室井の石垣

May 26 [Thu], 2016, 13:05

ミニチュアダックスフンドの類は小さい犬なので、見た目は子犬のような感じで可愛いものの、しつけをする時は怠らずに子犬のころから取り組むべきでしょう。

ポメラニアンについて言えば、おもらしをしつけましょう。ポメラニアンという犬は、異常に喜んだり、緊張気味になったりすると、粗相するケースさえあるといいますから。

一般的に柴犬は頭が良く、加えて我慢強いかもしれません。トイレをしつけるようなときもすぐに覚えるのはもちろん、覚えたら、きっと忘れたりすることはないようです。

基本的に柴犬のしつけのトラブルでよくあるのが噛み癖ですね。成長してからでもいいものの、できることなら子犬の時からしつけるということに異論はないんじゃないでしょうか。

日本に限らず、犬好きな方に支持されて飼われているチワワについては、ちゃんとしつけができないことから、お手上げ状態のオーナーの方たちがかなり多いというのが現実らしいです。


散歩の最中にも、しつけ訓練は出来ると思います。信号などでは、「お座り」「待て」といった命令の訓練をできるほか、歩いている途中に停止して、「待て」の訓練といったものができるでしょう。

一通りのしつけやトレーニングなどはやるべきで、そのような正確なしつけにより、特にラブラドールは見事な愛すべき犬に育つと言われています。

よく、チワワのしつけの問題に、吠えて騒ぐ、ということが言われ、外で周囲の人とか、犬などにひどく吠える行為をするなど、しつけが欠けている犬がいるようです。

特にラブラドールの類は色々と習得し、飼い主のしつけが上手いと、かなりの可能性を誘引できる、とても素晴らしい愛犬であると思われています。

飼い主の言うことを聞く犬と散歩をすれば、もちろん一目置かれます。また、他の飼い主さんにしつけのコツを披露したりしたら、それだけで相談役になるのは間違いないでしょう。


散歩に行ったり、餌の時間、愛犬にとって楽しい時間やイベントはご褒美なのですから、上手に利用して犬にとってのイベントの前にトイレのしつけ訓練をトライしてみるのも効き目があります。

犬が噛むというのは、100パーセント近く威嚇や体罰を含んだしつけ、自分勝手を許したための犬と主人との主従関係の逆転が原因でしょう。あなたは、甘噛みしているのを許していたのが原因とは考えられませんか?

ふつう、子犬は見返りを求めて鳴くことが多いです。かと言って、過度ともいえるしつけをしてしまうと「威嚇咆哮」を始めるケースだってあるみたいなので、やり過ぎてはいけません。

概して、ルールに沿ったスポーツ競技は、ラブラドールをしつけようという時には適しているようです。オーナーとラブラドールがそれぞれ主従関係を作りながら、とてもたくさんのことを学べると思います。

共同生活するには、しつけをすることがとても大切です。チワワに関しては、充分に過保護にすることでしょう。愛情をもって接するようにして、しっかりと可愛がるようおススメします。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フウマ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jr5maugeewgkra/index1_0.rdf