女性用かつらといっても医療用や イブファインやプリマドンナなどのファッション性のつよいものなど いろいろな種類があります。 ここでは女性用カツラの基礎知識の整理だけでなく 各社の評判や口コミを集めてみました。


女性にとって、
髪はおしゃれの中でも重要なポイントのひとつです。

たしかにヘアースタイルが決まっていないと、
せっかくのおしゃれがうまくまとまりません。

ところが最近、女性たちの中でも
「髪が薄くなってきた、少なくなってきた…」
という方が増えてきました。

また
円形脱毛症や薬の副作用による脱毛症などで
お悩みの方も増えてきたようです。

でも、あきらめるのは、まだはやいです。
女性用かつら・ウィッグがあります!!

かつら・ウィッグには、おしゃれ用はもちろんのこと、
髪のボリュームを増やすためのもの、
医療用としてのものなど、
目的に応じて、いろいろなものがあります。

勇気を出して、
かつら・ウイッグの世界に飛び込みませんか?

リンス不要の無添加アミノ酸シャンプー「uruotte(うるおって)」
主成分は、ヤシ油由来の天然アミノ酸系洗浄剤。お肌と同じ弱酸性です。
http://shop.jqueen.com/
馬油の油が頭皮の汚れ(油)を浮かせてキレイにします。
頭皮環境を集中ケアする「馬油シャンプーU-MA(ウーマ)」
http://www.u-ma.co.jp/cp/c10.html
酵素研究から生まれた世界初「分子ピーリング」の育毛液。
満足できないときは、全額返金キャンペーン実施中。
https://www.kami-fusafusa.jp/cp/men.html
「発毛・育毛ミストM-1」からS-1 無添加シャンプー発売
頭皮のことだけを考えた抜け毛防止専用シャンプー「S─1」
http://www.kami-fusafusa.jp/cp/shampoo.html


女性用カツラの種類 
かつらの種類は大きくわけて、「全かつら」と「部分かつら」の2種類に分類することができます。「全かつら」とは、頭全体をすっぽりと覆うタイプのもの、「部分かつら」とは毛の少ない部分を補うためのものです。

このほかに毛髪部の素材別に分ける分け方があります。その場合「人毛」と「人工毛」の2種類に分けるのが一般的です。

人毛の長所は、なんといっても、自然なことです。
特に手触りや太陽の光にあたったときの髪のつやや輝きなどが人工もくらべとても自然です。また毛染めが可能なので、髪の色を微妙に調整することができます。色だけでなく、スタイリングについても、人工毛にくらべて自由度がお起きのが特徴です。パーマも可能です。

 
 続きを読む…  
 / 女性用カツラの基礎知識 / この記事のURL
女性用かつらの価格 
あたりまえのことですが、かつらの値段はピンからキリまで様々な価格があります。種類的にも、大きく分けて、既製品・セミオーダー・オーダーメードがあり、さらには素材の違いなどによって値段は違ってきます。

しかも、かつらはメンテナンスが必要な商品です。シャンプーやリンス・トリートメントなど、そのためのコストがばかになりません。この点は、ぜひ頭の中に入れておいてください。

 
 続きを読む…  
 / 女性用カツラの基礎知識 / この記事のURL
女性用かつらを購入する手順 
かつらを注文しようと思ったとき、
どういった流れで購入すればいいのでしょう?

1)かつらを販売している会社を調べる

なんといってもまずは購入するかつらメーカーを
選んでいかなくてはなりません。
まずはインターネットで調べてみます。
たくさんのメーカーがありますが、口コミサイトなどを使って
これは!と思った会社に資料請求をしてみてください。

ちなみに、有名、無名と品質や信用は直接の関係はありませんので
念のため。

尚、かつらを購入することは、メンテナンスを購入することでもあります。
自分の通える範囲にサービス拠点のない会社はやめましょう。

 
 続きを読む…  
 / 実際に購入するには / この記事のURL
女性用カツラのお手入れ、メンテナンス方法 
かつらの寿命はお手入れによって、大きく違ってきます。長持ちするか、しないかの分かれ目ですから、丁寧に行っていきましょう。

基本は、なんといってもシャンプーですが、ペースとして、週1〜2回程度でいいです。つい毎日したくなりますが、寿命を縮める原因になりますので気をつけてください。

 
 続きを読む…  
 / 購入後のお手入れ / この記事のURL
医療用かつらとは? 
医療用かつら、あるいは医療用ウィッグと呼ばれている商品群があります。その名のとおり、円形脱毛症などの脱毛症や、抗がん剤の副作用による脱毛といった病気や怪我、あるいは医療の場面で脱毛が起こった場合に使われる医療用かつらのことをいいます。

しかし実際は、たとえばファッション用など一般で使われているかつらと中身はほとんど変わりありません。

やはり、かつらというとまだまだ色眼鏡で見られているというのが本当のところです。一般に理解してもらいやすいように、そのように名付けているようです。

 
 続きを読む…  
 / 医療かつらについて / この記事のURL
P R
 
 
 Powered by yaplog!