ウル4でた!!ヾ(^◇^) 

August 18 [Mon], 2014, 13:33
僕が一番はじめに買ったスーファミカセットは

スト2でした















ニコニコのコミュのブログにも書いたけど



ウル4がでたぜえええ!!Σp( ̄皿 ̄)ウッシャー

ゲーセンでは前から稼動しててちょこちょこっとやってたけど
今回給料でたらマジ本格的にやってみようかと思う!ワクワク(-^口^-)

今まで前バージョンのスパ4ver2012をやってきた上で
オンライン対戦が
自分の生活に


どういう点がメリットで

どういう点がデメリットか

を肌で感じて思うのが

デメリットのほうが多いw(^◇^;)

ただ
こういう時代を代表するような格闘ゲームが流行してるこの状況は
スト2を一番はじめに買った世代のオレとしては

この時代を生きてる実感を感じさせてくれるモノなわけでしてハイヾ( ̄◇ ̄)

それこそビックウェーブさんから言わせると
(■◇■)「すごいですね 乗るしかない このビックウェーブ」   ←※画像でしか知らない人だけどw
なわけ

今でも覚えてるよ
ゲームショップのフルカラーのチラシを
オヤジ

オカンが9800円!!安い!みたいなスト2の見出しみながら首悩ませてるの
(  ・_・)(´へ` ;)

たぶんオカン的には
小2のオレには高価すぎる、って思ってオヤジに相談してたんだなぁ〜とw
今ならわかる!wその気持ち!w

実際けっこうブレると思うよ
勉強の楽しみを知ろうとする過程から

それぐらいゲームってものは子供にとっては爆発的に魅力的

大人のたばこ並?wいやw比べる例が悪すぎるかwそれじゃあ( ̄▽ ̄ )>ハハハ


なにかに意識がもっていかれることって      ←この場合ゲーム
子供がやるべきことに集中することの意識を散漫にさせるからね


しかも普段はそのゲームを規制されてる(※「ゲームばっかりやっちゃダメ!」)って状況も
集中する、という良い状況に自分を無意識に置く弊害になる
_________________


ゲーム自体を(買い与えてあげたにもかかわらず)
親から規制される
のではなく
ソフトの規制をされれば       (例:そのソフトをクリアしないと次のソフトを買ってあげない,等・・)
ゲーム自体には集中できるから
集中の目的が@勉強 A学校での友達付き合い B今回買ってもらったゲームのクリア

集中する矛先が増えるだけで

本人の集中の根本が揺らいで散漫になる可能性は低い


ゲームをやること自体
まず@とAを達成した後に許される
という状況では
楽しいゲームをやりたいという意識

集中の意識が前者の方法よりはそがれる可能性が高いと思う

そもそも
親がゲームを
“あまり長くやらせてはいけない”
という概念だけ認識していて
なぜ“長くやらせてはいけない”のか
を理解していないことも
    ゲームが原因による    親子関係の歯車がズれる要因をつくっていると思う

じゃあなぜ“ゲームを長くやらせてはいけない”のか?
オレなりの見解では

そもそも上で書いた理由
【1】ゲームを長くやってはいけない理由を知らない親がほとんどだから  ←親自体がゲームで育ってないから
であり
【2】目が悪くなる
であり
【3】ゲームをやることが意外とストレスの原因となる  (※ゲーム自体の難易度、ゲームの順番決め、、、etc)
であり
【4】所有欲の幼少期での増幅   (今のがクリアできなくても新しい魅力的なソフトはどんどんでる)
【5】無意識なうえでの時間の浪費
【6】親に応援してもらえない状況に身を置く環境でそれでも魅力的なもの(※ゲーム)をやめられず、@の時もAの時もゲームをやりたい、、、でも@もやらなきゃ・・という中途半端な集中状態を誘発する

この中で
子供にゲームを中止される理由に
一番わかりやすい理由
【2】を大抵の親はあげがちだが  「ゲームしてると目ぇ悪ぅなるよ!!J( ̄口 ̄)L」
子供にいい聞かせるためでなく、本当に理解しなきゃいけないのは【1】である

なぜなら【1】を知らないことで
漠然と親は子供のゲームでの達成を無駄なものとして誉めなくなりがちだから

【1】の長くやってはいけない理由を親自体が知らないと
結局それ自体が子供に【6】の状況に追い込む
という無意識の悪循環に陥るからだ  ←無意識ってのがホントにやっかい

________________



だがオレらゲームをやって育った上で大人になったオレらは違う

オレらは【2】だけじゃなく
【3】〜【6】というゲームやる上での弊害も肌で感じているはず!!!Σp( ̄m ̄)

その【3】〜【6】を肌で感じてそれを自覚できれば
【1】もオレらは理解できるはず!!!Σp(`◇´ )ウッシャー
そうすれば
オレラの親(ゲームをしないで育った世代)がわからなくてできなかった
子供に安心してゲームを買い、楽しむ姿をみる、、、、、、、、、ということができるはずだ


もうむやみにイメージだけで
子供にゲームをやらせるのをこわがる時代は終わったんだ

オレらはこの点に関してだけは頭で理解しながら子育てをgrade upさせられるはずだ

そして先代が抱えていた問題点を確実に頭で認識して解決していくことによって



これから新たにオレら世代で生まれる子育ての難題(先代視点でいうところの今回のゲームを買い与えることは勉強の妨げになるんじゃないか、という難題 オレら世代視点でいうところの いまだみぬこれから生まれる難題)



にも

冷静に待ち構える覚悟ができる
それを自分達の世代で解決する準備が整う   はず(^口^;)>