【肺がん2】家族を守る医療ガイド

May 25 [Mon], 2015, 13:50
このコーナーは3大疾病「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」早期発見をテーマに具体的な方法やそれぞれの病気に関する知識についてまとめています。
是非お役立て下さい。


【肺がん】

肺がんになった後、治療は手術。また再発・転移防止は抗がん剤が中心です。

手術には外科療法があり、肺の切除手術が基本です。最も効果が高く、肺がん治療の中心となっています。
開胸手術胸腔鏡を使った手術があります。
またレーザー治療もあります。光感受性物質を注射したうえでレーザー光線で癌を攻撃する「光線力学療法」ですが、ごく早期の中心型肺がんに対し効果のある治療ですが、一般的治療ではありません。

また放射線療法放射線で癌を死滅させる治療法です。一部の癌には「定位放射線治療」という方法も用いられ、それは放射線を多方向から1点に集中させてピンポイント攻撃する治療法です。癌が小さく、リンパ節転移が認められないケースに限り有効。この他「陽子線治療」「重粒子線治療」といった最新の放射線治療法も注目されていますが、先進医療のため公的医療保険の他に300万円程の技術料全額自己負担が発生します。

自己負担の費用を懸念せず、安心して回復出来る様に保険を考えるのも大事です。

治療の基本は外科療法(手術)であり、次いで放射線療法です。抗がん剤ですが、最初から手術出来ない方の治療として、また術後の癌再発を防ぐことを目的とし、用いられます。
ある程度の進行肺がんに対しては、化学療法、放射線療法、外科療法のうち2つ以上を組み合わせる集学的治療で、治療成績を改善しようという取り組みが盛んに行われています。

新しい癌治療薬「分子標的治療薬」もあり、一般名ゲフィチニブ(商品名イレッサ、等)は癌細胞だけを中心に攻撃します。副作用が一般の抗がん剤より少ないと言われています。癌細胞の増殖を防ごうというもの。これまでの殺細胞性抗がん剤に比べて正常細胞には副作用が出にくいという特徴がありますが、経験しない思わぬ副作用がある場合があり、やはり注意は必要

治療後は3〜4か月に1回通院し、定期検査を行うのが一般的です。癌治療は、大部分のものは一回目の手術が勝負再発して来た場合、よぼど条件が良くなければ、悲しいですが治癒に結び付く治療は無いのが実情。定期検査を受け再発が無ければ、検査の無駄にはならないので、その後の数か月の安心のために受けると思ってください。

厚生労働省の「先進医療」認可を受けているものに、体外から特殊な針を病巣へ刺し、加温する「ラジオ派焼灼療法」があります。従来の外科的治療が困難なものにする一つの治療法で、近年実績を挙げています。あくまでリンパ節転移の無い肺野末梢の30mm程度の病巣で、側に大きな血管が通っていないところが対象。

認可を受けている治療法以外でも安心して治療に望み、癌を治し復帰できる様に、癌になる前から自分自身を守る保険を考えましょう。家族をも、長くに渡り安心させられるでしょう。


専門家FPによる徹底比較の保険見直し
安心の保険無料相談はこちら↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/joy345life/index1_0.rdf