ワードだけど出(いづる)

December 01 [Thu], 2016, 22:32
不妊の要因としては、排卵障害や着床障害といった女性由来の場合と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性側に原因があることとが考えられます。
しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、男性、女性、両方が早めに検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。


栄養の過剰摂取による副作用は、吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。
ですが、それでかえって過剰に栄養を取ろうとしてしまいます。


そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、適切な摂取を心がけるようにしましょう。
一番理想的なのは、バランスのとれた食事による栄養の摂取なのですが、数か月に渡って毎食毎食バランスの良い食事を準備するのも難しいと思います。

そうした時にサプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついて管理しやすい為、食生活を変える手間なく、しっかりと栄養を摂取量したいという方には良いですよね。

ベビ待ち中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも栄養の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?栄養は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に栄養が不足してしまうと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂取する分の栄養以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に栄養を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

妊娠を望む方や妊娠初期のお母さんにとって、重要な栄養素の一つとされている栄養や、卵巣に影響を与える鉄分は、どちらも不足しがちなものです。
普段の食事で得られる量ではなかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と栄養の両方を含有するものも開発されています。こうしたものを利用することで、適切な摂取が、お手軽に出来ますのでお勧めです。ベビ待ち中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。

ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。


その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。ヨガによって血行が良くなると、自律神経のバランスが良くなりますから、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。

ベビ待ちヨガの動画はネットでも紹介されています。自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、身体のケアと共に、こころの安定を図ってくれますので、ヨガは簡単に実践できて、効果の高いベビ待ちだと言えるでしょう。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:綾音
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる