誰かのお役に立てたなら。

April 20 [Sat], 2013, 1:47
うちのおとうは82歳。
自他共に認める「万年青年」だったおとうは、
去年おっかさんに突然先立たれてからというもの、
すっかり意気消沈して病気がちになってしまった。

1ヶ月の入院を経ておとうは今有料老人ホームにいる。
おとうと密接に関わることによって、
今まで他人事だった老人をめぐる問題が、
痛いくらいの現実味を持ってわたしに一挙に襲い掛かってきた。

おとうに対しては常に善後策を考え続けている。
でも、この5ヶ月実は失敗に次ぐ失敗の連続だった。
「ああすればよかった」
「あそこで気付いていれば」
そういうことが山のように出てきた。

うちのおとうについては、今さらどうにもならない部分もある。
でも、わたしが考えたことが、これから老人と向き合おうとする、
誰かのお役に立つこともあるかもしれない。
だから、わたしはこのブログに考えたことや気付いたことを記録することにした。

「誰もが安心して長寿を楽しめる方法」を一緒に探せたら本望だ。
どうぞよろしく。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ポン太
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/joy_spring/index1_0.rdf