私は貝になりたい 

September 25 [Fri], 2009, 14:56
『私は貝になりたい』(わたしはかいになりたい)は、セフレ元陸軍中尉・加藤哲太郎の手記「狂える戦犯死刑囚」の遺言部分をもとに、橋本忍の脚本で逆援制作されたテレビドラマおよび映画である。
オリジナルは、TBSテレビの前身、出会いラジオ東京テレビ(KRT)が1958年に制作したテレビドラマである。1994年には、TBSによるテレビドラマでリメイクされた。また、1959年には劇場版が制作され、2008年にはそのリメイク版が公開された。映画の配給は童貞いずれも東宝。
2007年には日本テレビで、加藤の手記にスポットを近所当てたテレビドラマ『真実の手記 BC級戦犯 加藤哲太郎「私は貝になりたい」』が放映された(こちらは、内容としては別物である)。
理髪店を営む一人の男が、戦時中にアメリカ兵捕虜を殺害しようとした罪(実際には怪我をさせただけ)を軍隊から復員した出会い口コミ後の裁判で問われ、BC級戦犯として死刑にされるという悲劇を描いた作品。テレビ草創期の時代に制作され、“ドラマのTBS”の礎となったメル友作品として、日本のテレビの歴史に語り継がれている。
ストーリー自体は橋本による創作で、架空の物語である。しかし劇中の主人公の遺書が、元陸軍中尉で自らも戦犯として裁判を受けた加藤哲太郎の手記「狂える戦犯死刑囚」[1]の遺言内容と酷似していた。それを友人から伝え聞いた加藤は、ドラマの脚本を執筆したアイドル待受橋本に対して自分の原作権を認めるよう求めたが、橋本はこれを拒否。そこで加藤は、ドラマの映画化(1959年版)が決まった際、結婚配給元の東宝と、自分が原作者としてクレジットされることをクイズ条件に契約し、橋本もこれを受諾した。ところがラジオ東京テレビ(現TBSテレビ)がクレジットを改めずにまたドラマを再放送したため、加藤は当時のラジオアイドル画像東京テレビと橋本を著作権法違反で告訴した。この裁判[2]の結果、加藤の訴えは認められた。そのため現在では題名および遺書の原作者として「加藤哲太郎」の名がクレジットされるようになっている。なお、加藤自身も主人公同様に戦犯として巣鴨プリズンに勾留、死刑判決を受けているが、後に再審の末、減刑されてSNS釈放されている。
のちに中野昭夫がドラマのアイドル壁紙原案者は自分であるとして、橋本を相次いで訴えた。しかし、1975年(昭和50年)に東京地方裁判所で敗訴した損害賠償などの請求をはじめ、ことごとく敗れている。
昭和19年、第二次世界大戦中。高知県幡多郡清水で理髪店を営んでいた清水豊松(しみず とよまつ)は、出会い系 内地の日高中隊に所属した豊松は、厳しい訓練の日々を送る。AV無料動画ある日、撃墜されたアメリカ軍B-29の搭乗員が大北山山中に降下。軍司令官の矢野中将による「搭乗員を確保、適当(2008年の映画版では「適切」)な処分をせよ!」という命令が、尾上大隊を経て大北山の最寄にいた日高中隊に下り、山中探索の結果、虫の息であった搭乗員を発見。そこで豊松は、デコメ小隊長から滝田二等兵とともに銃剣でその米兵を刺すよう命じられた。
終戦後、豊松は無事に復職
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:joprjop8
読者になる
2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる