【骸骨を乞う】霜の軀、陰が照らされる時のより濃い影

April 20 [Fri], 2012, 21:37
なんだか読み進めるのがつらくって、かつてない遅さで読んでおります。数日前にやっと霜の軀を読み終えました。

肉も血も捧げ尽くして、そして最後に残った骸骨を乞う。
そんな物語たちなのかな、とぼんやり思っております。

続きから霜の軀の感想を。

【骸骨を乞う】雪の骨、その薄暗い明るさ軽さ

April 04 [Wed], 2012, 22:55
長い間更新もありませんのに拍手ありがとうございます。

新作を買いました。
お恥ずかしながらまだ読み終えてないのですが、ちょっと覗いてくださる方もいらしているみたいなので、生存報告も兼ねて。

ハードカバーは持ち歩けない(重い!)ので、なかなか読む時間も取れなくて難儀します。
とりあえず「雪の骨」だけは読み終えました。たった今w

初読の呟きをひとつ。例によってたいしてネタバレもしないとおもうんですが一応閉じます。

完結おめでとうございます

July 07 [Thu], 2011, 0:23
読み終わりました。たたむほどの感想ではないのですが、まあ一応。

新刊買ってきました(ネタバレないです)

June 01 [Wed], 2011, 21:41
いやもう、読んでる最中から胸が引き絞られる思いでして、
正直まだ全部読み終わっておりません。
ていうか半分も読めてない。読み進めるの怖い。
ムリムリ。これ以上ムリムリ。怒濤の勢いで明かしすぎ。
ふー。
ゆっくり噛み締めつつ全部読んだらまたちゃんと感想を書きます。たぶん。

峰の嵐か松風か

May 18 [Wed], 2011, 19:39
「酒は飲め飲め飲むならば」後編、アップいたしました。
少女小説の寸止めは正義だと思っておりますが、そこまでも辿り着けず愕然とする思いです。

前編からけっこう間が空いてしまいましたが、なんとか原作の完結編までにあげられて胸を撫で下ろしました。
多分完結しても想像の余地はたくさんあるのでしょうけれど、まあ、気分的なものですよね。
どの時系列に何がねじこめるかが少しくらい未確定のうちにもうちょっと何か書いておきたいかもしれない。

まあそれはそれとして原作の決着は劉秀でお願いしますマジで、と神様に祈る毎日です。
原作は劉秀だと信じきっているからこそ、カップリングで安心して遊べるのであって、劉輝と秀麗がくっつかなかったら、このサイトも劉秀サイトに鞍替えいたしかねません。
幸せな結末を迎えてほしいものです、ほんとうに。

完結編ですって

April 24 [Sun], 2011, 15:18
「黄昏」の時に「あと4巻くらいで完結かな」と予想してましたが、結局3巻分でしたね。
完結編上下巻! 楽しみなような怖いような。厚めの二冊でないと収まらないんじゃないかという気がしますが、でももう解決策は見えてる感じだから大丈夫なのかしら。
発売がものすごく待ち遠しいです。

2011.03.28

March 28 [Mon], 2011, 15:21
たいへんご無沙汰いたしております。
玉秀で「酒は飲め飲め飲むならば」前編、UPいたしました。
リクエストのために一部分だけ書いてはみたものの没にしていたのですが、今になってなんだかそこそこまとまりそうな気がしてきたので、加筆して蔵出しすることにしました。
後編は、いましばらくお待ち下さい。
分けるほどの量でもないのですがまあ、そちらの方が読みやすいかという判断です。
些少なりとも、お楽しみいただければ幸いです。

また、拍手、メッセージまことにありがとうございます。
細々ながらこのサイトをたたまずに続けていられるのは、読んでくださる方のおかげです。

ザビ買いました〜

July 26 [Mon], 2010, 17:20
あの、書き下ろしの掌編に萌え殺されるかと思った。
どれにって?
全部にですよ!

特に李姫と藍家がかわいすぎてぷるぷるしてしまう。

雪乃先生はほんとうにキャラクター小説が見事すなー。
そして人数多いな!
掌編いくつかでこんなにわさわさ人物が出るとかすごすぎる。

拍手ありがとうございます。嬉しいです。

サイト改装しました

July 20 [Tue], 2010, 17:08
読みにくい/管理しにくい誰も得しないサイトに成り果てていたのをどうにかしました。
……どうにかなってるかな? 自信ないですが、まあとにかく。
前々からの個人的憧れ、リキッドデザイン(?)です。
これでサイトを画面のはじっこに寄せて細くしても字が追えると同時に動画見たりほかの作業したりできます。

ザビももうすぐですし、とりあえず心機一転を期して!
意気込みだけが空回りかねないけど!

ほんとは一緒に作品のアップもしたかったのですが、ネタがまとまらないもんは仕方なかった。

あと、沈黙してる間にも、拍手等、ほんとうにほんとうにありがとうございます!
うまくお返事とかできなくてほんとうにすみません。

なにか不具合等ございましたら、ご指摘いただけると幸いです。

名前を言ってはいけない「あの人」、たち?

April 23 [Fri], 2010, 0:45
パクリみたいなタイトルですが、「蒼き迷宮〜」の終盤、ひたすら代名詞でほのめかされる「大官」の話を読むにつけ、
「なんなんだそのヴォルデモ○ト卿扱いは!」って思っちゃったので。

いちおう、蒼き迷宮関連の感想とか考察とかなのでたたみます。