おもにオーディオ(真空管アンプ)と無線のblog。の予定。。。

2016年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近のコメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jr7xrf
読者になる
新スプリアスと今後の保証認定:まとめ / 2016年08月27日(土)
補足:一応整理できたつもりですが、今後も適時内容を修正する可能性あります。

JARDさんのスプリアス保証制度業務が始まるということで、実態調査や各種アナウンス、ハムフェアでのJARDからの業務紹介など騒がしく、気になっている人のブログ/掲示板が賑わってきています。私も新旧技適機器、昔のメーカー機器や自作機器、海外ベンチャーモデルなどを技適登録や保証認定依頼して使用しています。また、その登録時期も様々です。

ということもあり、ネット情報(各種掲示板、ブログ、JARL/JARD/TSSのホームページなど)を一通り眺めたうえで保証業務を行っている会社へ直接問い合わせましたので、その結果を整理してみました。

結論を簡略化してまとめると下記となり、今後も心配することはありません。
@旧技適機器/JARL登録番号品(抹消番号品含む)は保証認定で今後も登録使用できる。(送信機系統図もしくはブロック図提出と終段や電波形式は必要)
A旧技適登録や旧保証認定時期に登録した機器は、JARDのスプリアス保証機器一覧(2016年発表)にあればJARDにお金を払って依頼すると「そのままで」免許更新して使い続けられる。ただし、TSSの(JARDもやればできるはずであるがやらない可能性大)保証認定制度でも改めて今後保証申請をすれば登録可能なので、平成34年に関係なく今後も使い続けることができる。
B総務省(総通)から提示されている保証要領にはスプリアスの実測値の提示は要求されていない。

表現をもう少し詳しくします
<保証認定機器>
・「平成19年12月1日以降に」登録した保証認定機器はすべてそのまま平成34年以降も使える。
(自作、キット、海外製、JARL登録機種番号有無に関係しない)

・「平成19年12月1日以前に」保証認定で登録した機器は、取り替えて保証認定を改めて依頼して登録すれば使用できる。これは平成34年期限には関係なし。また、今後、平成29年12月以降も含めて新規保証認定を「いままでどおりの内容の申請方法で」可能。
(送信機系統図もしくはブロック図提出と終段や電波形式レベルの申請。)


<技適機器>
・「平成19年12月1日以降」は旧基準の技適効力がなくなっている。この為、平成29年11月30日以降は直接総通へ登録申請ができなくなる。また、過去総通へ直接登録した機器はそのままでの継続使用もできない。
ただし、前述の保証認定を受ければ登録できる。もしくは、対象機器はJARDのスプリアス確認保証業務を利用して届け出て使用できる。
 (144MHzの機器は技適基準が変更ないのでそのまま使えるかもしれないとのこと)

・スプリアス確認保証業務
JARDが新たに開始するスプリアス確認保証業務は、平成29年11月30日までに直接総通へ登録した旧技適機器と、平成19年12月1日以前に登録した保証認定機器(のうちのJARDリストにあるもの)を「そのまま継続」して平成34年以降も使用する事ができるようにする方法と理解しました。(登録済みの送信機が新スプリアス規定に合致していると保証する制度とJARD説明から読めます。)
「そのまま継続」がきもです。裏を返せば保証認定で登録しなおせば登録できます。JARDもこれまでどおりの送信機系統図レベルによる保証認定を行なう事もできるが、JARDがそれを選択(受け付ける)するかどうかはJARDが決めるでしょう、そしてユーザーがどちらを選ぶかという事のようです。

・補足
じゃあ、TSSが今後もこれまでどおりの書類のみの保証認定を続けることがダメであるかというとそんな事はありません。なぜならJARDが新たに開始するスプリアス確認保証業務も個々の機械の実測をするわけではないからです。(実際、JARDが2016年頭から実施したスプリアス実態調査で不合格となったはずの機種も可能一覧に載っています。私の提供したある機種がまさにそうなっています。また、過去から現在の保証認定について考えてもスプリアスを一台ごと実測しているわけではないので、過去も今後も経年変化については考慮していない事になります。)

一方、JARDが今後サービス開始する予定の有料実測サービスは何かというと、自分の持っている機器の実態をしたいりという人に対するサービスで、その結果をもって保証認定ではなく直接総通に登録することができるようにするサービスということだと思います。

私たちは好きな方法を選べるということです。よく言えば選択肢が増えた、悪く言えば混乱する。

・残る心配なこと
 将来法律が変わり(変えられ)、保証認定において1台ごと実測値が必須となること。
 TSSさんがなんらかの理由で業務を終えられること。

以上です。
 
   
Posted at 15:10 / アマチュア無線 / この記事のURL
コメント(0)
NHKに削除された天皇の「お言葉」 / 2016年08月11日(木)
−−−−以下とのこと−−−−−−−

 削除された天皇の「お言葉」の該当部分は以下の部分。

 「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な改革を行って、今日の日本を築きました。戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時の我が国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています。また、当時の知日派の米国人の協力も忘れてはならないことと思います」

現状の平和と民主主義、そして憲法を「守るべき大切なもの」とした護憲発言であり、さらには憲法を作った主語を「日本」とし「知日派の米国人の協力も忘れてはならない」と加えるなど、「連合国からの押しつけ憲法論」への反論ともとれる発言だった。しかし、NHKはこの部分だけをカットし、一切報じることはなかったのだ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
   
Posted at 23:53 / 思う事 / この記事のURL
コメント(0)
XF-8.9HC追加:FT-901DM / 2016年08月07日(日)
CWでの運用時にこれまでは、SSB用フィルタとWIDTHで運用していました。901はWIDTHがなかなかうまい具合に動作するので、それほど混み合っていないBandであればこれで十分?運用できます。ただやはり7MHzで混んでくるとさすがにちょっと厳しいですね。
ということで、CW専用フィルタを探していたのですがなかなか安価な出物が見つかりませんでした。このたび納得できる物が手に入りましたので追加しました。

やはり専用フィルタは帯域外の減衰量が違います。中心からはなれたところにいる小さな信号が邪魔をして聞きづらくなることが無くなり快適です。(あたりまえですが)

XF-8.9HC

ここに取り付けます

取り付けるところのジャンパー線は外します。

中古なのでまずは仮付けして動作確認します。

動作OKだったのでこんな感じになります。
 
   
Posted at 18:04 / アマチュア無線 / この記事のURL
コメント(0)
政治について / 2016年06月28日(火)
高校生に政治の授業をするのも良い事ですが、大人に政治に関心を持つことを授業(教えて)して欲しいですね。関係ない、分からないし、なんて言っている間に国民の権利を全て取り上げられないといいのですけどね。大人同士が政治や国の将来について語り合わない国。。。おかしな日本です。

「基本的人権、国民主権、平和主義は不要」と日本会議と現政権閣僚をキーワードで一生懸命調べると、この先の日本の危うさが理解できるんじゃないかなぁ。

数年後いやな予感が当たりませんように。。(個人的には後悔しないようにだけしとこう)


 
   
Posted at 23:34 / 思う事 / この記事のURL
コメント(0)
みなさんこれでいいのかなあ。ちゃんと考えた方がいいかもね。 / 2016年06月27日(月)
基本的人権削除希望らしい。あと、国民主権と平和主義も削除希望みたいね。

 
   
Posted at 00:26 / 思う事 / この記事のURL
コメント(0)
帰ってきた:FT-901DM / 2016年06月27日(月)
JARDの新スプリアス適合調査へ提供していたFT-901DMが返却されました。今回は事前の連絡なく届いたのでびっくりでした。とくに宅配業者さんが「これかなり重いです」と言われていたが印象的。そりゃーそのへんのPCよりは重いでしょうよ。。パソコンボの梱包で運ばれてたのでパソコンにしては重いなあと感じるのはもっともですね。

動作確認中
 
   
Posted at 00:04 / アマチュア無線 / この記事のURL
コメント(0)
40D / 2016年06月23日(木)






 
   
Posted at 23:39 / 写真 / この記事のURL
コメント(0)
捨てたくないもの / 2016年06月22日(水)
やっぱりこの辺で一応言っておくかな。。 絶対に捨てたくないもの=「国民主権、基本的人権、平和主義」=国民のための憲法。 自民党の安倍さんたちとは真逆です。
 
 
 
 
 
 
 
 
   
Posted at 00:28 / 思う事 / この記事のURL
コメント(0)
試し撮りの続きの続き?:40D / 2016年06月12日(日)
一枚目だけCONTAX+マウントアダプター、他はEF-S18-55mm F3.5-5.6 U USM使用。RAW保存+編集。

クリックで拡大サイズ





店長眠そう。。
 
   
Posted at 00:10 / 写真 / この記事のURL
コメント(0)
試し撮りの続き? / 2016年06月11日(土)
「EF-S18-55mm F3.5-5.6 U USM」は以外と評判が良いみたいです。後継の手振れ防止機能付よりもよいみたいなのでこれまた嬉しい。ということで、試し撮りが続いてます。夜の街で撮影したけど広角側なので手振れ防止機能は不要ですね。

クリックで800xへ拡大






 
   
Posted at 22:18 / 写真 / この記事のURL
コメント(0)
P R
月別アーカイブ
  | 次へ  
 
Global Media Online INC.