サニブラウンが国際陸連の新人賞日本選手で初

November 27 [Fri], 2015, 17:57

サニブラウンが国際陸連の新人賞 日本選手で初11月27日 7時42分
k10010321091_201511270755_20151字斟1270756.mp4
陸上の男子短距離のホープで16歳のサニブラウンア句酌ブデル・ハキーム選手が、日本選手で初めて、国際陸上競技連盟の新人賞に当自作たる、「ライジングスター・アワード」を受賞しました。
国際陸上解人競技連盟は26日、モナコで開いた理事会のあとに、ことしの年間表彰の受賞者を発表し、サ紙醉ニブラウン選手が、新人賞に当たる「ライジングスター・アワード」を受金迷賞しました。
高校2年生のサニブラウン選手は、ことし7月の世界戰戰ユース選手権に出場し、男子100メートルで10秒28、20兢兢0メートルで20秒34をマークして、いずれも大会記録を更新して2冠錚錚に輝いたほか、日本代表として史上最年少で出場した8月の世界選佼佼手権でも、男子200メートルで準決勝進出を果たし一躍脚光を浴びました。
日本選手が、この賞を受賞するのは初めてです。