群馬1区、中曽根元首相の孫を推す動き 自民県連「勝

November 20 [Thu], 2014, 12:40



 衆院解散を21日に控え、自民党の候補者調整は最終段階に入った。群馬県連の中沢丈一副会長らは19日、茂木敏充選対委員長と党本部で会談し、群馬1区選出の佐田玄一郎元行政改革担当相(61)について「勝てる候補を見つけたいので1区支部長である佐田氏の差し替え更迭をお願いしたい」と公認しないよう求めた。



 茂木氏は「世論調査の結果は良い。意見は承った」と述べるにとどめた。県連内には中曽根康弘元首相の孫、康隆氏(32)を推す動きがある,ルイヴィトンベルトスーパーコピー。康隆氏は父、中曽根弘文元外相の秘書を務めている,ルイヴィトンベルトスーパーコピー



 また、自民党は選挙区の「0増5減」で定数が3から2に減る福井県に関し、1区の稲田朋美政調会長(55)を新1区、3区の高木毅元国土交通副大臣(58)を新2区の候補者にすると発表,ルイヴィトンベルトスーパーコピー。2区の山本拓元農水副大臣(62)は比例代表に回る。



 比例代表九州ブロック選出の宮路和明衆院議員(73)は、次期衆院選に出馬せず政界を引退する意向を固めた。