セカンドライフ覇淮まとめ

May 24 [Tue], 2011, 20:28
二人が幸せになればいいので凄まじい捏造具合。まず覇は蜀に亡命済み、郭淮さんは死んだ…と見せかけて、九死に一生を得てかろうじで生きていたという無茶振り。

郭淮には武器をブン回すほどの力はなく、残された妻子には死んだと伝えられている。代わりにそこらの兵が葬られて、生きているのを知ってるのは師や駆けつけた艾など、本当に限られた人間だけ。

で、師とかから人里離れた山の中に小さな家を貰って静かにセカンドライフを過ごしているわけで。お医者はそこいらの事情を知ってるいいお医者が回診にいく。晴耕雨読とか、どこの白カボチャだよ。

そんなわけで戦場から遠く離れた生活をしている郭淮さん。ぶっちゃけ俺が隠居したいだけなんだけど(笑)

ある日、覇が遠乗りに出かけたら道に迷いまして、山の中をうろうろ。うろうろしていたら、偶然散歩中の淮の後ろ姿をみて「あー俺にもお迎えがー…っていやいやいや!」みたいな感じで、目ゴシゴシ。帰らなきゃとは思うんだけど、淮さんの消えていった方につい足が。

最終的に見失っちゃうんだけど、気付いたときには日もとっぷり暮れている。で近くの民家?に入ってく訳だが、そこ郭淮さんち。みたいな。(ここいら普通すぎるかなーと思うが。それ以外思いつかん)

覇淮遭遇(簡単すぎる)

もうぼっちでもつらくない!はい、郭淮さんと覇が遭遇しました!(ヤケクソ) 淮さんは入ってこないで、出て行って、見なかったことにしますから的なことをまくし立てる。動揺。覇が緑の鎧着てるから。複雑な気持ち。

覇も複雑。生きてて嬉しいだとか、突っぱねられて辛いだとか、いろいろ。謝りたい気持ちだとか。そこいらは思いついたときにちくちく追加。

とりあえず、幸せになれればそれでいいよ。その幸せが歪めて作った世界にしかなくても。覇淮が幸せになって欲しい、それだけ。実際間違ってもそうならないもの。ま、自己満足だけど。