2009年度恵達東アジアフォーラムが開催

December 14 [Mon], 2009, 17:12
世研伝播機構、「中日伝播?東アジア企業家」誌が主催し、恵達(Huida)グループが協賛する恵達(Huida)東アジアフォーラムが12月8日午後、北京市の長富宮ホテルで開催された。

 同フォーラムは中国、日本、韓国のメディア、企業、研究機関などの民間組織が発起し グッチ アトラス リング 、日中地域交流会などの協力を得て開かれたもので、中日韓3カ国間の交流とコミュニケーションに新たな場を提供した。

 中国社会科学院の劉志明氏は、「世研伝播と中日伝播機構は10年前に設立され、中日間のコミュニケーションと相互理解の促進に努めてきた。調査研究を通じて問題を見出し、フォーラムや雑誌、インターネットなどで宣伝を行い、問題を解決し、中日関係の改善を促進してきた。向こう10年、中日韓を中心とする東アジアを広く伝えることを目標と主要方針としている。中日フォーラムは東アジアフォーラムに改められ、2006年1月に創刊された雑誌『中国日企』は『東アジア企業家』に改版された。注目点と報道の範囲は中国の日系企業だったが、中国企業を主とする中日韓企業に範囲が拡大された。将来的には、協力をさらに強化し中国企業を世界レベルのブランドにできるようサービスを提供していく方針。恵達グループは、私たちのモデルチェンジ期間中における国内で初めてのパートナーである」とあいさつした。

 恵達グループの王彦慶社長が、チャイナネットの取材に応じた。

 チャイナネット:恵達グループが販売する高級便器は、日本のパナソニックや、バス・トイレ・キッチン製品メーカーのTOTOが設計する便器とほぼ同じで、脱臭やウォッシュレットなどの機能がついている。現在の中国市場における、このような高級便器の利用率は。日本でよく知られる便器と比べると、どのような長所があるか。また、価格が少し高い便器を普及させる方法は。

 王彦慶社長:恵達グループが生産する高級便器の現在の価格は8000元から1万元で、TOTOなどは3万元で売られている。機能や外観は大体同じで、価格面においては、中国の購買者は国産の便器を選択するのではないか。今の中国では、 8000元の便器は少し高いため、高級ホテルや高級マンションで利用する人が多い。また、新居を改装する際に購入する若い人もいる。若い人たちは新鮮なものに興味があり、先進的なものを好み、購買力もあるからではないかと思う。より多くの一般市民にこの高級で、多機能の便器を利用してもらうため、弊社は生産コストを下げ、より合理的で効果的な会社管理を行いコストを下げると同時に、多くの資金を商品のデザインや生産などに投下していく。

 中国国際青年交流センターの主任補佐、中韓青年砂漠化防止委員会弁公室の主任である洪桂梅氏は Gucci グッチ リング、「東アジアフォーラムの初志は中日両国の役人、民間、企業、学校、ビジネスの地域間交流のチャネルを構築することだが、さらに重要なのはウィンウィンを実現することである」と話す。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/join86/index1_0.rdf