SLSはおうちで観ました。 

September 25 [Mon], 2006, 22:05
メンツの取り合わせが微妙すぎて悩んだ末、SBDとブンブン
観たさに決心したものの、スペシャのチケ優先外れて
「いいや、別に。中継見るさ」と一気にトーンダウン。

お天気も良かったので「少しでも野音気分を」と
・窓全開(迷惑)
・音量上げ(迷惑)
・昼間から発泡酒w で攻めてみました。

へー最初がレミオロメンかー
そういえば生演奏って某J-WAVEイベの中継wでしか
観たことなかったなー(こなぁ〜ゆきぃ〜)

----------------(以下大幅に自粛w)----------------

バタードッグの時間前に観戦再開。
うーんと、私の知る限り永積さんのこと知ってる人はみんな
「バタードッグを本腰入れてやって欲しい」と言ってるけど、
そういうのって本人には伝わらないものなんですかねw
伝わってても自分のやりたいこと(タイミング)はそれとは
別だから…ってことなのかね。
(妹とこんな話をしてたら「ベンジーみたいなもんかねw」と。笑えん)
だって、バタードッグいいじゃん!
少なくとも私はハナレグミやohanaよりバタードッグが観たいぞ!
と改めて思いました。
エンターテイナーとしても力あるよなあ…。
あんまり知らない人が観てても楽しめるよね…。
今年の夏フェスにも出て欲しかったな。

次はブンブンなわけですが、バタードッグを観てる最中に
親に買い物を頼まれ、バタードッグ終わりから猛ダッシュで
7分で帰宅w

この流れでブンブン…なんか浮きまくり。
事前予想より踊ってる人はいたけど、踊りまくる人が
いればいるほど、周りのポカーンぶりが目立つww
でも1曲目「MOMENT〜」のニューアレンジは良い!
ブンブンのライヴはこれが醍醐味といっても過言でない。
ま、その後は予想通りの選曲(タイアップ多め)…時間も短いしね。
ブンブンの2人もなんかアクション大人しめで
「空気読んだな」 と笑ってしまった。
でもまあ、叩きつけた!って感じで良かったかも。
ライヴ後のインタビューの噛み合わなさと二人の瀕死の
表情が可笑しいというか物悲しいというか、複雑でしたがw
こうなるとソナーの「EXCLUSIVE SET」なるものが気になって仕方ない。
やっぱり行こうかな…あと決まったライヴCDJしかないし(苦笑)。

その後は一瞬だけ元ちとせ観てTVも録画もストップw
ラストにセッションあるらしいとは知ってたけど、
まさかブンブンが出るわけないし。
(もちろん不在だったそうで。出てくれても面白いのと
痛々しいのが半々だw)

えーと、家観戦で充分でした。

クラシック日和 入門編 

September 21 [Thu], 2006, 13:03
最近の愛聴CD↓
フランソワ:ラヴェル「逝ける王女のためのパヴァーヌ」
「亡き王女〜」(訳違い)の聴き比べのために購入。 「水の戯れ」なんかも入っててお得。
「古風なメヌエット」もいい。「マ・メール・ロア」はこれから。
でもこの人って結構特異な演奏する人らしくて、初心者が聴くには不向きだったかも。

カラヤン:ベートーヴェン「交響曲全集」
指揮者もオケも演奏者もよく知らないのでとりあえずカラヤン+BPOという超メジャーを。
全曲聴くのに相当時間掛かった。(CD5枚だしね〜)
実はベートーヴェンかなり好きだということを知った。

「ファンタジスタ!モーツァルト」(タワー限定)
特にモーツァルトが好きということもないが「熱狂の日」行きそこねたし記念に買っとくかと
いうことでこれ。他にもボックスものは多数あったが、「○○な日に聴くモーツァルト」的な
編集のものは好みでないので比較的マシなこれにしてみた。
結果→どっちにしろ聴きにくい(苦笑)。
曲がまとまって収録されてないので、適当に選んで聴く。

なんでクラシックにハマっているかというと、いわゆるポピュラー・ミュージックがここのところ
なんとなく退屈で…。知らないところにはいろいろ面白いものもあるんだろうが。
最近いいなーと思うのはファレルくらいかなー。
なにかいいのあったら教えてください。

「サイト作り直す」と宣言してから数ヶ月。一歩も進んでません。 まだまだ暑いんだよな〜。

1ヶ月以上ぶりだけどただのメモ 

September 20 [Wed], 2006, 17:17
渋谷公会堂が「C.C.レモンホール」へ−命名権導入

おなじみネーミングライツ。お金を払うとはいえ、節度というものはないのか。
味スタの次にヒドイ名前w

第75回日本音楽コンクール本選

演奏の良し悪しを勉強したいし安いしオペラシティ好きだし行こうか迷い中。

Canon IXY DIGITAL 800 IS(デジカメ)

長年使ったデジカメがとうとう寿命っぽいことが妹の三都物語旅行(出張含む)により判明。
買おうか迷い中。

パイオニアDVR-540H(DVDレコーダー)

いい加減ビデオテープの山がうざったいので物色。安い割りに良さそうだし
前の会社の人から「シャー○はやめとけ」とか聞いてたしソ○ーはタイマーあるし
これに決めようか最後の悩み中。

吾妻ひでお オフィシャルサイト

「失踪日記」「うつうつひでお日記」は何度も読み返してる愛読書w
これまでサイトの方は見てなかったけど、「スケジュール」(テキストのみ)が
そこはかとなく「うつうつ日記」っぽくて面白い。

それにしても 

August 15 [Tue], 2006, 0:34
やっぱり入り切らないなー。
文章が(笑)
あ、そういやお盆休み中(いつまで?)にサーバ移転しますので、
一部ユーザの皆様、よろしくお願いします。

**********************************************

追記 2006-08-17
移転前に込み入った作業をしなきゃならないことが判明しました(苦笑)
移転はちょっと先になります。

Summer Sonic 06に行ってきました その3 

August 15 [Tue], 2006, 0:31
MASSIVE ATTACK(山)
観た中ではまごうかたなきベストアクト!
いくら「最近陽性でポジティブなのが好き(はあと)」とか言った
ところで、「出はネクラ好き」ということを思い知らされました(笑)
サマソニって、どうも表層的にアクティブでポジティブで
勢いのあるアクトが多いので、全体的にそんなイメージになりがちですが、重みと深さが段違いでした。
フジの時のような電光掲示板(?)は無かったけど、バックの
LEDがその代わりを果たしてました。
それがまた、派手じゃないのに綺麗なんだー。
陰鬱な音とのコントラストが美しくて。
暗いし、重いし、「祝祭」とはかけ離れた最後のアクト。
そのあまりの素晴らしさ、構築力に眩暈がしました。
反戦等のメッセージ性も強いけど、私が心打たれるのは、メッセージの
強さじゃなくて、その姿勢がどこまで真摯か、愚直なまでに
貫いているかなので、その思いに本当に胸が苦しくなりました。
アンコールの手拍子よりも、心からの拍手を贈りたい気持ち。
(アンコールは無し。押してたせいもあるかな…)。

で、この後が大変だった!
フジの帰りに「あー現実に戻りたくなーい」なんて呟いたりするけど、
サマソニの「強制引き戻し力」は凄い!
帰りの電車でもう目が覚めますから(笑)。
MASSIVE ATTACKが時間的にラストアクトで、人もそれほど
沢山居なかったので、大分人も引けたかと思いきや、本番は
これからだった…。
海浜幕張駅は大パニック状態。
なんとか改札を通ったものの、ホームに上がれない。
ホームに上がったところで電車に乗れない。
一瞬反対方面(下り)に乗って、再度方向転換という意見も
出ましたが、この辺りの交通事情がよく分からないので、不安。
改札を出てタクろうとしてもタクシーが来ない。

ウロウロした挙句、仕方なく一度駅に戻るとちょっと空いてきていたので、
許容量ギリギリの電車に乗り南船橋駅まで出る。
ところが、今度は南船橋から西船橋への電車に乗れない。
(満員御礼)
船橋駅からサマソニ客も少ない総武線周りでやっと帰ってきました…。
その頃にはライヴのことなんてスッ飛んでます。

あ、今回もハイネケンのボトルは大活躍しましたよ(はあと)。
客導線も今年もまったくもう!でしたが、これはあそこでやる以上
仕方ないような気もします

Summer Sonic 06 に行ってきました その2 

August 15 [Tue], 2006, 0:30
休憩
メッセ内、ブンブンの前は、人いなかったです。
まるでフジ・レッチリ時間のオアシスのよう(笑)。
ところが、ブンブン後からどばーっと増えた。
フジで食べなかったサワディーでなぜかバジル豚肉ごはんを
食べました。

ANDREW W.K.(音)
ほんの5分ほど(笑)
正直、よく分かりませんでした。
いい人そうなんだけどね…兄貴。

この辺で、野村よっちゃんの番組の公録に出くわして、
シナロケの鮎川さんを観てます(笑)
カッコ良かったー。
あとローリーとよく知らないHR系の人。
全員ギタリスト(野村ギター商会?)。
セッションあり。

ARCTIC MONKEYS(山)
これまでマンドゥ、カサビアンと裏切られ続けてきた注目新人(?)枠!
初めての当たり?(笑)
もちろん入場規制に備えて早々とスタンバイしました。
前半はもひとつな感じで、「ああ、また外すのか…」と一瞬
思いましたが、尻上がりに良くなったと思います。
まあ、単純に楽しく観れました。

BUCK-TICK(音)
もう、これを観たということ自体がネタっぽですが。
まあ、実は今の私を作ったうちのひとつということで。
時間もあったので。
泣けるくらい人が少なくて、時の流れを感じました。
知ってる曲なんて皆無だろうと思いきや、2曲ほど演奏されて
ちょっとノスタルジイ。
いろいろ思うところありでした。
ちゃんと観たのは正味10分くらいでしょうか(笑)。

(本当はMUSEを観る予定だったんですよ…。アルバム試聴したら
良くってねえ…でもいろいろあってやめました。結構後悔してます)

しばらくぼけーとした後、タイラーメン(またサワディーだ。
これを食べないとフェス感に欠ける)食べたりポテト食べたりして移動。
(このくらいの時間もメッセ内ガラガラ。リンキンが凄い人だかり
だったそうです。なぞ。)

つづく。

Summer Sonic 06 から帰ってきました。その1 

August 15 [Tue], 2006, 0:28
…。

…一応デジカメ持ってたんだけど、後で見たら
ちゃんと写ってるか微妙だったので(未確認)、
とりあえず簡単に。

サマソニに行くのは3回目(全部1日参加)だけど
「フジってやっぱりいいなー」と思いました。
これどっちが上かではなくて、「自分に向いてる」
という意味です。

毎回言ってるような気もするが(笑)
サマソニにも観たいアーティストが結構出るので
毎回釣られる(笑)

サマソニで唯一フジに完勝してるのは来日速報出すところですね(笑)
否応なしにあがる。
(KEANEドタキャンはファンが可哀想過ぎましたが…
KEANEがどうこういうより、もっと早くアナウンスできなかったの?)

今回はこんな感じで見ました↓

海浜幕張駅到着。
トイレに寄って、メッセ直行。
(諸方面からの要請によってエルレを(頭だけ)見る筈だったが
前日の大阪+RIJFの評判があまりにも悪い&暑過ぎるので回避)
大阪での規制情報を得て、規制掛かりそうなブンブン、アクモンを
軸にスケジュール練り直し。

BOOM BOOM SATELLITES(山)
客のノリが好きじゃない。ええ、もう凄い人の多さでしたとも。
ペットボトルもガンガン飛んでましたとも。
さすがサマソニクオリ(ry)
あと、なんだかステージ上も淡々としてたような気がします。
アンコールもなく(つーか昼間だけど)淡々と終了。
収穫は「川島さん歌えるようになったなー」(コレは今年に入って
ワンマンでも思っていたこと。フジのDVDと比べると差が凄い)
と再確認したことと、近くに昔のPっぽいお姉さん(ゴメンナサイ)
がいて、カッコよかったことか(笑)。
同行のMこ曰く「シーナ(&ロケッツのシーナ)っぽい…」
ええ、私もそう思いました、なんつーかファッションといい、
動きといい、ちょっと古くて(笑)。

あ、ブンブンの前にエルレをメッセのモニターで見ました。
まるでワンマンのような盛り上がりっぷりでした。
何ひとつ心動きませんでしたけど。

つづく。

BOOM BOOM SATELLITES at SHIBUYA O-EASTに行ってきました 

June 10 [Sat], 2006, 23:40
▽もう2日前ですけど。

▽タイミング悪く体調イマイチであまりの混み具合に
恐れをなしてバルコニー(安全地帯)にいたとはいえ、
スタート前から既に汗だく。

▽始まってみたら約2時間容赦なしのアゲアゲの
ノンストップ、踊りっぱなし。
(いつもより長くアゲ つーかライヴ自体がいつもより長い)

▽空調は入ってるのに、酸素がなかなか来ない。
中盤辺りにはもうひとっ風呂浴びたような状態。
Tシャツびしょびしょ。
(去年のフジのソウルフラワー以来の発汗量)

▽セットリストは大体予想通り、珍しくWアンコールもあり、
それにはちょっとビックリ、でも曲は予想通り。

▽既存曲もまたまた更なるライヴアレンジ済み。
新曲(「ON」収録の曲だが)も、ライヴアレンジ。カナリカコイイ。
久々に「DIG〜」聴いたけど、これも他の曲に合わせた新アレンジ。
これだけアレンジ重ねられると初期ヴァージョンが恋しい(笑)。

▽「ON」の曲でライヴでやりそうな曲は大体網羅。
でもいつも思うのが、リリースツアーで一度も演奏されなかった
曲って、このまま(ライヴ的には)お蔵入りしてしまうのよね。
聴きたい曲、結構あるんだけど。
ツアーで演ってもその後消える曲も多いし。勿体無い。

▽川島さんの黄色いクツが可愛かった。髪カットしてました。
二人とも格好はフツー。
中野さんはやっぱり髪短い方が似合うので切って欲しいという
意見で一致。

▽暑さ以外は快適で楽しかったけど、下のフロアはフロアの形ごと
ゆっさゆっさ揺れてて、床が抜けるんでないかと思いました。

▽見続けてきて良かったなーと心底思うライヴでした。
それにしても川島さんのLvアップ度が際立つ。
「ON」聴いてみて「これまでで最高潮にヴォーカルの比重が
多くて最高潮に音域が高いけど、1ライヴもつのか?」などと
失礼な不安を覚えたことをお許しください。
(最後はやっぱちょっと苦しげだったけど)
思い返すと、やっぱり私が観始めた99年頃って、存在感が
弱かったのね(笑)。

▽次のコーストも楽しみすぎる。
実はもう1箇所くらい行きたいくらい。
早く夏フェス発表しろ。

▽フジオフィシャルDVD発売も嬉しい。

8位 

May 23 [Tue], 2006, 9:54
最近は、一時期電車の遅延があまりにも酷かったので
早く出勤してます。
それを利用して朝ログインしてみたり。

BOOM BOOM SATELLITES「ON」、ウィークリーでは8位のようです。
ORICON STYLE
でも初動は(増えてはいるけど)前作とあまり変わらないので、
リリースタイミングが良かったとも言える(笑)。
大型新譜はレミオロメンしか無かったもんねー。
いや、それでもタイミングだけではトップ10には入らない!
おめでとうございます。だね。

と、mixi日記とまったく同じ内容を書いてみました。
そういえば、先日のdip / COTD@LOFT、mixiを見る限りでは、
dipの面々にとってもいいライヴになったようで、行った一人としても
とてもうれしいです。dipやる気も出てきたみたいですね。
qybもヨシノさんの別バンドもいーけど、やはりdipだろー?と思います。
ナカニシさんの動向が気になるが…(苦笑)。不穏(笑)。
さすがにmixiネタはmixiには書きにくいのでこちらに。

Sigur Rosレポやっと完成(名古屋のみ) 

May 08 [Mon], 2006, 22:41
1ヶ月以上経過してますけど(笑)

久々に超長文になったので、ブログではなくページを作りました

とりあえず名古屋だけなんだけど、AXをこの分量書く予定は無いです(笑)

Sigur Ros in Japan 2006 名古屋レポへ