自分の理想の相手

July 17 [Wed], 2013, 19:55
かなちゃんは、そもそも身持ちが固かった。
あと、相手の外見に関するハードルも高かった。
イケメンの所謂モテそうな外見の男性を好んだ。
もう少し警戒心を解かないと、オトコもかなちゃんを口説けないだろうと、私が見ても思っていた。
私はというと、言い寄ってくる人と何となく付き合い始めてみたものの、その男にコロッとダマされてお金を取られる始末だった。。。二人が慰めてくれたけど、お金と時間は戻ってはこなかった。
そんな私達にも、ようやく「春が来た」ということだよね。
最初は、私に彼氏ができた。
それは婚活とは無関係な場面で知り合った10歳年下の大学生だった。
2浪して大学に入学した彼は、同級生の中では一番年を取っていたみたいで、それなりに苦労人だったけど、社会人経験の無さに私は救われた。
友人と一緒に参加したイベントならば、事前に打ち合わせをしておき、そういう流れを作っておくのもありだが、できたらそのイベントを牛耳っているぐらいの人にやってもらえたら効果は抜群なのである。
その2、自分の理想の相手を紙に書き出す。
自分自身の感性を磨いておく。
最初から「いい人がいたらいいな〜」なんて、曖昧なアンテナしか持たず、出掛けていたのでは、決していい人は見つからない。沖縄婚活に関して詳しい人募集!笑
ピントのズレたレンズで撮影する、あるいは周波数の合っていないラジオを聞くようなものである。
つまりは「的が定まっていない状態」で、どれだけ動いても効率が悪い。
では、どうしたらいいか?ズバリ「紙に書き出す、リスト化する、無意識から顕在意識にいいなと思うことを引っ張りだし、ハッキリさせておく」という作業をすることだと思う。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jkkjf3jgaksh
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jkkjf3jgaksh/index1_0.rdf