【習慣性流産の原因】((*´∀`*))ヶラヶラ

September 09 [Sun], 2012, 23:44
"次は、夫婦の免疫学的相性が高いほど流産を起こしやすいという、一見奇異に感じる学説です。一般に組織移植をする場合、免疫学的な適合性が問題になります。移植された組織の適合性が低いと、異物として拒絶反応によって排除されます。胎児はもともと父親からの遺伝子を受け継いでいる点で、母親にとっては異物となりますが、妊娠の場合は、この拒絶反応を抑止する抗体が母親の中にできて、胎児を保護するといわれています。
組織が自分のものか異物かを識別する役割は、白血球の抗原(HLA)が果たしています。夫婦のHLAに相似性が高いとき、一般の組織移植では有利なのですが、妊娠の場合は異物である胎児を保護する抑止抗体が産生されていて、HLAが類似しているほど、この抑止抗体が低下するために流産するということです。

◇凍結
◇受精卵と分割卵の凍結方法
◇凍結
・ではまず、その凍結の方法などについて述べていきましょう。
・凍結および保存は液体窒素を使って行います。液体窒素はマイナス270℃ぐらいです。すごいネー。ちべたツ!
・よく金魚を液体窒素につけるとすぐさま凍って動かなくなってしまいますが、あたためると生き返るというのをTVで見たことがありますよね。あれです。

◇受精卵と分割卵の凍結方法
@注射器で、直径2mmのストローの中に卵を吸い上げます。吸い上げたら、ストローの端に熱を加えて、封をします。
A凍結する機械(ブログラムフリーザー)で、液体窒素を用い、徐々に温度を下げながら、2時間半ぐらいかけて凍らせます。
Bその後、専用容器に入れて、液体窒素の中にぼちゃんとつけて保存します。
C胚移植をするには、専用のウォーマーを使って37.0℃のぬるま湯につけて溶かします。溶けるのは、アッという間です。"
むくみ撃退!たんぽぽ茶
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しげっこ
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/joskouy/index1_0.rdf