永久歯(親知らず)のこと

May 08 [Wed], 2013, 11:45
個人差がある乳歯の生えはじめや、永久歯絵の生え変わり・・・

全部の乳歯が抜けるのが完了するまでの多くの年齢は、5歳半から12歳だとされています。
はじめにお伝えしましたが、人それぞれ変わるため、多少の誤差は問題ないです。

我が子の乳歯が抜け落ちて永久歯が生えてくると、どんどん育ってくるんだなと気付き感慨深い気持ちになるでしょう。
歯がどういう状況になっているのか理解しておくことは、親の義務です。


第一乳臼歯と第二乳臼歯の生える時期には差が見られますが、抜ける時期は似ています。


歯がぐらついている状態をおもしろいと認識する子供も少なくありません。
いつまでもぐらぐらしているのが嫌で右や左にと動かして、抜くという子供も見られます。
当たり前のことながら、乳歯でしたらそのうち永久歯に取って代わりますが、永久歯を抜いた場合はその後に歯が生えてくることはありません。

不安を感じることがあるようなら、歯科医師の力を借りるほうが安心感が得られます。
永久歯に関して、終わりに生えてくる歯に親知らずも挙げることができます。

親知らずは通常の永久歯とは違ったもので、別に生えてこない状態でも支障のない歯になります。
どういった時までに生えてくるのかも人によりけりなのですが、遅くなる人でしたら30歳頃に生えてくる可能性もあります。



幼いあいだの子供は正確な歯磨きができないことが少なくないため、虫歯対策は親が徹底するものと捉えて、こまめに歯のコンディションを見てあげるようにしましょう。

14歳に達しても生えてこない歯があったりすると、永久歯にトラブルが生じている可能性があります。
このようなことに関する検査は早い時期に受けておくべきなので、12歳の最後あたりから気を付けて歯の生え方を把握しておくようにしましょう。
毎日のケアで歯を白くする!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:skok
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/joiuyftd/index1_0.rdf