クラブの進歩によりレッスンも楽になったようです 

2013年06月18日(火) 10時05分
ゴルフスイング、昭和の時代と現代ではかなりの違いがあるように見受けられます。


やはり21世紀になり、ゴルフ用品の完成度がどんどん増して来たためと思われるのです。


簡単に飛ばせるようになり、更に飛ばすにはクラブのヘッドスピードを上げる、無駄な動きを禁じるようなスイングが今流行りの形のようです。


昭和の時代、杉原輝男さんや尾崎将司さん、青木功さんのようにトップクラスの選手にはどこかクセのようなものがありました。


そのことが、他の選手には真似の出来ない独特な雰囲気を作り出してもいたと思うのです。



ですが今は、誰もが同じスイングになり特徴がなくなってしまったのです。


そんなことからゴルフレッスンも似たような教えにもなっているようです。


誰もが同じスイングをするでなく、その人の個性を伸ばすレッスンもあれば良いと思うのです。


ですが、やはり教える方は、自分の形にとらわれていて、個性は死んでしまっていると思われます。


レッスンも個性派を教えるものがあって良いと思うのです。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jpeie2
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる