日曜の夜症候群

September 06 [Tue], 2011, 14:25
月に2回は日曜日に呼び出してくれる、Oさん。

おとといも呼び出してくださって、二時間ほど、お話したよ。

Oさんは、独身で、彼女がいなくて、一人暮らしをしていて、

お仕事が決まって土日休みなのだけど、

日曜日の夜になると、決まってさびしさに押しつぶされてしまいそうになるんだそう。

それで、わたしを呼んでくれるんだってー

この気持ち、すごくよくわかるなぁって。

わたしも、土日休みのお仕事を、ちろっとしたことがあるのだけど、

お休みって、本当に、つかの間だよね。

金曜の夜は、あしたからのお休みに、あれをやろう、これをやろうって思うのだけど、

お休みの日に限って時間ってあっという間に過ぎていって、

気がつけば日曜日の夜になってるんだよねぇ。

あー あしたからまた、金曜日に会えるまでしばらくあるんだなァなんて思ってね。

毎週毎週、この繰り返しで、一週間はあっという間に過ぎて、

その積み重ねで一カ月、半年、一年って、

大人になると時間の流れがやたら早く感じるのは、どうしてだろうね?

あれやろう、これやろう、がどんどん先延ばしになって、

いつまで経っても、やりたいことは、やりたいことのまま、形にならない。

そんな日々に、さびしさや、不安を抱えていたよ。

でも、じっくりその不安と向き合っている余裕もないくらい、時間はどんどん押し流すように、

過ぎていく。

だから。

さびしくなった日曜の夜は、一緒に話そうよ。

時間をプレゼントすることはできないけど、

心のすき間を、楽しい時間で埋めてあげることはできるよ。

Oさん、おとといのお話は、楽しかったかなぁ?



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fumikko
読者になる
出張《お話し相手》
あなただけのホステスのようなものです。青森市の、どこかふたりでお酒が飲めるところに、呼び出してください。そして、あなたのお話や、お仕事の愚痴を、好きなだけお話くださいな。お呼び出し料は、1時間5千円となっております。お酒は特にオーダーしてくださる必要はありませんし、お料理も特に必要ありませんので、上記料金以外のお金はかかりませんので、ご安心を。

女性スタッフ・男性スタッフともに募集しております。お話好きな方、誰かを楽しませるのが得意な方、お待ちしてます。
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/joy-juice-talk/index1_0.rdf