を持っていて会員登録さえすれば、suicaのように自動券売機がなくても、電波の通信状況さえよければいつでもどこでもチャージや買い物が出来るようになっています。

ただし、携帯電話にも対応機種と非対応機種があるので、モバイルスイカを始める前に必ず確認することをお勧めします。

モバイルスイカがあれば、電車に乗れるのはもちろん、お買い物や、定期券、グリーン券、新幹線の切符などが買えます。使った履歴もリアルタイムに確認できます。万が一落としても再発行可能ですので安心です。
駅のKIOSKやNEWDAYでよくお買いものされる方はモバイルスイカを利用するとポイントが貯まり、そのポイントを電子マネーにかえて使うことが出来るので是非お勧めします。

クレジットカードを使いたくない、またはモバイルスイカを試しに使ってみたい方の為に、クレジットカードがなくても登録出来るEASYモバイルスイカというのもあるのでご利用してみて下さい。

またモバイルスイカはいつでも入金できるのが魅力的ですね。1000円単位で一万円まで入金可能で、上限は二万円だそうです。
suicaからモバイルスイカへ切り替えても、スイカに最初入れた預かり金は返金されます。