ずんのやす復活!|カンコンキンシアター26@千秋楽

August 16 [Thu], 2012, 12:52
キンタマーニとは。
バリ島のデンパサールから北へ車で約2時間半ほど移動した先に隆々とそびえたつ標高約1500mの高原の事である。
というわけで。
見て参りました、カンコンキンシアター26クドいブラジル美女巨尻※個人の感想です千秋楽。
股間を両手で隠しただけのラッキー池田が見られるのはこのイベントだけ。
やれ珍古やれ乙拝で七千円と、かつてのスターマインドが詠み謳ったように。
ドラクエ10とほぼ同じ値段を支払って、関根努を座長とする主に浅井企画芸人のお下劣な芸を肴にただただ笑ってくるというだけの舞台。
それなのに。
麻里ちゃんの影響だろうか、女性客が年々増えて行く一方なような気がするのだが。
一人で見に来ている風の若い女性客が、ラッキィの全裸に口を押さえて顔を伏せるのを滑ヤ見てしまったのだが。
大丈夫なのか、新大久保。
さて。
今年のカンコンキンはやはりこの人の話から始めるべきだろう。
2月にフジテレビとんねるずのみなさんのおかげでしたで腰骨を骨折。
一時は歩けなくなる可能性まで報道されたが、本人の並々ならぬ努力もあったろう、順調な回復を見せ。
このショーで復活したずんのやすである。
さすがに、正座や走り回るような事こそ出来なかったが、やや腰をかばう姿勢ながら、二本の脚でちゃんと舞台に現れた彼を温かい拍手が永く包んでいた。
なんでも最近活躍の杉ちゃんとはお釜をはさんで穴兄弟なのだそうで。
この分では、完全復活の日も遠くないだろう笑。
ついでだが。
ずんの片割れ、飯尾和樹が知らないうちにチョイ売れ中だそうでビックリした。
相方の怪我による同情も確かにあるだろうが、元々は北野武も一目置く芸のある男なのだ。
場数の踏む機会が増えた事が良い方に転がっていて、あの灰汁の強い芸が妙にこなれていてさらにビックリ。
笑っていいとも出演中、地味な所為で苦情が来たといういわくつきの地味男に、まさか売れの二文字が枕につく日がこようとは油断できないなあ、21世紀。
まさか飯尾のチョイ売れのせいでもあるまいが。
今年はネタの入れ替えが多く、中でも長年親しまれてきた実録ホストの花道飯尾和樹ずんの経営するホストクラブに銀座のママにふんした天野君キャイーンが遊びに来るがなかったのには正直驚いた。
ある意味マンネリが一つの芸であったカンコンキンにおいて、定番ネタを切るのはかなりの抵抗があったに相違ない。
この勇気ある行動には拍手を送りたい。
代わりに披露された新ネタ中では。
女子会の女の子たちが化粧を落とすと座長やキャイーンの男性陣になるネタは大爆笑。
ただ、このネタは全員化粧を落とした後のトークが肝なのに、全裸のラッキィがいた所為だろう、あっさり終わってしまったのが悔やまれる。
定番ネタの大喜利も、お白州とは違う意味で楽屋裏が滑ヤ見えて中々面白かった。
残念だったのは、関根さんちの麻里ちゃんの出番の少なさである。
最近犬が他界した朝の番組を担当しているせいなのだそうだが、またいつかの松本家のネタのように、黒い親子の会話を思う存分聞かせていただきたい。
ショーの内容の所為で入れ替わりの激しい新人女優枠は、今年オーディションで入った菅野萌子という子が、というか、すらりと高い身長で一歩踏み出すたびにゆんたゆんたゆれる大きめの双房がとっても目立っていた。
実は背の高い女の子嫌いじゃないです。
セーラー戦士で一番好きなのはジュピターです。
ぜひぜひ、来年も変わらずLOVERS 被害出場してほしいなあ。
無理かなあ。
菅野萌子さんのブログそんなこんなで。
通常営業3時間のところ、日曜公演楽日は特別とばかり、余裕をもったアドリブ大炸裂で、グローブ座公演後初の5時間越え、1時間当たり約1400円のお下劣ワールドをみっちり堪能してまいりました。
できれば来年からは、演者さんのお見送り、楽日もしてほしいなあ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jmwjkkek1v
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jmwjkkek1v/index1_0.rdf