朝ごはんの空気を見つけにいく 

2006年12月23日(土) 23時00分
料理スタイリスト堀井和子さんの本です。

どんな朝ごはんを食べているのかというアンケートから始まった本。
まだ読みかけですが、トーストが無性に食べたくなりました。
一人暮らし始めの頃は、朝は食パンを食べていたのだけど、
ここ数年は、朝はご飯か、パンでも菓子パン、デニッシュ系のものばかり。
久しぶりに、トーストしたパンにバター、美味しいジャムでの朝食もいいなぁ〜

そして、やっぱりデュアリットのトースターが欲しくなってしまいますね。
値段は、結構高いみたいだから、
何かの機会がなければ買えそうにないかな。
しかも、うちにはトースターがない!
オーブントースターで焼いても、焦げ目がちょっとしか付かなくて
なんとなく物足りない。
カリッとした感じのトーストが食べたいですね。




冬至 

2006年12月22日(金) 21時38分
久しぶりの更新。

今日は、冬至です。
大好物の南瓜を食べて、柚子湯に入る日。

南瓜を自分で煮ようかなと思っていたけれど、
最近料理する気がわかなくて、面倒なのでデパ地下で購入。
きちんと器に持って、しばらく使っていなかった急須も出してきて、
なんだかいい感じになりました。




そういえば、ちょっと前に大学芋作りました。
黒ゴマ切らしていたので、白ゴマで代用。
なんか雰囲気違う。

ここに地終わり海始まる 

2006年12月15日(金) 22時17分
宮本輝さんの本は、数年ぶりに読んだ気がします。

ポルトガルのロカ岬から出された一通の絵葉書に書いてあった、
「ここに地終わり 海始まる」という石碑に刻まれた言葉。
この言葉によって、結核に苦しんでいた一人の女性が奇跡的に回復をし、
そこから彼女の人生が始まっていく・・・・・。

ヨーロッパの最西端にあるロカ岬、
もちろん行った事はないけれど、そこに立って、
海を見渡せばきっとこれから新たな道が開かれていくだろうって、
理屈抜きで、本当に心から感じるんだろうなぁって思います。

人が、心を動かされる事って、
本当些細な事だったりしますよね。
いくら理論的に理解しようとしても、
そこにある無防備な自然を目にしただけで、
すべてがリセットされてしまうような・・・・。
そう考えると、人生って結構単純なものなのだなって
楽観的に考えてしまいます。




ウバ 

2006年12月09日(土) 21時44分
ちょっとクオリティーシーズンがづれてしまったけれど、
ウバのエズラビ クオリティーを買いました。

ルピシアでは、ウバ ハイランズクオリィテーの方を買っていたのだけど、
ウバ特有のサロメチール香が私には強す過ぎる気が。
蒸らし時間を短めにして飲むと、美味しかったです。

それにしても、最近ルピシアは紅茶より緑茶の占める割合が多くなって
きているように感じます。
ネットで見ると、たくさん種類あるのに・・・・。






停電の夜に 

2006年12月06日(水) 22時01分
ある方のブログで、この本が面白かったと書いてあったので、
読んでみました。

作者は、ジュンパ・ラヒリ。
両親共にインド人で、幼少期に渡米しているそうです。
アメリカでは、注目されている作家でピュリツァー賞受賞しているようです。

9つの短編集だけど、
どれもインドからアメリカに移住してきたインド人の生活について
詳細に描かれています。
食べ物では、クミン・カルダモンとかスパイスの名前がたくさん。
マサラチャイが飲みたくなります。

「停電の夜に」
あるインド人夫婦、子供を流産したことから、
お互いに溝が出来始める。
気づかないふりをして毎日をやり過ごしている中、
5日間だけ、午後8時から1時間停電になる。
ロウソクを灯しながら、夕食をとる時間。
お互いに、過去の隠し事を打ち明けようと妻が提案する。
夫の母親に会うのが嫌で、嘘をついて友人と会っていたとか、
もらったプレゼントを返金して、お酒代としたとか・・・。
毎日の打ち明け話が日課となって、なんとなく楽しみすら感じるように
なった頃、工事が予定より早く4日間で終わる。
5日目、明かりをつけた中で妻が打ち明けた話。
別々に暮らそう・・・。

なんだかとても哀しい気持ちになりました。
二人の仲は、きっとずっと前に終わっていたんでしょうね。






カフェイン抜き 

2006年12月03日(日) 21時57分
なんとなく昔から、コーヒーは一日一杯って決めています。
私の好きな飲み物、コーヒー、紅茶、中国茶。
どれもカフェイン入っている・・・。
ハーブティーは、なんだか好きになれなくて手が出ない。

ミネラルウォーターが、どうしても好きになれないけれど、
炭酸水は大好き。
いつもは、ロケッタというイタリアの炭酸水を飲んでいるんだけど、
久しぶりにペリエを買って見ました。

炭酸がちょっときつかった・・・。




生ハムとほうれん草のアーリオ オーリオ(いわゆるぺペロンチーノ)
の予定が、パスタが切れていてペンネで代用。
なんだか変

中国茶の思い出 

2006年12月02日(土) 22時00分
中国茶の美味しさに今更ながら目覚めています。

数年前大阪で、友人に誘われて参加した中国茶教室。
その時も、「なんて美味しいんだろう!」って感動したはずなのだけど、
それっきりになっていました・・・・。
中国茶より、紅茶に惹かれていたからかな?
思い起こせば、その時の中国茶の先生は、
とっても可愛くて、関西弁で言う「ほっこりする」という表現がぴったりな
素敵先生だったなぁ。
中国人の先生でしたが、日本語(きっとすごい勉強したのでしょう)
も上手だし、きれいで、さらに自分の好きな事:中国茶について熱心に勉強していて、
常に向上心を持ち続けて努力している姿が印象的でした。

最近、どうも仕事でも壁にぶつかりつつあるような・・ないような。
なんとも言えない状況にあって、
物事の見方を変えれば悪い面だけではない事はもちろんわかっているし、
そうなるだろうって予測していた自分もいる。
でも、またまた別な角度から見ると、大丈夫なの?って思わなくもない。
難しいですね・・・・物事の捉え方って

ちょっと、話がそれてしまったけれど、
何か考えなければいけない事や壁にぶつかった時に、
今まで出会った人達、あの人ならどうするだろう?って思い出す人達が
何人かいます。
前述の中国茶の先生、たった一度しか会っていないのだけど、
思い出す人の一人なのです。



                     ★「東方美人」★
 ウンカという茶葉に発生する害虫に噛まれる事で、
 甘みが増すと言われている。紅茶に近い、高発酵度のお茶。

風邪? 

2006年11月30日(木) 23時54分
ここのところずっと喉が痛いなぁと思っていたら、
風邪なのか?久しぶりに熱が出ました。

最近、忙しくて食生活乱れていたのを反省しました。
買い物にも行ってなかったので、冷蔵庫にあるもので・・。


鮭はらすの炊き込みご飯、小松菜と揚げの煮浸し、卵焼き。




偶然 

2006年11月15日(水) 21時20分
昨日、ふと思った事。
会社の同期Oが、二人目の子供を出産したのに、
まだお祝いあげてないな〜、他の同期に連絡してみようかな・・・・。

会社の帰り道、信号で待っていると、
正面に連絡しようと思っていた同期Sが。
Sは、その1時間位まえに同期Kと電話で話しをしていたみたい。
Kが、ちょうどアメリカから帰国しているとの事。
さらに、Sは先日に他の同期Nにも出くわしているらしい。

なんだか、不思議な繋がりを感じずにはいられなかったです。
これは、もうみんなで集まるしかないですね


気になっていた、「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」の小さいバージョン?
「ジョニ男」の豆腐。↓
                                                                          
★京都男前豆腐店HP★

大きさの割には、高いけれど味は、最高!プリンみたいにつるんとしています。
私は、ポン酢と七味唐辛子で食べました。
                     ↓

      本日の夕食:タラのムニエル(失敗したかも)、ジョニ男のお豆腐。







羊をめぐる冒険 

2006年11月13日(月) 21時16分
村上春樹氏、フランツ・カフカ賞受賞したんですね。
書店の店頭で、たくさん春樹氏の本が並べられていて、
迷ったあげく、これを選択。

この人の小説に登場する人物は、
どことなく共通するものを持っているなぁと毎回思います。
例えば、学校のクラスなんかで言うと、決して目立ちたがり屋ではなく、
外見もきっとそれほどハンサムではなくて、
身長、体重も標準。
口数の少ないタイプなんだけど、自分の好きな世界をきっちりと持っていて、
ちょっと皮肉屋。
でも、きっと好きな女の子には誠実なのだろうけれど、
愛情表現は乏しくて、誤解されやすいといったような。
自分の学生時代にも、そんな男の子いたような、いないような。

この作品の中で、羊を探して北海道にやって来て、
札幌のドルフィンホテル(=いるかホテルと呼んでいる)という所に、
主人公の僕が泊まります。

「いるかホテル」に、私泊まった事があるのです!
でも、札幌ではなくて、確か知床だったような・・・
記憶が曖昧だけど、道東旅行に数年前行った時に泊まりました。
もちろん作品の舞台とは関係ないと思いますが、
もしかするとホテルのオーナーは、春樹氏のこの小説を読んでいたのかな?
なんて、ふと懐かしく思いました。
とっても良い感じのホテルだったのは、間違いありません。







ジャスミンティーと、肉まん。
紅茶、珈琲ばかりなので、たまには中国茶も。

2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像■小林麻央 処.女説はやはり嘘だった?!モトカレ流失カーセOクス動画が存在した!!
» 朝ごはんの空気を見つけにいく (2010年05月18日)
アイコン画像watermelon
» トラットリア トレンタ (2006年09月22日)
アイコン画像Rico
» トラットリア トレンタ (2006年09月21日)
アイコン画像watermelon
» ビシソワーズ (2006年08月26日)
アイコン画像サナ
» ビシソワーズ (2006年08月25日)
アイコン画像eriko
» 旅行準備・No1 (2006年08月03日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jp984485
読者になる
Yapme!一覧
読者になる