野毛山動物園で「どうぶつたちのSOS展」-週末クイズラリーも /神奈川 / 2010年04月04日(日)
 市民に無料開放されている横浜市立野毛山動物園(横浜市西区老松町63)で、アースデイにちなんだ春のキャンペーン「どうぶつたちのSOS展」が開催されている。(ヨコハマ経済新聞)

 同展は、動物園の役割のひとつである野生動物保護活動の一環として同園が行う「絶滅の危機にある野生動物を守ろうキャンペーン」。今年で4回目を迎え、期間中は環境保護団体と協働で、地球上に生息し絶滅の危機に追い込まれている野生動物たちと人間のライフスタイルについて考えるさまざまなイベントを実施する。

 パネル展では、ワシントン条約の内容や国際取引が規制されている野生生物を紹介する「希少野生動物の国際取引の現状」コーナー、日本の森のアンブレラ種であるツキノワグマの生活を考える「クマと日本人との関わり」コーナー、絶滅の危機にあるアムールトラの生態や現存する問題、解決への参加方法などを紹介する「アムールトラねっと〜アムールトラを守ろう〜」コーナーを設置。

 ウィークエンドイベントとして、横浜税関に保管されているトラの毛皮などの輸出入禁止品を紹介する「押収品展示」(4月3日、4日)、アムールトラの生息地の状況やそこで直面する問題に触れるアムールトラねっと人形劇「トラちゃんの里がえり」+トラクイズ大会(4月10日、11日)を開催する。

 期間中の土曜・日曜日には、ツキノワグマ、アムールトラ、カメのポイントを周ってクイズに答える「どうぶつたちのSOSクイズラリー」も行う。

 野毛山動物園の加藤妙さんは「地球に共に暮らす仲間たちのライフスタイルについてみんなで考えてみましょう。週末に行う紙芝居やスタンプラリーは、お子様にも分かりやすい内容となっていますので、ご家族で是非ご来園ください」と話している。

 開園時間は9時30分〜16時30分(入園は16時まで)。月曜日休園(祝日の場合はその翌日)、4月5日と26日は臨時開園。キャンペーンは4月18日まで。

 「アースデイ」は1970年にアメリカで始まった地球について考え行動する日で、現在では世界184の国と地域、約5,000カ所で行われている世界最大規模の地球環境系のフェスティバル。

 横浜市立野毛山動物園は2月14日、2009年度の入園者数が60万人を突破した。来園者数が60万人を超えたのは18年ぶりのことで、国内最高齢のフタコブラクダ「ツガル」をはじめ動物の話題が豊富だったことや、8月に初実施した夜間開園「ナイトのげやま」、開国博Y150の開催などが来園者数増加につながったようだ。同園は4月1日に開園59周年を迎えた。

【4月3日21時0分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000006-minkei-l14
 
   
Posted at 08:53/ この記事のURL
フリマにステージ…北久里浜桜まつり、家族連れでにぎわう/横須賀 / 2010年04月04日(日)
 横須賀市根岸町の根岸交通公園で開催中の第12回北久里浜桜まつりは3日、フリーマーケットやステージなど多彩なイベントが行われ、家族連れなどでにぎわった。北久里浜まちづくり協議会、大津観光協会、北久里浜商店街振興組合の共催。

 フリーマーケットは地域住民らが不用になった子ども服、おもちゃ、食器、手作りのアクセサリーなどを持ち寄り販売する恒例行事。桜の下で掘り出し物を探す人と売り手が値段交渉をする姿も見られた。ステージでは「浦賀交通安全の集い」が行われ、交通事故防止への誓いを新たにしたほか、演奏、ダンスなどが、にぎやかに繰り広げられた。

 同祭りは4日も開かれる。午前10時から午後5時まで。会場は京急線北久里浜駅から徒歩7分。

【4月3日22時30分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000034-kana-l14
 
   
Posted at 08:53/ この記事のURL
手数料制度導入に反発、旅行代理店が海外航空会社2社のチケット販売を拒否―中国 / 2010年04月04日(日)
2010年4月1日、北京市の主要旅行代理店は記者会見を開き、エールフランス及びKLMのチケットを同日より取り扱わないと宣言した。3月31日には上海市の主要旅行代理店も同様の声明を発表している。2日付で広州日報が伝えた。

エールフランス及びKLMは4月1日よりチケット販売を代行した旅行代理店に対する支払い制度を変更した。従来はチケット料金の一部に旅行代理店への支払い分が含まれていたが、1日以後はチケット料金とは別に代理店が手数料を取るよう求めている。

【その他の写真】

この手数料制度は海外ではかなり普及している方式ではあるが、これまで中国には導入されていなかった。旅行代理店大手の携程旅行網(Cトリップ)は、(1)現行法と矛盾する (2)統一基準を欠く (3)使用している中国民航情報ネットワークのシステムが対応していないことを反対理由に挙げた。

中国の航空チケット販売は80%が旅行代理店経由。販売拒否はエールフランス、KLMに大打撃を与えるものとなる。市場の大半を握る旅行代理店側は一歩も引かない構えを見せており、両航空会社は困難な決断を迫られることとなった。(翻訳・編集/KT)

【4月3日22時34分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000020-rcdc-cn
 
   
Posted at 08:16/ この記事のURL
ダイエー 業績予想を上方修正 / 2010年04月04日(日)
 ダイエーは2日、2010年2月期連結業績予想を上方修正したと発表した。売り上げの下落傾向に歯止めがかかりつつあることに加え、販管費の削減によって、営業損益は1月時点の予想に比べ、23億円改善し、12億円の赤字(前期は59億円の黒字)にとどまる。2月に実施した大規模な値下げセールも改善に貢献した。

 売上高は0.7%増の9768億円、最終損益は125億円の赤字から5億円改善の120億円の赤字になる見通し。

 ダイエーでは「力強く回復しているとは言えないが、トレンドは徐々によくなっている」と話している。

  4月3日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000028-fsi-bus_all
 
   
Posted at 07:41/ この記事のURL
市場の話題(2):注目される主なLED関連銘柄は24銘柄 / 2010年04月04日(日)
 LED照明分野の技術競争力でトップに立つメーカーは日亜化学工業(非上場)だが、以下、パナソニック <6752> 、シャープ <6753> 、京セラ <6971> 、豊田合成 <7282> 、住友電気工業 <5802> 、パナソニック電工 <6991> 、東芝 <6502> などが挙げられる。

◎LED照明
・パナソニック電工 <6991> =同社と東芝ライテック(非上場)2社で、LED照明市場のシェアの過半数を占める。LED照明事業を2010年度には08年度比約2倍の約150億円、12年度には300億円を目指す。
・東芝 <6502> =東芝ライテイングとパナソニック電工LED照明市場のシェアの過半数を複占。2016年3月期にLED事業の売上高1400億円を目指す。「LEDモジュール」を自社量産し、09年から3年間で約100億円を投じて国内に生産設備を導入。
・シャープ <6753> =「ソーラー・LED照明灯」などの新機種を発売。
・ローム <6963> =業界最薄のLED照明の量産を開始。
・ナカバヤシ <7987> =09年2月にLED蛍光灯を発売。従来の蛍光灯取り付け器具で使えるため、工事不要。
・NEC <6701> =「ライティングフェア2009」でLEDペンダントライトや有機EL照明などを出品。

◎LEDチップなど
・昭和電工 <4004> =世界トップの発光効率を有する超高輝度4元系赤色LED素子の開発に成功、09年4月から量産開始。「植物工場」の育成に最適な赤のLED照明回路などを開発し、近紫外〜赤外線までのフルカラーをカバーする超輝度LEDチップを世界で初めてラインナップ。
・豊田合成 <7282> =LEDチップ世界大手5社の一角。携帯電話、ノートPC、自動車向けが主力だが、テレビ、照明向けにも注力。青色LEDの出力では世界トップ水準。
・電化 <4061> =09年10月から、液晶テレビのバックライトに使われる白色LED用の「サイアロン蛍光体」の発売を開始。温度上昇による輝度・色の変化が小さく、高輝度・高画質化が可能に。
・シチズンHD <7762> =子会社のシチズン電子が日亜化学の株式を取得。
・スタンレー<6923.T>=最大手の日亜化学工業と白色LEDの生産・販売で提携。
・岩崎電気 <6924> = LED照明を米GEから調達し大型施設向け機種拡充。2015年に売上50億円を目指す。
・光波 <6876> =LED活用の自動販売機用ボタンに強み社。ディスプレーやマルチランプ、鉄道信号なども。
・オーデリック <6889> =住宅用LED照明を開発。
・大和ハウス <1925> =09年4月に初年度200億円の販売を目指し商業施設向けのLED照明システムを投入。

