パーティー 

March 05 [Sun], 2006, 17:07
昨日は久々にパーティーに行った。
夜8時、ドイツ人の女の子と一緒にタクシーでパーティー会場のお家へ。
海の見える素敵なこじんまりした家で、
庭では大音量でロックバンドの生演奏。
そのドイツの子とちびちび飲みながら他のみんながくるまでお喋り。

私がビールを飲み終える頃にはもうものすごい数の人が来てた。
寮の友達も、学校の友達も来ていて、なかなか面白かった。
200人はいたから、多分カレッジの半分の人は来てた。
あの小さい家に200人、all drunk。
酔った人たちが絡んでくるわ、カップルはいちゃいちゃするわ、
廊下を歩くのも一苦労って感じだった。

さすがに200人は家に入りきらず、
何十人かは外で飲んだり騒いだりしてた。
そしたらみんなハメはずしすぎたらしく、近所からの苦情で警察が来た。
逮捕された人もいたとかなんとか。
警察に演奏をやめさせられたバンドの人たちはキレちゃって、
"F**k you all man! Get your f**kin ass out of my way, bitch!"
って叫びながら撤収。
あれはさすがにちょっと怖かった。

私は寮で隣の部屋のドイツ人の女の子と家の前の歩道に座って、
一緒に赤ワイン飲みながらタバコ吸って、色んな話をした。
英語のこと、寮のこと、ホームシックのこと、彼氏のこと、
オーストラリア人のこと、学校のこと、差別のこと。
私たちには共通点が多くて、結構仲良くなった。

最後の方は前にも登場したスコティッシュの男の子と一緒にいた。
友達って約束したのに、私たちはお酒が入らないと素になれない性格で、
結局ずっと離れなかった。

タクシーが来るまでの間、ずっと手をつないで垣根によりかかってた。
彼は、いつも何か歌ってる。
昨日も何かよく分からない鼻歌を歌いながら私の髪を触っていたので、
「それ何の歌?」って聞いたら曲の名前を教えてくれた。
なんだったかはもう覚えてないけど。

また行きたいなぁ、パーティー。
あそこまで大規模なパーティーだとやっぱりさすがに楽しいし、
新しい人と友達になったり、昔の友達に再会したり、
飲んだり吸ったり。笑
オーストラリアを出る前に、
一度はでっかいパーティーを自分で開きたいな。

 

March 01 [Wed], 2006, 9:31
昨日、香港人の元彼と話をした。
「もう一度やり直したい」
そう言う彼にちゃんと返事をしなきゃ、ってずっと考えてた。

彼とまた付き合っていく自信がないこと、
去年のことを忘れきれていないこと、
もう彼を傷つけたくないこと、
彼のことをまだ好きだということ。
ゆっくり、全部伝えた。
最後に一緒にタバコを吸って、
私は彼にハグをして、首にキスをして、
早足で部屋に戻った。
彼はただ黙って俯いていた。

James BluntのGoodbye My Loverを聴きながら、
ベッドで横になっていたら、涙が止まらなかった。
寂しいんだか、怒ってるんだか、どうしようもなくて。

気がついたら携帯を手にとって、国際電話をかけていた。
日本の彼氏に。
もう不安な気持ちにさせたくないから。日本にはしばらく帰らないから。
「そっか。こっちこそ気づいてあげられなくてごめん。」
あっけなかった。

1階の友達の部屋の前で、失恋仲間の男友達と泣いた。
そしたら、例の元彼が通りかかって、
水とチョコとタオルを持ってきてくれた。
もう自分を抑えられなくなって、
結局私は1時間も彼の肩でわーわー泣いた。

こんな私にここまでしてくれる彼から、
ただ立ち去るなんて、私には出来ない。

Jameson 

February 22 [Wed], 2006, 20:48
週末、金曜+土曜と飲みに行きました。
金曜はあまり飲まなかったから大丈夫だったけど、
問題は土曜。

やられました。Jamesonに。

Jamesonとは40%くらいのアイリッシュウイスキーで、
なかなか味は良いお酒です。
でもね、4人で30分で飲み干すにはちょっときつかった。

しかもその後一緒に飲んでいたドイツ人のNick君が
"Hey guys!? Wanna go to the bottleshop and get another one, my lovely flowers〜!"
って他人の庭から花摘みながら叫びだしたもんだから、
雨の中4人で腕を組み、良く分からない歌を歌って踊ってもう1本よく分からないお酒を購入。

結果。
吐くオーストラリア人。
"F**k"連発するスコットランド人。
花を摘むドイツ人。
スキップする日本人。(私)

しかもその後、I kind of got with the Scottish guy.
日本語でなんて言ったらいいのか分からないから英語で失礼。
正直、遠距離ってつらいです。
だって、私が今ここで何をしているのかなんて、
何千KMも離れたところにいる人には分かりっこない。
私が泣いているのか、笑っているのかだって分からない。

同じ様に、私には彼が日本で何をしているのか分からない。
どういう顔をしてるのかも見えない。
それって怖いって、ふと思いました。
遠距離って難しいんだよね。
ってもう遠距離恋愛4回目くらいだけど、
その度に「この人とならやっていける」とか思うのに、
最後には結局私の自信がなくなって、これ以上彼の重荷になりたくなくて、
私から別れを切り出してしまう。

バレンタイン 

February 14 [Tue], 2006, 21:05
今日はバレンタインでしたね
私も日本の彼にメールをして、
寮の日本人の男の子たちにはチョコとキャンディをあげました。
でも、女の子が男の子にチョコをあげて、
ホワイトデーに男の子がお返しをするのは日本独特の風習で、
こっちではバレンタインは恋人同士や夫婦同士で一緒に素敵な時間を過ごす日です
それに女の子だけがプレゼントをすることはあまりありません。
今日も街に行ったら、会社帰りと思われるスーツ姿の男の人が
花束を持って帰りのバスを待っている光景を何度も見ました
なんかこういうのっていいなぁ。とか思っちゃった。

こっちの夫婦っていつまでも愛し合っていて、
70歳くらいのおじいちゃん+おばあちゃんが
手つないでアイスクリーム食べながら公園を散歩していたり、
そういう光景をよく目にします。

そういうのを見ていると、私も結婚したいなぁとか思う(笑)
まだ早いんだろうけど、でも1人だけの人とずっと一緒に生きて行くのって、
きっとすごく素敵なことなんだよね

bored again 

February 11 [Sat], 2006, 20:17
I'm bored bored bored and bored... I've got nothing to do in here in Hobart at the moment. It's good to have weekends and holidays and stuff, but it's simply making me DAMN bored right now after coming back from Japan which is such an exciting place to be. Today I went out for a smoke and coffee to the town and got a Zippo!! Hell yeah! Mine is just a simple one, but looks soooo cool!

Now,,, just finished a movie (Mr and Mrs Smith)with other guys in the boarding house, and some other friends of the boarders. We only had a few peaple when we started, but at the end we had more than 20 watching with us! Oh well, it was good fun.

ANYWAY, I feel so tired so I might just go to bed by now. See ya.

学校 

February 10 [Fri], 2006, 21:55
今日は今年度初授業でした。

1コマ目の授業はAustralia in Asia and the Pacific -Geography-。
日本語にするとつまりはアジア研究学みたいなものです。
担当の先生がすごく優しくて、
留学生にもちゃんと理解を示してくれる人だったので
とりあえず安心した。
さすがにアジアに興味のある生徒の集まるクラスなだけあって、
クラスの雰囲気も悪くなく、他のクラスによくある排他的な、
アジア人を軽蔑する空気もなくてよかった

2コマ目はPhilosophy and Religion。哲学・宗教学。
このクラスの先生は去年お世話になった先生で、
とても面白いおじちゃんです。
今日のテーマは「生命はどこから始まるのか」とか「死はどこにあるのか」とか、
「キリストは普通のhuman beingとセックスしたのか」とか。
ヘビーなテーマなんだかよくわからないけど(笑)

3コマ目はフリー。これはただのオフです。
図書館で調べものしてました

で、ランチを挟んで4コマ目。日本語の小論文。
日本語のネイティブスピーカーだけのためのクラスで、
2年間のこのコースを終了すると国際卒業資格が取得できます。
日本に帰ってもこれを見せれば「どうだ!日本語も忘れてないぞ」って
ちゃんと言えます(笑)

最後のコマはModern World History。現代史。
これはねぇ、わけわかんなかった
まず先生のハンドライティングが汚くてホワイトボードが読めません
先生の授業の進め方もテンポが悪くて、つまんないし、
このクラスは来週他のクラスに変える予定

今日はFriday Nightなのでジャズバンドのライブに行って、
イタリアンレストランでご飯食べて、
カフェでこっちの友達(去年卒業してしまった人たち)に再会。
みんなのCrazyなHolidaysの話で盛り上がった。
みなさんお年頃の男の子なので、
They seem to have got with heaps of hotties on the holidays(笑)

