新東名も怖くない

November 12 [Mon], 2012, 20:44
現在の愛車、三菱RVRが来てから、3月で3年になります。
当然、搭載されているカーナビも同じだけ経っていますが、実は地図データの更新をしておりません。
新しい道路が開通するのは珍しい事ではありませんが、新東名という大物が出来た事だし更新ってどうやるんだろうで早速調べてみました。
私が使っているのはクラリオンのSDDナビNX309。
どうやら、SDカードによるインストールとなるようです。
この機種だとこれかえぇっこのデータって、こんなに更新少ないのバージョンアップ内容Gracenoteデータベース更新11年2月現在道路情報更新10年9月現在ハイウェイ情報更新10年9月現在有料道路情報更新10年9月現在施設検索データ更新10年11月現在一部のジャンルは09年10月現在交通規制データベース更新10年9月現在データ内容は、なんと2010年とか、新しくても2011年現在。
毎月という訳にはいかないにしても、せいぜい半年に1回くらいは更新されているとばかりNX309はその名のとおり2009年モデルですが、するとこの中身のデータすら、2009年現在とは限らないような∋第一、新東名開通は2012年4月、この更新をした愛人ところでまだ開通前。
まさかこんなに更新がトロいとはMAPIONでもMAPFUNでももっと素早く更新されていますから、データベースの更新自体、そんな1年以上かかる訳でもないでしょう。
それを製品として流通させるのに、期間がかかるのでしょうかそもそも、今時SDカードでの製品販売ではなく、セキュリティソフトのように、その時唐ナの変化分だけ差分ファイルという形で有料ウンロード出来ないものか。
これならもっと短いスパンで更新出来るでしょう。
何処のカーナビもこんなものそんなこんなで更新の熱意が猿U霧消してしまいました。
昔のように道路地図をひろげれば済む話ではありますし。
カーナビはそうだとして、ETCにもちょっと一言。
渋滞を減らす為にETCが始まって、恐らく10年くらいでしょう。
しかし料金所を見る限り、未だにETC一般のブースが同じくらい有るように感じます。
カーナビ同様、ETCも使い始めたのはRVRからなので、私も3年弱しか使ってない訳で、あまり偉そうには言えませんが、そろそろ非ETC車を減らしていくような状況をつくっていくべきではないでしょうか。
ここら辺りでは、駅の自動改札機もSUIKA、PASMO専用が増えています。
と言って、料金所の一般ブースを減らすのは、そこから渋滞が伸びていく元なので、慎重に考える必要が有るのでしょう。
しかし、京葉道路には4つのブース両端が一般、中2つがETCという料金所が有ります。
一体これにどういう意義が有るのかどちらか一方に寄せるべきでは一般ブースの数は、渋滞を極力生まない為に検討された数だと思いたいですが、こういうのを考えると、何も考えていないのではという気もしてきます。
新しい道路を造るのも、車線を増やすのも重要ですが、こうした改善でも、多少なりはクルマがスムースにクルマが流れるようになるのではないでしょうか。
写真は、先日到達した29000kmジャストのトリップメーターです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jpe1i9wu1l
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jpe1i9wu1l/index1_0.rdf