◎LED製造装置・製造装置関連
・大陽日酸 <4091> =世界に3社しかないLED製造用MOCV装置(材料のウエハー上に特殊な膜を作る)メーカーの1社。
・東洋炭素 <5310> =LED向けにSicコーティング黒鉛製品シェアトップ。強度・耐熱性に優れ、LED製造装置の台座に使用される。
・新川 <6274> =LED用ダイボンダ(接着装置)を育成中。
・旭ダイヤモンド <6140> =LED用サファイア基板をカットするダイヤモンドワイヤの需要が増加。
・TOWA <6315> =LED封止装置で足元好調。
・サムコ <6387> =LED用の回路形成のために余分な素材を削るエッチング装置や成膜装置が台湾で高シェア。3月17日には「最近、有力LEDメーカー2社より16台大型受注」と発表。
・アルバック <6728> =成膜装置やエッチング装置を生産。中国で2010年秋にもLED製造装置の生産開始へ。中国での外資によるLED装置の生産は同社が初。
・ディスコ <6146> =LED基板向けのレーザーソー(切断装置)は足元で引き合い急増。
・フルヤ金属 <7826> =LED基板材料のサファイア単結晶の育成に使用するイリジウムルツボは国内シェア9割。LEDの用途拡大により、サファイア基板のサイズアップが必要で、大口径ルツボを製造できる優位性が高まる。(編集担当:佐藤弘)

【4月3日14時22分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000016-scn-bus_all
 
   
Posted at 07:06/ この記事のURL
トニー・レオンとカリーナ・ラウが人工授精を断念、「代理母」出産も検討か―香港 / 2010年04月04日(日)
2010年4月2日、トニー・レオン(梁朝偉)とカリーナ・ラウ(劉嘉玲)夫婦が、人工授精を断念。今後は自然な妊娠を目指すという。文匯報が伝えた。

2008年7月に長年の交際を経て結婚したトニーとカリーナ。2世誕生への希望をたびたび口にし、香港の有名な産婦人科医・何永超(ホー・ウィンチュウ)氏のもとで、ずっと体外受精による着床成功に挑んでいた2人だが、思わしい結果が得られないどころか“期待薄”が濃厚なため、人工的な妊娠を断念したという。

【その他の写真】

香港メディアによると、2人は今後、自然妊娠に望みをかけるとのこと。ただし香港では、代理母出産も法律で認めているため、これが赤ちゃん誕生の最終手段になる可能性もあるという。(翻訳・編集/Mathilda)

【4月3日20時35分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000018-rcdc-ent
 
   
Posted at 05:57/ この記事のURL
<自転車>シドニー五輪代表の阿部良之がマトリックス移籍 / 2010年04月04日(日)
 国内最高峰のジャパンカップの唯一日本人優勝者、シドニー五輪代表の阿部良之(40)が、4月1日付けでシマノレーシングからマトリックスパワータグコラテックに移籍した。阿部の加入により、マトリックスはこれまでの7人と合わせて8人体制(テスト生2人を除く)で2010シーズンを戦っていく。

阿部良之
1969年8月15日生まれ 40歳
2010年4月1日よりチーム加入。
2000年のシドニーオリンピック出場を筆頭に、1995年のアジア選手権優勝、1997年のジャパンカップ優勝、全日本選手権優勝など数多くのリザルトを持つロード界の重鎮。また1997年には当時世界最強といわれたマペイGPチームに移籍、本場ヨーロッパでも輝かしい成績を残す。

★主な戦歴★
1997 ジャパンカップ優勝、全日本選手権ロード優勝
2000 全日本選手権ロード優勝、シドニーオリンピックロード出場
2006 アジア大会チームタイムトライアル3位 4月1日11時58分配信 サイクルスタイル・ドットネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100401-00000000-cyc-spo
 
   
Posted at 05:24/ この記事のURL
F1マレーシアGP予選、雨で大混乱の予選はウエーバーがポール。可夢偉9番手 / 2010年04月04日(日)

 F1第3戦マレーシアGPの予選はウエットコンディションの中で行われ、レッドブルのマーク・ウエーバーが今季初のポールポジションを獲得した。2番手はニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、3番手にセバスチャン・ベッテル(レッドブル)。BMWザウバーの小林可夢偉はQ3に進出し、9番手につけた。

 現地時間午後4時からのセッションを前にコース上には弱い雨粒が落ち始め、マレーシアの予選は今季初のウエットコンディションで争われることになった。気温、路面温度ともに30度。

Q1
 波乱の幕開けとなったQ1。20分間のセッションは序盤こそインターミディエイトタイヤでの走行が可能だったが、後半に進むにつれ路面コンディションはフルウエットへと悪化。さらにコースはセクター2付近の路面が最初はさほど濡れていなかったため、この状況を読み誤ったチームがアタックのタイミングを逸し、フェラーリ2台とルイス・ハミルトン(マクラーレン)はノックアウトゾーンからフルウエット下でのタイム更新を強いられることとなった。

