趙容弼(チョ・ヨンピル)第19枚目のアルバム「hello」の販売を11万枚

October 22 [Tue], 2013, 15:03

同社によれば幸運娯楽は6日の発表によると、同日午前、「帝王」趙容弼(チョ・ヨンピル)氏(63)の第19枚目のアルバム『ハロー』の発売から13日にだけ販売量11万枚を突破した。早期に公開した「原題(bounce)と『ハロー』を総なめして各音源造り酒屋にした後、アルバム販売も良い成績を残しました。
绍介によると、「hello』が、発売の23日、初の2万枚売れていた、ブランドコピー代引き2日後に迫った25日、第2陣の1万张也完売し、今月2 ~ 6日に製作された4万张一hareが売り切れた。「hello』を担当していた流通とが発行したuniversal music group社は、卸売り・小売り業者と企業の相次ぐ注文だけでなく、趙容弼(チョ・ヨンピル)が5月末で開かれる全国ツアーであるため、アルバム販売量は引き続き増える展望だ。
発売は、10年ぶりのニューアルバムが爆発的に赤くて、趙容弼(チョ・ヨンピル)から23年、各テレビ局音楽番组で優勝を獲得した。趙容弼(チョ・ヨンピル)は今月1日、3日と4日、mbc音楽チャンネル、スーパーコピーブランドkbs第2ラジオの音楽番组やmbcの音楽番组のランキングで首位となった。趙容弼(チョ・ヨンピル)の所属事務所によると、アルバムの製造工場は、昼夜を問わず生産の歌を皿になったにもかかわらず、供給不足だった。
一方、趙容弼(チョ・ヨンピル)は8日、mqs(mastering quality sound、高解像度の音源)専門サイトgroovers公開第19枚目のアルバムのmqs音源だった。