鈴木悠介の会社で必要

August 04 [Sun], 2013, 10:12
「自分自身が今に至るまで養ってきた特異な能力や特性をばねにしてこの仕事を望んでいる」という風に自分と繋ぎ合わせて、やっと担当者にも信じさせる力をもって響くのです。
【就職活動のポイント】転職という、よく言う伝家の宝刀をこれまで何度も繰り返し抜いてきた過去を持つ人は、自然に転職した回数がたまっていく。これに伴って一つの会社の勤務年数が非常に短い事実が目立つようになります。
当然かもしれないが人事担当者は真の才能について試験などで読み取って、「鈴木悠介の会社で必要で、役に立ちそうな人物かどうか」を真面目に選び抜こうとするのだ。そう考える。
【用語】転職活動が新規学卒者の就職活動と全然違うのは「職務経歴書(過去に経験した職務・職業上の地位、および当該職務の具体的内容を記入した書類)」が必要かどうかということ。これまでの勤務先等での職場でのポジションや職務内容を応募先の担当者に分かりやすく、要点を確実に押さえながら作成する必要があるのです。
「氷河時代」と一番最初に名付けられた際の年代の若者は、マスコミが報道する内容や一般のムードに押されるままに「仕事に就けるだけ稀有なことだ」などと就職先を慌てて決めてしまった。
【就活Q&A】面接試験のときは、採用希望者はどんな考え方の人なのか本質を確かめているわけですから、準備した文章を上手に読むことが評価されるのではなく、心をこめて自分のことを売り込むことがポイントです。
【応募する人のために】面接選考では不採用になったとしても内容のどこが今回の面接において足りなかったのかについて応募者にわざわざ教えてくれるやさしい会社はまずない。だから自分自身で直すべき点をチェックするという作業は非常に難しいことです。
【就職活動のために】選考試験に応募者だけのグループディスカッションを実施している企業が多くなってきている。人事担当者は面接だけでは見られない特性などを確認するのが目的なのである。
その企業が本当にそのうちに正社員に登用できる制度がある企業なのか違うのかしっかりと見定めたうえで、登用の可能性をなおも感じるならまずはアルバイトやパート、または派遣などから働きつつ、正社員を目指してみてはどうだろう。
【応募する人のために】大事なのは何か?あなたが会社を迷った場合あくまでもあなたの希望に忠実になって選択することであり、何があっても「自分のほうを応募先に合わせよう」なんてことを思ってはダメだ。
【就職活動の知識】成長中の業界には、絶好のビジネスチャンスに出会うことがある。そのため新規事業参入の機会もあれば、子会社や関連会社を新しく作ったり大事な事業やチームなどの責任者にさせてもらえる可能性が高くなるのである。
今の仕事の同業の人で「父親の口添えのおかげでSEを退職してこの業界に転職した」という異色の経歴を持つ男がおりまして、人に言わせるとSEの業界のほうが絶対に百倍は楽ですとのこと。
【就活のための基礎】転職活動と就活が根本的に違うのは「職務経歴書(経験した職務・職業上の地位、および当該職務の具体的内容を記入した書類)」についてなのだ。現在までの職務経歴をできるだけ理解しやすく、ポイントをはずさずに完成させる必要があります。
社会人とはいえ、失礼のない正しい敬語などを使うことができているかというとそうではありません。逆に、社会人として普通にただの恥と言われるだけなのが、面接の際に間違えると決定的に働いてしまうことが多いのです。
度々面接の助言として「心から自分の言葉で話すように。」との言葉を見かけることがあります。だが、自らの言葉で話をするという言葉の含意が分かってもらえないのです。

【応募の前に】電話応対であっても大切な面接試験であると意識して取り組みましょう。しかし反対に見れば、その際の電話の対応や電話内容のマナーが相手に認められれば同時に評価が高くなるわけです。
現実に、自分のことを成長させてキャリアを積みたい。今よりもキャリア・アップできる場所で就職したい。そんな憧れをよく聞きます。必要なスキルが身についていないことを発見して、転職しなければと思い始める人が非常に多い。
【応募の前に】人材紹介会社(職業紹介会社)というのは本来は転職・再就職を希望の人が使うところであるから、企業での実務上の経験が最低でも2〜3年くらいはなければ相手にもしてくれません。
希望する仕事や理想的な自分を目標にしての転身もあれば、勤務している所のせいや住んでいる場所などの外から来る要因によって、仕事を辞めなければならないケースもあるでしょう。
長い期間就職活動や情報収集を途切れさせることには弱みが存在する。それは今なら応募可能な会社も応募期間が終了することだってあるということです。
仕事の何かについて話す際に、抽象的に「どういった風に感じたのか」という事のみではなく、其の上で具体的な話を加えてしゃべるようにしてはどうでしょうか。
【ポイント】絶対にこんなふうに仕事がやりたいという具体的なものもないし、あれも良さそう、いや、これも良さそうとパニックになって、挙句の果てに自分が自分が何をしたいのか面接できちんと説明できないのだ。
いまの時期に意欲的に就職活動や転職するために活動している、20〜30代の年代の親だったら、地道な公務員や評判の高い大手企業に就職できるならば、最善の結果だと思っています。
無関心になったという立場ではなく、苦労の末自分を受け入れてその上内定まで勝ち取ったその企業に対しては心ある対応姿勢を努力しましょう。
なかには大学を卒業したら新卒からいきなり外資系の企業への就職を目指す方もいないわけではないが、やはり実際に最も普通なのはまずは外資以外で勤務してから30歳くらいになってから外資に転身という事例が多発しています。
仕事探しの初めは「仕事探しをがんばるぞ!」と張り切っていたにもかかわらず、何度も採用されないことばかりで、いまじゃすっかり面接会などに行くことすら恐怖でできなくなっている自分がいます。
【対策】面接選考では不採用になったとしても終了後にどこが評価されなかったのかをフィードバックさせてくれるような親切な企業はありえない。だから自分自身で改善するべき点を見定めるのは非常に難しい。
企業選定の観点としては2つあり、片方は該当する会社のどんな点に関心を持ったのか、2つには、自分が仕事をする上で、どういった充実感をつかみたいと覚えたのかという点です。
どん詰まりを知っている人間は仕事していても強力である。そのスタミナはみんなの優位性です。将来的に仕事していく上で必ずや貴重な役目を果たすでしょう。
「入りたいと願っている会社に向かって、あなた自身という人間をどうしたら有望で光り輝くように表現できるか」という能力を努力しろ、ということが近道なのである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jkl909
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jkl909/index1_0.rdf