研修というか回想というか・・・ 

2006年10月04日(水) 16時18分
モーリシャスから帰って3ヶ月が経ちます。

何かupするようにとの社命が下され、『タイトル研修日記だけどいいのかなぁ??』なんて思いつつ、何を書こうか模索していました。

そこで、今回はたまたま見かけたウエディングについて。

場所はモーリシャス西側フリッカン・フラックという綺麗なビーチ沿いに建つシュガービーチ・リゾートです。シンガポールからご家族連れでいらっしゃってました。私たちがホテルに着いた時に、セガ・ミュージシャンが出てきて、ガーデンでセガダンスが始まりました。
写真ではかなり分かり難いと思いますが、中心にいるカラフルな人たちがセガダンサーとカップルです。何しろフロントがある2階から撮っているので、ZOOMしきれないんですね。

その後、隣のラ・ピローグまで歩いて見学に行く途中、写真撮影中のカップルにバッタリ。挙式は午後から行うので、写真は夕方が多いです。この日は快晴ではなく、ちょっと曇りがちだったのですが、夕暮れをバックにとても幸せそうなお2人でしたなんか羨ましい。。


日本からも挙式するカップルが増えていますよ!!リーガル婚なので、戸籍に『モーリシャス共和国の方式により婚姻成立』の一文が記載されるんですよ♪ちょっとお洒落だと思いません??

次回、何を題材にしようかしら・・・。いや、その前に次回はいつup出来るかしら・・・。

とても不定期な研修日記〜その後編〜ですので、悪しからずm(_ _)m

祝!1000hit 

2006年09月08日(金) 12時04分
開設1ヶ月半、訪問者は1000名を越えました

本当に有難うございます

モーリシャス旅行の参考になれば幸いです。

これからもたまには見て下さいね

番外編〜食 

2006年07月06日(木) 17時49分
番外編という事で、旅の楽しみのひとつである『ごはん』を取り上げてみたいと思います。

私は機内食フリークでして、毎回機内食の写真を撮ってるのです。絶品とまでは行きませんが、やめられません。結構ボリュームがあります。

今回は、キャセイ・パシフィック航空とモーリシャス航空の機内食例をどうぞ。

左:キャセイ航空、香港−成田線、右:モーリシャス航空、香港−モーリシャス

次に、ホテルのごはんを紹介します。よくお客様から質問を受けるのが、このホテルの食事なんです。それだけ食事は重要ってコトです
私は旅行に行くとごはんの写真を撮ってます。・・・つまり私はごはんが好きって事かも。
基本的にビュッフェ・スタイルを取ってますが、侮る無かれ。食べきれない(もとい選びきれない)程種類が豊富だったりします。
写真はトゥエスロックの夕食のデザート・コーナーの写真ですが、写真に収まりきれないんです。本当はアイス・コーナーとか冷えたデザート・コーナーもあるんです。

メインも洋食も中華もあって、大きな肉の塊をその場で切ってくれます。ま、まいうぅ

ちなみに、ビュッフェ・スタイルではない場合はターブル・ドートになります。前菜・メイン・デザートを2、3種類の中から選びます。すると、写真のように綺麗に盛り付けて持ってきてくれます。こちらはテルフェアのディナーのメインです。たぶんお魚。

朝食も今は『温かいものは温かいうちに』との配慮で、卵料理なんかは注文して作ってもらうスタイルが主流になりました。
私のお気に入りはオムレツにチーズとトマトのトッピングです。とろ〜りチーズが溶けて良い感じです。パンはクロワッサン、バゲット、マフィン、パンケーキ、デニッシュがあります美味しかったなぁ。
テーブル近くまで小鳥がやってきて、爽やかな朝を演出してるわけですよ。清々しいです。

以上、本編で伝えきれなかったモーリシャス食事編でした。

帰国の途につく 

2006年07月05日(水) 22時25分
毎日ホテルが変わると、荷造りも上手くなってきます

ホテルをチェクアウトし、東海岸を南下して最後のホテル『Le Preskil』に。空港から近く、主にトランジット用として利用しています。写真のお部屋はグレードが少し上です。室内は綺麗にまとまっているのですが、バスタブがありません。やっぱりトランジット用ですね。

モーリシャスのプレザンス国際空港は、到着時にも免税品を買えるという特殊な空港です。広い空港じゃないので、迷うこともないでしょう。ラウンジもしっかりしてるので、ファースト、ビジネス利用の方は寛いでください。

モーリシャスから10時間の空の旅で翌日の昼、香港に到着です香港では乗り継ぎ時間が2時間30分あるので、ブランド品を買いたい場合はここで。
更に4時間の空の旅で成田空港に到着です。

あっという間の8日間だったけど、島1周フルに回れました。
ブログを読んで下さった皆様が、少しでもモーリシャスに興味を持っていただけたら幸いです。

最後に番外編を作成します。お楽しみに

最終日はご褒美を 

2006年07月05日(水) 15時06分
今日でモーリシャスともお別れ
最初にトゥエスロックの他のカテゴリーのお部屋をご案内します。こちらはハイビスカス・ウィングのジュニアスイートです。ハイビスカス・ウィングとコーラル・ウィングにはデラックスもありますが、内装は右の写真に似ています。

オーシャン・スイートはフランジパーニ・アイランドにあって、内装はジュニア・スイートと似ていますが、更に広い!ここのバスルームはよく写真に使われているから、見たことある人も多いんじゃないかな?

この白壁がギリシャを彷彿とさせて、良い意味でモーリシャスっぽくないですよ
トゥエスロックにもGivenchy Spaが入っていて、丁度午後予約が取れたので試してみました私が体験したのはアロマオイルを使ったリラックス・マッサージで、1時間のコースだったけど、あっという間に終わっちゃった。

さて、午前中、イル・オ・セルフに行きました。折角トゥエスロックに泊まってるのに、アクティビティしないなんて勿体無さすぎですから。
滞在時間1時間30分あったし、グラス・ボトム・ボートに乗ってきました。スピードボートで海に出ると、そこはエメラルドグリーンとディープブルー、2色の幻想的な海が広がってました。透明度も抜群!船底を泳ぐお魚さんもクリアに見えます。

1時間のクルーズが終わって、ビーチをのんびりお散歩して帰ります。私の足が海に入ってるとは思えない程透明でしょ?
イル・オ・セルフは遠浅で、見渡す限りの美しい光景が何よりのお土産です

モーリシャスは決して近くはないけれど、来た人を虜にするモーリシャンだったり風景だったり。研修も終わりに近づき、ふとそんな事を考えてみたりします。

MRU6日目〜ホテル巡りAファミリー派?カップル派? 

2006年07月04日(火) 18時35分
次は『Le Coco Beach』です。家族の家族による(それはない)家族のためのホテルです。内装がPOPだし、キッズ・プログラムも充実してます。そして、ここのメイン・レストランがすっごーく広い余りにも広いから、目印のマークが付いている程。これでお子さんも迷わないって訳です。室内も可愛らしくまとまってます。
というわけで、小さなお子様連れのお客様向けです

いよいよ佳境に入ってきて、次は『One & Only Le Saint Geran』の登場です。落ち着いた風格のあるホテルを求めるハネムーナーから大変人気があるホテルです。
人気は日本だけに留まらず、本家?ヨーロッパでも支持されています。なので、年末年始の予約を取るのは至難の業なんです

お部屋もお上品だし、セレブ気分を満喫するのにはもってこいですね。芝生にハンモックがあるなんて優雅でしょ?

スパは南太平洋で最初に作られたGivenchy Spaだし、ゲイリー・プレイヤー設計の9ホールのゴルフコースもあります。それから、3星シェフのアラン・デュカスがプロデュースしたアラカルト・レストランもありますよ。


モーリシャス最後のお宿は『One & Only Le Touessrok』です。しかも、大人気のフランジパーニ・アイランドです最後を繭玉バスタブのジュニアスイートで終われるなんて、幸せ
トゥエスロックは全室オーシャンビューだけど、フランジパーニは寝ながら海見えるし、バスタブに入りながらも海が見えるのだ。

明日、自由時間が作れるか分からなかったから、急いでイル・オ・セルフに行って来ました。滞在時間5分 笑 詳しくは明日

左の写真は、フォーム・バス(いわゆる泡風呂)をしてみたものです。もちろん手で泡をすくってフッ!と飛ばしたりもしました(※独りで泊まってます)

MRU6日目〜ホテル巡りもラストだ@ 

2006年07月04日(火) 15時45分
ホテル視察は今日でほぼ終了。ラストスパートだ

まず、ベル・マール・プラージュのプレステージ(デラックス)を見学してから『BEAU RIVAGE』へ。白砂のビーチが美しいホテルで、お部屋はカテゴリーが結構分かれてます。
スーペリアとデラックスは大きさも内装も同じだけど、1階がDLXになって、2・3階がSUPになります。モーリシャスではダイレクトにビーチへ出られる1階の方が人気があります。

ボー・リバージュのシニアスイートは、これまた趣向を凝らしていて、アフリカがテーマの部屋は象牙っぽいのがベッドの端に付いていて、カーテンがゼブラ柄だったりするし、中国がテーマの部屋は、赤を基調とした漢字ありの中華料理屋っぽい(表現下手ですみません)し、1番上のスイートはマハラジャ・スイートと言って、そりゃあもうマハラジャですよ 笑


次はボー・リバージュの隣の『THE RESIDENSE』です。テルフェアのお姉さんホテルとでも言いましょうか。ナチュラルテイストの綺麗なホテルで、私の好みにバッチリハマりますオープンして9年が経ちますが、一向に古さを感じさせないのは、流行を追わずシンプルだからかな。


お部屋の中もコットンや麻のリネンを使用していて、外の光を取り入れた室内は明るいです。特にドレッサーの前には窓が付いていて、これは自然の光でお化粧出来るように、との心配りです蛍光灯と自然光とでは見え方が違うもんね。


スパの名前はサンクチュアリと言って、これまた落ち着く空間です。一つ言えば、全て建物内の部屋になってる事。オープンスペースで外の景色が見えたり、グリーンが見えれば尚“サンクチュアリ”感が増すんじゃないかな?

MRU5日目〜ホテル回りは大変だ 

2006年07月03日(月) 17時15分
午後の部のスタートは『LEGENDS』から。ここもお手頃価格のホテルで、北部にあるので1年を通して楽しめます。
風水(現地ではフェンスイFeng Shuiと読みます)をテーマにしていて、カテゴリー毎にテーマが分けられています。これ、珍しいね。例えば、スーペリアはメタル(金属)だし、デラックスは水、JRSは木です。


ここから東海岸へ移動
次は『Le PRINCE MAURICE』です。高級ホテルらしくJRS以上のカテゴリーしかありません。ただ、残念なのはJRSでもオーシャンビューじゃない部屋があるってことしかもO/V確約出来ません・・・。グレードが高いだけに惜しい!
お部屋は落ち着いていて素敵ですよ。


プリンスモーリスから南へ下ること15分の『BELLE MARE PLAGE』です。ゴルファー必見!18ホールのチャンピオンシップコースが2つもありますモーリシャスのリゾートホテルでゴルフ場があるのは珍しくないけど、2つあるのはここだけです。

それから、スパは資生堂の『Qi』です。とっても人気があるので、予約必須。驚く事に3日先まで埋まってた!資生堂は海外では高級コスメブランドなんですよ。

今日のお部屋はなんとJRSしかも、ベッドにはお花が散らばってましたハネムーナーみたいね。そういえば、私はルーム・キーが上手く使えなくて、ドアが中々開かないことが多かったけど、ここはカード・キーだから、軽々開いて、ささやかだけど嬉しかった


