キューエンタテインメント、「天使之戀2 Online」のサービスタイトルを「エンジェル戦記」に決定

2009年04月06日(月) 15時20分
 キューエンタテインメントは、「天使之戀2 Online」の日本国内におけるサービスタイトルとタイトルロゴを「エンジェル戦記」に決定した。

先日、日本での独占配信権の獲得を発表いたしました、爽快バトルアクションMMORPG「天使之戀2 Online」の日本でのサービスタイトルが「エンジェル戦記」に決定いたしました。新たなタイトルロゴもあわせて発表させていただきます。近日中にティザーサイトの公開を予定しておりますのでお楽しみに。

「エンジェル戦記」は台湾のUserJoy Technology社が開発し、台湾、香港で配信されている、爽快バトルアクションMMORPGです。台湾では2008年10月よりサービスが開始されており好評を博しております。日本ではPCだけでなくPLAYSTATION3でもサービスされている「AngelLoveOnline」のテイストを引き継ぎながらも、まったく新しいゲームシステムとストーリーで展開されています。

爽快バトルアクションMMORPG「エンジェル戦記」の特徴

その大きな特徴はなんといっても、「MMO」RPGと「MO」RPGの要素が融合したシステムです。

街などのプレイヤーが集まるエリアはMMO形式、爽快なアクションが楽しいバトルフィールドはMO形式のインスタンスとなっています。バトルフィールドがインスタンス形式になっているため、初心者でも熟練者でも自分のレベルにあわせたステージにいつでチャレンジでき、かつ、他のプレイヤーと気軽にパーティを組めるような工夫もされています。

また、バトルフィールドがインスタンス形式になっていることで、他のプレイヤーとのモンスターの取り合いを避けることができるのも大きな特徴の一つです。そして、戦闘システムは素早い戦闘リズムと華麗なエフェクト、一人でモンスターの大軍と戦う爽快感、COMBOシステムが導入されており、緊張感あふれるバトルが楽しめます。

爽快バトルアクション

本タイトルでは、簡単クリック操作でモンスターの大群をなぎ払う爽快かつ豪快なバトルをお楽しみいただけます。大量のモンスターを連続でなぎ払うことで発生するCOMBOにより、戦闘の臨場感がさらにアップ!

強力なボスモンスターとのバトル

バトルフィールドの奥には巨大なボスとの戦闘が待ち受けています。自身の力を信じて一人で戦うか、信じる仲間とともに戦うか、選択はあなた次第です!


     いろいろなゲームの通貨を購入るなら こちらへ

      



剣と魔法で助けてくれる『リネージュII』新たなペット登場

2009年04月05日(日) 14時50分
エヌ・シー・ジャパンは2009年4月3日(金)、MMORPG『リネージュII』で4月7日(火)に実施予定のアップデート「セカンドスローン アルティメット 天空の覇者」において、「トッピングサービス」に新たに追加されるアイテムの情報を公開した。

   「トッピングサービス」とは、playncが提供している「playncショップ」で利用できる課金サービス。専用の電子マネー「カイモ(1カイモ=1円)」をチャージすることで、冒険をサポートしてくれるアイテムと交換することができる。
 
   今回新たに追加される商品は、プレイヤーの行動をサポートしてくれる「ハントサポートペット」に、「トイナイト」「スピリット マジシャン」「タートル マスター」「アウル ウィザード」の4種類のペットが登場する。価格は、1枚300カイモ。
   「トイナイト」は、ファイタークラス向けの強化魔法やヒール、リチャージを行いながら剣で攻撃をサポートしてくれる。
   「スピリット マジシャン」は、魔法を中心として、メイジクラス向けの強化魔法やヒールを行う。
   「タートル マスター」は、武器と魔法の両方でサポートを行い、プレイヤーの防具にウォースミスタイプの強化魔法を使用してくれる。
   「アウル ウィザード」は、他の3体とは違って攻撃などの行動をとらないが、一定時間経過するとプレイヤーの「PKカウント」を減少させるユニークなペットだ。

   このほかにも、キャラクタの見た目やスキルが変わる「変身スクロール」に「オニキス ビースト」や「ユニコーン」など、8種類のアイテムが追加される。価格は、3枚セットで200カイモ。
   「変身スクロール」は、通常、変身に必要なアイテム「変身刻印書」を所持していないキャラクタでも、変身することができるアイテム
   これら「変身スクロール」は、一度使用すると無くなる使い捨てアイテムだが、「変身刻印書」と同等の効果を得られ、変身体の固有スキルも使用可能となる。

    リネージュII の通貨を購入るなら こちらへ

  

ハートフル冒険オンラインゲーム【E・C・O】みんつく第13弾を開催

2009年03月17日(火) 12時49分

エミル・クロニクル・オンラインとはどのようなゲーム?
ECOはオンラインゲームが初めてという方でも簡単に遊ぶ事が出来るオンラインRPGだ。移動や戦闘などもクリックだけで
簡単操作出来ますし、手軽に遊べるところも特徴。4つの国家から成る「アクロニア大陸」を舞台に展開され、その中心の
交易都市「アクロポリスシティ」など、沢山のマップが用意されています。オシャレを楽しんだり、自分だけの家を持てたり、
季節イベントも盛り沢山。誰かのために頑張れる。そんな優しい世界での冒険の旅が人気のオンラインゲームだ。

エミル・クロニクル・オンラインで自由な生活を送ろう!
憑依システムというものがあるのですが、ECO独自のゲームシステムで、武器やアイテムに自分がのりうつって、
一緒に冒険をする事が出来るんです。その他にも服や髪型を変えて、オシャレを極めたり、家を建てて友達を招待したり、
料理やお店も自由自在となっている。気ままなオンライン生活を送ることが出来るのも大きな魅力と言えます。

詳細はこちら

CBT前に知っておきたい! 「R2 -Reign of Revolution」の攻城戦に必要な指南資料が公開

2009年03月16日(月) 17時43分
NHN Japanにより,3月18日よりクローズドβテストが実施される予定の「R2 -Reign of Revolution」。今回,本作のメインコンテンツとなる攻城戦の指南資料が公開されたのでお届けしよう。

 本作では,レベルに関係なく高性能な武器や防具を装備できるというのが特徴だが,さすがにプレイを開始したばかりで,まわりに高レベルなプレイヤーなどいない状況では,なかなかその利点を生かせない。そんな状況で,ろくな装備のないまま攻城戦に出向いても,さすがに厳しい戦いになることだろう。
 序盤から攻城戦に参加するには,できるだけ早く装備を整えることが重要なのだが,最初のうちはお店で売られている装備は高価で,なかなか高性能な装備を揃えることはできない。モンスターを倒しても,そうそう簡単に装備が手に入るというわけでもないようだ。そこで重要なのが,クエストの存在である。

クエストを受注できるNPCの頭の上には「Q」の文字が
 モンスターがドロップする装備も重要だが,どうせモンスターの狩りなど,あちこちへ行く機会があるなら,クエストを片っ端からクリアしていくことが大事だ。クエストを受注できるNPCは,頭の上に赤く「Q」の文字が表示されているので,そういったNPCを見かけたらクエストを受けてクリアすれば,序盤から装備がある程度整うらしいので,CBTでプレイする機会のある人は参考にしてもらいたい。

アシュバン村では「ケン」からスキルブックが購入できる
 つぎに,戦闘をさらに有利に進めるための,各キャラクターのスキルについてだ。本作では,キャラクターが個々にスキルを覚えるというのではなく,スキルブックを所持していればそのスキルが使えるシステムを採用している。
 例えば,「アシュバン村」では「ケン」というNPCがスキルブックを販売している。ほとんどのスキルブックは使用してもなくならず,一部のみ使用回数が決まっているとのことなので,スキルブックを入手したら確認してほしい。
 なお,エルフにのみ,使用期限が決められているお試し版のスキルブックがアシュバン村のどこかで販売されているとのこと。エルフでプレイする人は,覚えておいて試してみよう。

「スキルブック」を使えばこーっんな攻撃ができるようになったり,クラスが『エルフ』なら魔法が使えるようになりますよ!

 では肝心の攻城戦について,公開された指南資料からその仕組みを見ていくことにしよう。まずは,攻城戦への参加条件だ。

 攻城戦に参加するためには,ギルドに参加していることが条件としてあるのだが,それだけではなく,攻城戦時間帯にギルドマスターを含むギルドメンバーが10人以上ログインしている必要がある。その条件を満たしていないと,攻城戦のターゲットとなる「守護塔」(スポット戦では「守護石」)へダメージを与えられないのだ。
 途中で人数が減ってしまった場合にも,その時点からダメージを与えられなくなるので,人数がギリギリだと,不意に回線が切断されたりクライアントクラッシュなんてことになったりすると何もできなくなってしまう。攻城戦には,十分な人数で挑みたいところだ。

守護塔には近接攻撃でのみダメージを与えられる
 さて,十分なギルドメンバーが揃ったら,攻略すべき城を目指すことになる。簡単な流れを説明すると,まず城に入るために「城門」の破壊を敵味方関係なく,とりあえずやってしまおう。次に,最終的に破壊しなければならない「封印石」に辿り着くために,守護塔の破壊を行う。守護塔の破壊には,最後の一撃をギルドマスターが行う必要があるため,参加条件にギルドマスターが含まれているようだ。また,魔法や遠隔攻撃では守護塔にダメージを与えられない。
 守護塔が破壊できれば,守護塔の加護を受けたギルドマスターの手によってのみ封印石が破壊できるようになるのだが,封印石に辿り着く前にギルドマスターがほかのプレイヤーに倒されてしまうと,守護塔を破壊するところからやり直しとなる。ギルドメンバーで,いかにギルドマスターを守るかがキモとなるようだ。攻城戦では,ギルドの規模や結束力が勝敗に大きく作用しそうなので,装備を整えるとともに早いうちから仲間を集めてもらいたい。

 そのほか,スポット戦の詳細なルールについても公開されている。スポット占領では,守護石を破壊し封印していた時間によるポイント制で勝敗が決するとのこと。攻城戦開催時間中に,いかに封印しポイントを稼げるかが重要なようだ。詳しいルールについては,指南資料をよく読んでおこう。

詳細はこちら