"は損をしますか?ない事のかばん"

June 05 [Wed], 2013, 17:31
服装大家ジバンシーは恩師のケリーとストーとベルに代わってことがあるか巴倫が夏プラスして回顧展を準備する時、メディアの取材を受けて、取材の中で彼は現状の大いに不満な"ファッションに対してすでに融通がきかないで、今のファッションの家は部品に頼って(寄りかかって)ただ継続してかばんを命じるだけ。連香の柵が美しくて大通りのファッション名店を捨てて、すべてファッションの名に掛かるので、実際的に孚袋の革靴のかばんを売っています。"
このような観点、自然とジバンシーの大家の20世紀の40年代中期〜60年代の初めのこの高級のオーダー制のファッションの全盛時期に対する懐かしさの上でかばんに基づくのです。
あれらの輝かしい歳月の中で、高級なファッションは毎年4.87億ドル(価値が今の35億ドルに相当する)の販売高があって、総計すると2万人の高級なファッションの取引先がいて、53の登録する認可のファッションの家のかばん。しかしよいことは長続きしないで、1993年まで、高級なファッションは毎年販売高はγ10をわずかに残して、すぐ4870万ドル、総計すると2000人の高級なファッションの取引先がいて、その中の活発な取引先の300名だけ、ファッションの家の21だけかばん。2005年、女性を注文して作らせてデザイナーに従っていやいやながら何人(か)10だけあって、業界は販売量の2000万ドル足らずのかばんを予想しています。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/jpbagbag04/index1_0.rdf