長くなっちゃったけど、悪くない1日だったよ

帰島 

February 06 [Mon], 2006, 18:32
帰ってきました。AUSに。
相変わらず10時間以上のフライトは疲れます
日本の実家を出てからAUSの寮につくまでdoor to doorでちょうど23時間
しかも前日はパッキングのために徹夜だったから本当に疲れた

こっちは暖かいけど、去年ほどでもないかな。
でも夕方から小雨が降ってて、ちょっと肌寒くなってきました。

まだ寮の人たちが全員帰ってきたわけではないけど、
去年からのメンバーが数人と、今年からの新しい寮生も何人かもう到着してて、
だんだん雰囲気が2ヶ月前に戻ってきてます。
それにしてもドイツ人ってみんな最初から英語ぺらぺらなんだよねぇ。
私がここまでくるのは結構きつい道のりだったので、
すごいなぁって思う反面、正直悔しいです

さっきブックショップに行って今年用の教科書とか買ってきました。
やだなぁ。学校に戻るの。
でも今年はAUS最後の年だし、がんばろ
てか頑張らないと卒業があやうい

明日は晴れたら久しぶりにHobartの街に出て、
買い物+カフェのいつものコースを楽しむ予定

彼氏 

February 04 [Sat], 2006, 4:54
今日(もう昨日か)は彼氏とデートしました。
うふ(キモ
っていってもまだそう呼びなれてないから気持ち悪いな(笑)

彼は、一緒にいて「あぁ私今幸せなんだな」って
感じさせてくれる人。
すごくあったかい人です
すぐに離れてしまうのは寂しいけど、
彼となら遠距離恋愛、やっていけると思います

「あれ?タイ人の彼は?」と思った方へ。
Jackには、
sorry to tell you this, but actually..
i reckon we better make this the end of our relationship.
it'd be great if we could be friends again.
と伝えて、彼も理解してくれました

告白 

January 31 [Tue], 2006, 22:58
今日、告白しました。
なんと、5年ごしの告白。
「好きです」じゃなくて「好きでした」の告白。

I君は、すごく優しい人だと思う。
きっかけは今となっては忘れてしまったけど、
私とI君はいつの間にか友達になっていて、
彼は気づいてなかったけど、
私は大切な存在として、彼を想っていました。

ある日クラスで人気者のすごく可愛い女の子に、
I君を紹介して欲しいって頼まれた瞬間、
私は彼のことを諦めました。
とにかく私は自分に自信なんてこれっぽっちもなかったし、
恋愛だのなんだの、そんなことは分からなかった。

それから何年もたって、この頃どういうわけか恋沙汰が多くて、
その度に思い悩むことがありました。
色々と自分なりに考えて、多分今まで私は、
正直に自分の気持ちを相手に伝えようとしなかったんだな、
って思いました。
だから今回の帰国で、せめてI君には、
あの時の私の気持ちを伝えようと思ったわけです。

もーなんか妙に緊張した
途中でやっぱり言うのやめちゃおうかとも思ったけど、
I君はちゃんと私の話を聞いてくれました。
ありがとう


あああああああああああああああーー。
本当に緊張した(笑)

ピーナッツバターといちごジャム 

January 30 [Mon], 2006, 23:49
今日はなんと、起きたら1時ちょっと過ぎ
2時半から歯医者の予約があったのであわてて支度
なんとか15分遅刻で治療受けて、近くのカフェで一人でランチ食べました

お買い物してたらなんとなく髪を切りたくなったので美容院へ。
幸い空いてたのでいつもの担当の美容師さんに切ってもらいました。
ゆるーんとパーマかけて、前髪も作っちゃった
ずっと前髪伸ばしてたからすごく久しぶりで新鮮な気分

今日はピーナッツバター&いちごジャムのトーストの話で盛り上がりました
欧米の人は結構みんなやるんですよ。
トーストの上にピーナッツバターといちごジャムを両方とも重ねて塗るの
我が家では小さいころから母がそうやってサンドイッチを作ってくれてたし、
日本を出てからもまわりでやってる人多くて、普通のものだと思ってたんだけど、
今日切ってくれた美容師の彼も、他の美容師の方も「えぇぇ!?」って言ってた(笑)
でも、今度私が帰国するまでには一度試すって約束してくれました

みなさんもぜひ試してみてね。
ちなみに、おすすめのピーナッツバターは「スキッピィ」っていう米メーカーのもの。
普通のスーパーにも売っているのでぜひ
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ロミ
» パーティー (2007年02月02日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:journey-report
読者になる
Yapme!一覧
読者になる