女装って

February 03 [Sun], 2013, 23:43
女装をするといってもみんな同じ動機からしているわけではないんですね。
まあ人それぞれいろいろ動機があるみたいです。

「男の娘」というのが流行っていますけど、
これは単にコスプレ感覚で楽しんでいるのでしょうかね〜。
それからフェティシズムっていうのもあるみたいです。
女性の格好をすると興奮するという人ですね。
でもこの時の興奮は、男としての興奮なんだそうです。
ですので興奮が過ぎ去るともうそんな格好はしたくなくなるのだとか。
まあ俗にいう「賢者タイム」というやつでしょうか。

それとは違うタイプで、とにかく女性の体になりたいと考える人もいます。
それでいて、男性が好きというわけでなく、
自分が女性の体であることに満足するわけです。
こういう人はやっぱり、男性的な心といっていいのかもしれませんけど、
性転換手術をしても後悔するより満足する人のほうが多いといいますので
一概に男性的であるとも言えないんかもしれません。

あとは性同一性障害の場合ですが
これはもう精神が女性ですので体のほうが間違っているというわけですね。
そして恋愛対象は男性ということになります。

あとの2つのパターンの場合は、
女性ホルモンを使ったりすることも多いようですね。
最近はけっこう簡単に手に入るようですが。
女性ホルモン剤について詳しくはこちらに。
女装と女性ホルモン剤

ただ女性ホルモン剤を勝手に摂取するというのはリスクが高いですね。
摂取したい場合は意思と相談しながらというのが望ましいでしょう。
まあ、ほとんどの場合止められてしまいますので、
どうしても、という人は医師に相談しても意味が無いのかもしれませんけど。

女性ホルモン剤を摂取しますとやっぱりいろんな変化が起きるようですね。
肌がなめらかになったりという好ましいこともあるようですが、
好ましくないこともいろいろ出てくる可能性があります。
だるくなったり気力がなくなったりということですね。

それから、男性機能が失われる可能性がありますけど
それは上述したようなタイプによって、
好ましいことであったりそうでなかったりするのでしょう。
同じ作用でもそれに対する解釈は違ってくるわけです。
なんだか不思議ですね。

しかしまあ最近は・・・ほんとに可愛く女装してしまう人が
珍しくありませんね。生まれつき「恵まれている」ということでしょうか。
これも人によって解釈が違うんでしょうけど・・・
まあ羨ましい話ですね。
私なんか女装したら化け物になるに決まってますからね。
これが宿命というものなんでしょうか。
P R
最新記事