ピン ラプチャー」キニスンが

September 09 [Fri], 2011, 12:31
>「わたしはそのような惑星を二つ知っている。パレイン系の近くにきわめて変化のはげしい太陽があり、その惑星のうち二つには、生物が住んでいる。高等な生命形態はすべて、外形的にばかりでなく、組織的にも、周期的に極端な変化をこうむる。それらの生命形態のうち、もっとも高等なものは、はなはだ知的である」
「ありがとう、ナドレック。おかげでわたしの報告は信じられそうだわ。問題の生物のひとりの思考から、わたしはそのような太陽系を再構成したんです。そればかりでなく、その生物自身が、そのような種族に属していました。その再構成は、ほんとにすばらしく明確でした」カミラは訴えるようにつづけた。「そして、他の生命形態、とくにキャットの『四季』にぴったり一致していました。キャット、その証拠をみせましょう――いまだけ精神障壁を崩壊しなさい――あなたは自分が知覚したあの生命形態の分Ping Rapture類を、だれにも七部分以上は話したことがないでしょう? 考えたこともないんじゃない?」
「ないわ」キャスリンの心は、警告を受けた瞬間から、読めなくなっていた。
「その七部分をあげてごらんなさい。RTSL以下をね。つぎの三つはS―T―Rだったわね。あたっている?」
「あたっているわ」
「だが、それでは生命形態が一定しているじゃないか!」キットが叫んだ。
「わたしもはじめはそう思ったわ――ついにボスコーンをつきとめたとね。でもね、キャット、あなたがあの生命形態にぶつかるよりずっとまえに、トレゴンシーとわたしが『X』をはじめて感じたときは、彼の形態分類はTUUVだったわ。キャットのを夏の形態とすれば、それは春の形態にぴったりよ。でも、筋がとおらない点は、少しまえ彼が自殺したときは、夏期形態はとうに存在し得ない時期だったし――春期形態はいうまでもないのに――彼ピン ラプチャーの形態分類は、やっぱりTUUVだったことよ。十部分までTUUVWYXXWTだったわ」
「よろしい、つづけなさいうながした。「だからどうしたというのかね?」
「明白な解釈としては、これらの生物のひとりまたは全部が、とくにわたしたちに対してではなく、すべての有能な観測者に対して――わたしたちは比較的知られていないでしょうからね――一定の思考を植えつけられていたということだわ。もしそうだとすると、彼らはなんの意味もないわ」カミラはいま、自己の力を過大評価したり、ボスコニアの力を過小評価したりしていなかった。「これほど明白ではないけれど、ほかに二、三の事実が、同じ結論に通じているわ。でも、トレゴンシーはそのどれも信用しようとしないし、わたしもそうよ。わたしたちのデータがまちがっていないと仮定して、もう一つ説明しなければならないのは、宇宙での位置が――
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dvddisk
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jodys/index1_0.rdf