 セッション終盤になっても状況は好転しない。ハミルトンとフェラーリ2台は必死のアタックを続けたが大きくタイムを上げることは出来ず、あえなくQ1で脱落。さらに13番手タイムを出していたジェンソン・バトン(マクラーレン)もコースオフを喫してグラベルにストップし、バトンはコース復帰できずに予選を終える。
 一方で上位はロバート・クビカ(ルノー)、ペドロ・デ・ラ・ロサ(BMWザウバー)、ベッテルとなり、可夢偉もタイミング良くアタックして5番手に入ったみせた。

Q2
 Q2を前に雨がほぼ止んだため、最初のタイヤ選択が読めない中で各チームは走行をスタートする。しかしすぐにミハエル・シューマッハー(メルセデスGP)を始めとするインターミディエイト勢のタイムが先行し、全車がインターミディエイトを装着する。そこからは路面コンディションも急速に回復していったため、各車周回を重ねる毎にトップタイムが更新される展開となった。

 そんな状況の中でトップに立ったのはベッテルで、クビカを抑えてトップでQ3へ進出。3番手以降にはエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)、ニコ・ヒュルケンベルグ(ウイリアムズ)、ロズベルグと続き、期待の可夢偉も6番手に入って初のQ3進出を果たした。そのほか、ウエーバー、ビタントニオ・リウッツィ(フォース・インディア)、ルーベンス・バリチェロ(ウイリアムズ)もトップ10内に入り、シューマッハーも10番手ギリギリで最終セッションへと進んでいる。

Q3
 セッションを前に雨足が強まりコースはヘビーウエットへと変化、そのため開始直後には赤旗が出されてセッションが一時中断するなどQ3は波乱の中で幕となる。
 残り7分からセッションが再開されると、ウエットタイヤでの争いの最中、ウエーバーだけがインターミディエイトを履き一か八かの勝負に出る。するとこの作戦が見事に的中し、ウエーバーはアタック2周目でトップに浮上。さらにラストアタックではQ3唯一の1分49秒台となる49秒327をマークして自身2回目のポールポジションをやすやすと手に入れる。
 一方、ウエットタイヤでの争いはロズベルグが制し、初のフロントロウ2番手を獲得。3戦連続のポールを目指したベッテルは3番手に甘んじた。

 Q3進出を果たした可夢偉はリウッツィを上回り、予選自己最高位となる9番手を手に入れている。

[オートスポーツweb 2010年4月3日] 4月3日21時18分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000002-rcg-moto
 
   
Posted at 04:52/ この記事のURL
IEの解放済みメモリを使用する脆弱性の検証レポートを更新(NTTデータ・セキュリティ) / 2010年04月04日(日)
NTTデータ・セキュリティ株式会社は3月31日、同社が3月12日に発表した「Microsoft Internet Explorer(IE)に発見された、解放済みメモリを使用する脆弱性(CVE-2010-0806)に関する検証レポート」を更新した。これは、マイクロソフトが本脆弱性の修正プログラム(MS10-018)を公開したことを受けたもの。本脆弱性は、細工されたWebページの閲覧などでローカルユーザと同じ権限が奪取されるというものであったが、修正プログラムを適用した上で再度検証を行った結果、脆弱性の再現ができなかったことをレポートに追加した。


【関連リンク】
IEにおける解放済みメモリを使用する脆弱性(CVE-2010-0806)に関する検証レポート(PDFファイル) 4月2日15時42分配信 Scan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000001-vgb-secu
 
   
Posted at 04:18/ この記事のURL
IFRSタクソノミの日本語翻訳版を公表、IASCF / 2010年04月04日(日)
 IASCF(国際会計基準委員会財団)は3月30日、IFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)で利用できるXBRLタクソノミの日本語翻訳版を公開したと発表した。IASCFは英語のIFRSタクソノミを中国語や韓国語、フランス語などに翻訳していて、日本語訳についても作業を進めていた。

 日本語に翻訳したのはIFRSタクソノミの2009年版。まずは項目の表示順などを定義するリンクベースのみがダウンロード可能で、IFRSタクソノミの内容を確認できる「IFRS Taxonomy Illustrated」や、利用支援ツールの「The IFRS Taxonomy Modules Manager」の日本語対応は、まもなく開始する予定だ。

 IFRSタクソノミの2010年版は現在、公開草案を公表しコメントを集めている。 IASCFは最終決定でき次第、2010年版の翻訳作業を開始するとしている。 4月2日20時32分配信 @IT
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000002-zdn_ait-sci
 
   
Posted at 03:46/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!