現代まで続くシグネチャー

November 12 [Mon], 2012, 15:29
その後も「アッパー」に「クリアパーツ」を使用した「JORDAN TRUNNER BUBBLE(ジョーダントランナーバブル)」や「ベルトクロージャーシステム(通称ベルクロ)」仕様の「JORDAN TRNNER LX(ジョーダントランナーラックス)」などアップデートを繰り返しながら進ナイキ 新作化を続けています。

そんな名作のフィロソフィを反映した今作は"BAREFOOT TRAINING(ベアフットトレーニング)"をコンセプトに開発され、履き心地をより素足に近付け履いているだけで筋力トレーニングが可能な「FREE(フリー)」の技術を流用した実用的な「機能性」を搭載。

「ナチュラルモーションテクノロジー」を採用した「ソールユニット」には「フレックスグルーブ(屈曲溝)」を使用する事で"裸足で動いた時の自由で複雑な足の動き"をコンセプトに足の可動範囲を最大限に活かし、自然な足の動きを可能にしてくれます。

また「フロント」部に搭載されたエアジョーダン「ベルトクロージャーシステム」が快適な「フィッティング性」を体現し、「アッパー」全体に採用された「メッシュ」が優れた「通気性」を提供してくれます。

誕生から記念すべき四半世紀(25年)を越えて常に歩みを止めず常に新たな進化を魅せる「BRAND JORDAN」。

その歴史の重みを継承し、最新エアジョーダン11テクノロジーを搭載した名機にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した今作を是非、足元から体感して見て下さい。

このような逸話を持ちながら現代まで続くシグネチャーモデルAir Jordan 1の名作からスケートシューズがまだ浸透していない80年代に「AIR JORDAN I」や「BLAZER(ブレーザー)」「DUNK(ダンク)」「PUMA / FIRST ROUND(プーマ/ファーストラウンド)」などなど、バスケットシューズをスケーターが愛用していたというバックボーンをベースに開発された「AIR JORDAN I PHAT(エアジョーダン1ファット)」に「LIMITED EDITION for NONFUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」から追加カラーがリリース決定。

今作は「AIR JORDAN I」のフィロソフィを継承しながらエアジョーダン1「シュータン」「ライニング(内張り)」の「パット」を肉厚に変更する事でスケートデッキからの衝撃を抑え、「防護性」を向上させる等、様々なアップデートが施されています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jerry2012
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jordansinhin/index1_0.rdf