公定歩合の引き下げ 

2013年10月15日(火) 6時54分
景気が悪くなるのを食い止めるため、
日銀も手を打つようになります。
その時日銀が打った手は、公定歩合の引き下げでした。
これによって景気は少しずつ回復に向かっていったので、
これはよかったのですが、その後も低金利政策が続いたことが、
問題だったと言われています。

低金利ということは
大きなお金を借りてもほとんど金利がかからないため、
不動産投資などのために、
大きな金額を銀行から借りることが可能になります。
そして、不動産業者や建設業者などは、
その大きな資金を持って、
大々的な投資、投機を行います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jnx5i7iaw
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる