ALS難病の父に希望を 〜ALSの進行〜

April 27 [Sun], 2014, 23:44
おかんも俺も親父には長生きをして欲しい。10年後、20年後もずっと一緒にいたい。
ALSという病気になった今も、生きていてくれるだけ、それだけでいいと思ってる。

家族は、大切なんやで。

死んだら、もう会えんのや。

ただ、それは、家族としての思いであって、親父がそう望んでいるかどうか…。
ALSと診断されて、今まで、病気の進行とともに、親父にとって辛い毎日やったと思う。それを見てきたおかんも俺も本当に辛かった。

今まで家族の為に、頑張ってくれたんやから、定年後は、ゆっくり、のんびり過ごして、第二の人生を過ごして欲しいと思ってたんや…でも、ALSという病気になってしまった。

親父がこの病気と真剣に向き合い、前向きに生きてくれることを願ってる。

今、親父のサポートをしてくれてる皆さんには、本当に感謝しています。

肉体的にも、精神的にも、出来る限り苦痛を減らしてあげられるようにして欲しいというのがの俺の考えです。

親父が今、何を思って、何を考えてるんか、何を考えられへんのか、本心を確認することが重要やと思う。
特に親父の精神面を理解してあげて、今後のことを考えていきたいと思う。

おかん、親父にイライラしたりするのはわかるけど、一番辛い思いをしてるのは親父なんや。

親父、家族を大切に優しい気持ちで過ごして欲しいんや。

今の親父は、生きてるのも嫌や、死ぬのも嫌や、ってなってるんやと思う。

誰も死にたくないで。

自分の人生や、自暴自棄にならんと、しっかりと生きてくれ!
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jourope/index1_0.rdf