金田一ノベルス「邪宗館殺人事件」のおもしろさ

June 01 [Sat], 2013, 18:40
先日古本屋でまだ読んでいない金田一少年の事件簿を発見した。ノベルス版「邪宗館殺人事件」だ。これは楽しみ

に思い早速買って読んでみた。感想は一言で言えば「ハマった」。最高にストーリーに惹かれるすばらしい作品だ

ったのだ。他の漫画で描かれた話よりもずっと面白かったのである。ストーリーは、金田一が小学校くらいの時に

一度親に連れられ、軽井沢に行ったことがあった。そこで出会った友人たち4人と一緒に、宿の近くにあった「幽

霊屋敷」なるところに冒険に行ったのだ。その頃の体験を高校生なった一がとあるきっかけから思い出し、当時の

自分のとんでもない過ちの可能性を疑って再び軽井沢を訪れることになるのだ。そこで仲間たちと再開し、事件は

起こってしまうのであった。そんな話である。他の金田一作品よりもずっと冒険味とリアリティが感じられるのが

本作品で、事件の過程もとっても惹かれるものがあった。使われるトリックもその場の機転を効かせたもので素晴

らしいと感じた。他の金田一作品の綿密に計算された計画殺人と違って、本作の場合は〇〇殺人なので、金田一の

立場からすれば一層発想の転換が必要だったと感じられる。最高にハマった作品だ。

http://www.sanwanxiong.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ジェイス
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jmsm/index1_0.rdf