夕食の帰り、空を見上げたら、南十字星が輝いてました明日も晴れるね。

MRU5日目〜ホテル回りAとグランベ 

2006年07月03日(月) 17時06分
本日3つめは『Le Mauricia』です。グランベにあるビーチカンバーホテルズのホテルで、ヴェランダの近くにあります。
ヴェランダよりランクは上になりますが、スタンダードなホテルなので、家族連れやお友達同士向けです。ここもグランベの内湾にあり、対岸の同系列ホテルのカノニエにはシャトルボートが出ています。モーリシアのナイトクラブは船をモチーフにしていて、良い雰囲気を醸し出してます


という事で、続いて『LE CANONNIER』です。カノニエ岬にあります。家族連れが多く、ファミリー・アパートメント・ルームを増設しています。
今日はて暑いこともあってか、プールには大勢のお客さんがいました。気持ち良さそう。
カノニエのスパはジャングルの中みたいで面白いエコな感じがとてもgood◎コンセプトとしては私と現地駐在員伊藤の心を掴んだのでした


4つ回ったところで、お昼はグラン・ベSunset Cafeで。グランベは、英語表記はGrand Bayだけど、フランス語表記はGrand Baieとなります。
こ洒落たカフェは専ら観光客用で、現地民は高くて行きませーん。だって、ランチが普通に1,000円くらいするんだもん日本と変わりません。でも、量は日本より多いです。結構多いです。
グランベに停泊してるクルーザーを見ながら食べるパニーニ、美味しかったなー。。

午後も張り切って行きましょう

MRU5日目〜HIGH & LOWの巻 

2006年07月03日(月) 17時00分
朝、トゥル・オ・ビッシュのが美味しくて、つい食べ過ぎてしまった。。。

さぁ本日1軒目はモーリシャス最高級の老舗『Royal Palm』です。1歩足を踏み入れた時からして違います。もう、オーラがプンプン漂ってますからフロントを抜けたテラスからはエメラルドグリーンに輝く海が見え、吸い寄せられるようにテラスへ行った。

お部屋はJRS以上のカテゴリーで、全84室に対して、従業員はなんと200名以上!ホスピタリティの充実度も高く、これぞ世界各国の王族やVIPに愛される秘訣でしょうか。私がこのホテルに似合うようになるまで、まだ時間がかかるかもしれません。

ロイヤルパームのスパはCLARINSで、ディナロビンと同じです。系列が同じなので。赤を基調としたモロッコ風のスパ内はエキゾチックです部分改装してたけど、テーマは変わらないそうです。

次は弊社パッケージツアーで最もお手頃価格な『VERANDA』です。ロイヤルパームの向かいに建つホテルで、グランベの内湾にあり、ビーチはそんなに広くないけど、安いし、グランベでショッピングしたりと、女の子2人組や長期滞在にいかがでしょう。グランベには大型スーパーもあります。
ヴェランダのスパは、ヘリテージと同じSEVEN COLORSです。これまた系列が同じなので。


今日はあと5件
P R
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像こあぁぱおっふwww
» 研修というか回想というか・・・ (2009年05月11日)
アイコン画像暇茶
» 最終日はご褒美を (2008年10月30日)
アイコン画像褌一丁
» 研修というか回想というか・・・ (2008年10月19日)
アイコン画像コンプ
» 研修というか回想というか・・・ (2008年10月05日)
アイコン画像新妻Y
» 研修というか回想というか・・・ (2008年09月30日)
アイコン画像みしゃ
» 研修というか回想というか・・・ (2008年09月26日)
アイコン画像まあむ
» 研修というか回想というか・・・ (2008年09月25日)
アイコン画像50t
» 研修というか回想というか・・・ (2008年09月23日)
アイコン画像パイオンキュー
» 研修というか回想というか・・・ (2006年10月19日)
アイコン画像管理人@JNT
» 研修というか回想というか・・・ (2006年10月19日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jnt-mauritius
読者になる
Yapme!一覧
読者になる